ドコモでんきとシン・エナジーの比較

ドコモでんきとシン・エナジーの比較


 ドコモでんきとシン・エナジー、どちらの方が電気代が安いのか。またサービス内容にはどのような違いがあるのか、電力自由化の専門家として多数のメディア取材を受けてきた私が分かりやすく解説します。



ドコモでんきとシン・エナジーの比較


  ドコモでんきとシン・エナジー、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 各地域の大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。なお、以下で紹介するドコモでんきの料金シミュレーションは「ドコモ回線契約者かつ、非dカードGOLD会員」の場合です。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ドコモでんき
Basic
-2.7%
-1361円
-2.7%
-3008円
-2.7%
-3529円
-2.7%
-4078円
ドコモでんき
Green
+7.5%
+3730円
+0.9%
+985円
+0.1%
+117円
-0.5%
-797円
シン・エナジー
きほんプラン
20A契約不可 -4.6%
-5077円
-5.0%
-6487円
-5.4%
-8004円
シン・エナジー
シンぷるプラン
20A契約不可 -1.5%
-1593円
-5.5%
-7159円
-8.6%
-12836円

 契約容量が20A以下の場合はドコモでんき(シン・エナジーは30A以上でないと契約できない)で、それ以外の場合はシン・エナジーを選んだ方が安いと言えます。


 契約容量が30Aの場合はシン・エナジーの「きほんプラン」、40A以上の場合は「シンプルプラン」が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ドコモでんき
Basic
-2.7%
-1402円
-2.7%
-3104円
-2.7%
-3629円
-2.7%
-4183円
ドコモでんき
Green
+7.1%
+3662円
+0.7%
+825円
0%
-48円
-0.6%
-972円
シン・エナジー
きほんプラン
20A契約不可 -7.0%
-7895円
-7.4%
-9816円
-7.7%
-11845円
シン・エナジー
シンぷるプラン
20A契約不可 -4.5%
-5108円
-8.1%
-10811円
-10.9%
-16673円

 契約容量が20A以下の場合はドコモでんき(シン・エナジーは30A以上でないと契約できない)で、それ以外の場合はシン・エナジーを選んだ方が安いと言えます。


 契約容量が30Aの場合はシン・エナジーの「きほんプラン」、40A以上の場合は「シンプルプラン」が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ドコモでんき
Basic
-2.7%
-1432円
-2.7%
-3060円
-2.7%
-3554円
-2.7%
-4077円
ドコモでんき
Green
+6.9%
+3612円
+0.8%
+899円
+0.1%
+75円
-0.5%
-795円
シン・エナジー
きほんプラン
20A契約不可 -4.2%
-4681円
-4.6%
-6034円
-5.0%
-7516円
シン・エナジー
シンぷるプラン
20A契約不可 -3.1%
-3468円
-6.2%
-8082円
-8.6%
-12779円

 契約容量が20A以下の場合はドコモでんき(シン・エナジーは30A以上でないと契約できない)で、それ以外の場合はシン・エナジーを選んだ方が安いと言えます。


 契約容量が30Aの場合はシン・エナジーの「きほんプラン」、40A以上の場合は「シンプルプラン」が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ドコモでんき
Basic
-2.7%
-1215円
-2.7%
-2589円
-2.7%
-2998円
-2.7%
-3431円
ドコモでんき
Green
+8.9%
+3973円
+1.8%
+1684円
+0.9%
+1002円
+0.2%
+281円
シン・エナジー
きほんプラン
20A契約不可 -4.9%
-4608円
-4.7%
-5130円
-4.5%
-5680円
シン・エナジー
シンぷるプラン
20A契約不可 -4.3%
-4087円
-7.1%
-7791円
-9.2%
-11550円

 契約容量が20A以下の場合はドコモでんき(シン・エナジーは30A以上でないと契約できない)で、それ以外の場合はシン・エナジーを選んだ方が安いと言えます。


 契約容量が30Aの場合はシン・エナジーの「きほんプラン」、40A以上の場合は「シンプルプラン」が安いです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
ドコモでんき
Basic
-2.7%
-1231円
-2.7%
-2777円
-2.7%
-3182円
-2.7%
-3614円
ドコモでんき
Green
+8.8%
+3947円
+1.4%
+1370円
+0.6%
+696円
0%
-24円
シン・エナジー
きほんプラン
-6.8%
-3071円
-7.0%
-7068円
-6.8%
-7861円
-6.6%
-8709円
シン・エナジー
シンぷるプラン
-1.1%
-504円
-9.6%
-9748円
-11.3%
-13108円
-12.6%
-16702円

 1〜2人世帯ではシン・エナジーの「きほんプラン」、3人以上の世帯では同じくシン・エナジーの「シンぷるプラン」が安いです。いずれも他の新電力と比較しても関西の新電力の中でも最安水準といえる料金プランです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
ドコモでんき
Basic
-2.7%
-1274円
-2.7%
-2907円
-2.7%
-3323円
-2.7%
-3769円
ドコモでんき
Green
+8.3%
+3876円
+1.1%
+1154円
+0.4%
+460円
-0.2%
-282円
シン・エナジー
きほんプラン
-8.1%
-3762円
-8.4%
-8984円
-8.2%
-10016円
-8.1%
-11119円
シン・エナジー
シンぷるプラン
+4.3%
+1994円
-5.8%
-6193円
-7.4%
-8970円
-8.7%
-11941円

1〜2人世帯ではシン・エナジーの「きほんプラン」、3人以上の世帯では同じくシン・エナジーの「シンぷるプラン」が安いです。いずれも他の新電力と比較しても中国エリアの新電力の中でも最安水準といえる料金プランです。
お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
ドコモでんき
Basic
-2.7%
-1304円
-2.7%
-2933円
-2.7%
-3362円
-2.7%
-3822円
ドコモでんき
Green
+8.0%
+3826円
+1.0%
+1111円
+0.3%
+395円
-0.3%
-370円
シン・エナジー
きほんプラン
-5.3%
-2527円
-4.8%
-5155円
-5.4%
-6615円
-5.8%
-8177円
シン・エナジー
シンぷるプラン
+1.9%
+889円
-6.6%
-7137円
-8.4%
-10399円
-9.9%
-13889円

 1〜2人世帯ではシン・エナジーの「きほんプラン」、3人以上の世帯では同じくシン・エナジーの「シンぷるプラン」が安いです。いずれも他の新電力と比較しても四国の新電力の中でも最安水準といえる料金プランです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ドコモでんき
Basic
-2.7%
-1258円
-2.7%
-2747円
-2.7%
-3212円
-2.7%
-3702円
ドコモでんき
Green
+8.5%
+3902円
+1.4%
+1420円
+0.6%
+646円
-0.1%
-170円
シン・エナジー
きほんプラン
20A契約不可 -6.6%
-6649円
-7.1%
-8403円
-7.7%
-10399円
シン・エナジー
シンぷるプラン
20A契約不可 -4.5%
-4500円
-8.1%
-9548円
-10.8%
-14700円

 契約容量が20A以下の場合はドコモでんき(シン・エナジーは30A以上でないと契約できない)で、それ以外の場合はシン・エナジーを選んだ方が安いと言えます。


 契約容量が30Aの場合はシン・エナジーの「きほんプラン」、40A以上の場合は「シンプルプラン」が安いです。


ドコモでんき公式サイト シンエナジー公式サイト


 なお、2社とも燃料費調整に上限が無いため、燃料価格の推移によっては大手電力の従量電灯よりも電気代が高くなる場合があります。上記の試算には燃料費調整の上限を含めていません。


サービスの違い


ドコモでんき シン・エナジー
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
付帯サービス 無し 無し
支払い方法 回線契約者は通信料と同じ支払い方法
回線契約無い場合はカード払い
口座振替、クレジットカード

 2社とも特に目立った付帯サービスはありません。


 シン・エナジーは契約すると、ウェブのマイページで毎月参加できる「福引」を実施しており、当たりが出ると電気代が安くなります。


ドコモでんき公式サイト シンエナジー公式サイト


環境・エコは?


CO2排出量 ドコモでんき シン・エナジー
2020年度 データ無し 473g
2019年度 データ無し 518g
2018年度 データ無し 592g
2017年度 データ無し 400g
2016年度 データ無し 605g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 ドコモでんきの電気の供給元であるNTTアノードエナジーは設立から日が浅いため、CO2排出量のデータがありません。また、電源構成なども公表していません。「ドコモでんきGreen」についてはCO2排出量が実質ゼロの電力が供給されます。


 シン・エナジーのCO2排出量は年度によって大きく増減しますが、平均すると新電力としては「平均的」といえます。


ドコモでんき公式サイト シンエナジー公式サイト


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


ドコモでんき


 電気料金自体は大手電力の標準メニューと同額(ドコモでんきbasicの場合)で、dポイントによる還元で実質的な値引きが行われる料金体系です(上の試算はドコモ回線契約者かつ、非dカードGOLD会員)


 シン・エナジーが受け付けていない「契約容量20A以下」の場合にのみおすすめ。30A以上、あるいはアンペア制でない関西・中国・四国ではシン・エナジーの方が安いです。


ドコモでんき公式サイト


シン・エナジー


 オリックスや三井物産、神戸の地銀である「みなと銀行」などから出資を受けている中堅の新電力です。


マイページの「ぴったりプラン診断」機能

マイページの「ぴったりプラン診断」機能

 ドコモでんきと比較すると電気代が安いと言えます。


 「きほんプラン」は電気の使用量が少ない1〜2人世帯で、「シンぷるプラン」は使用量が多い世帯で安くなる料金プランです。どちらを選ぶか迷った時は「きほんプラン」を契約して、後からプラン変更するのもおすすめです。契約後、マイページで最適なプランを教えてくれる「ぴったりプラン診断」というレポートを提供しています。


シンエナジー公式サイト

ahamoに切り替えると年間最大52140円お得に


 ドコモのスマホプラン「ギガホプレミア」から割安な新プラン「ahamo」に切り替えると、スマホ代が年間で1回線最大52140円安くなります。電気の切替えをするよりも、遥かに大きな節約メリットが期待できます。


データ容量 ギガホ Ahamo
月1GB以下 3150円 2178円
月3GB以下 5665円
月3GB以上 7315円

 ギガホプレミアからahamoへのプラン変更で年間52140円、ギガライトからahamoへの切替えで年間11664円安くなります(各種割引適用前の価格)


 ahamoはドコモの割安な新プランです。ドコモショップ店頭でのサポートが受けられない、留守番電話サービスが無いといったデメリットがありますがその分、料金が大幅に安いです。詳しくは以下の記事でメリット・デメリットを解説しています。


ahamo公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A