ENEOSでんきとauでんきの比較

広告

ENEOSでんきとauでんきの比較


 ともに新電力会社の中でシェア上位のENEOSでんきとauでんき。どちらの方が優れているのか、電気料金やサービス、環境負荷の面から詳しく比較します。



料金比較(世帯人数別料金シミュレーション)


 まずは料金プランを、世帯人数ごとの「平均使用量」で地域別に比較します。大手電力の標準メニューとの料金比較です。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
auでんき -376円 -1566円 -1810円 -2067円
ENEOSでんき
北海道Bプラン
-1584円 -6356円 -7954円 -9622円
ミツウロコでんき
従量電灯B公式サイト
-270円 -6976円 -8844円 -10842円
出光でんき
Sプラン公式サイト
-744円 -5179円 -6949円 -8842円
エネワンでんき
エネワンLL公式サイト
+3927円 -1127円 -3149円 -5302円
エネワンでんき
エネワンL公式サイト
+97円 -3105円 -3956円 -4856円
auでんき公式サイト -376円 -1566円 -1810円 -2067円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B公式サイト
-1320円 -1320円 -1320円 -1320円
エネワンでんき
エネワンスタンダード公式サイト
-288円 -432円 -576円 -720円

お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
auでんき -355円 -1397円 -1622円 -1860円
ENEOSでんき
東北Bプラン
-1006円 -3597円 -4678円 -5834円
ミツウロコでんき
従量電灯B公式サイト
+1657円 -3062円 -4342円 -5711円
出光でんき
Sプラン公式サイト
-408円 -2851円 -4089円 -5414円
ミツウロコでんき
シングル応援公式サイト
-228円 -1719円 -2524円 -3385円

 世帯人数ごとの「平均使用量」で試算した、東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)と比較した年間でお得になる金額の目安です(2024年2月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元原則含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
auでんき -309円 -1302円 -1510円 -1731円
ENEOSでんき
Vプラン
-1286円 -6170円 -8136円 -10238円
CDエナジー
ベーシックでんきB
公式サイト
-1900円 -6908円 -9512円 -12279円
ミツウロコでんき
従量電灯B公式サイト
+1076円 -6732円 -9157円 -11751円
出光でんき
Sプラン公式サイト
-984円 -5495円 -7244円 -9115円
東京ガス
ガスセット契約公式サイト
-1214円 -5322円 -7092円 -8986円
東京ガス
電気のみ公式サイト
-858円 -4563円 -6219円 -7991円
レモンガスでんき
ガスとセット公式サイト
+14832円 -1982円 -3736円 -5613円
エルピオでんき
ここまで定額S公式サイト
20A契約不可 +2858円 -3575円 -5372円
東京電力
プレミアムS
+101178円 +20629円 -382円 -5313円
CDエナジー
シングルでんき
公式サイト
20A契約不可 -2763円 -3008円 -3268円
エルピオでんき
使った分だけSプラン公式サイト
20A契約不可 +6124円 +1657円 -2873円
Pontaでんき公式サイト -1800円 -1800円 -1800円 -1800円
auでんき公式サイト -309円 -1302円 -1510円 -1731円

お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
auでんき -304円 -1243円 -1436円 -1640円
ENEOSでんき
中部Bプラン
-1023円 -3634円 -4752円 -5947円
ミツウロコでんき
従量電灯B公式サイト
+1700円 -3013円 -4288円 -5651円
出光でんき
Sプラン公式サイト
-348円 -2502円 -3622円 -4820円
東邦ガス
シンプルプラン
-538円 -2218円 -3892円 -4449円
TOKAIでんき
でんきS/セット公式サイト
-44円 -2660円 -3145円 -3664円
ミツウロコでんき
シングル応援公式サイト
-216円 -1664円 -2459円 -3309円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B公式サイト
-1792円 -2365円 -2515円 -2675円
中部電力
ポイント/おとくプラン
-266円 -568円 -2496円 -2593円
Pontaでんき公式サイト -1800円 -1800円 -1800円 -1800円
auでんき公式サイト -304円 -1243円 -1436円 -1640円
TOKAIでんき
でんきS/電気のみ公式サイト
+2355円 -260円 -745円 -1264円

お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
auでんき -339円 -1329円 -1527円 -1737円
ENEOSでんき
北陸Bプラン
-920円 -3044円 -3942円 -4901円
出光でんき
Sプラン公式サイト
-498円 -2979円 -4042円 -5179円
ミツウロコでんき
従量電灯B公式サイト
+652円 -2661円 -3729円 -4871円
ミツウロコでんき
シングル応援公式サイト
-204円 -1483円 -2154円 -2871円
Pontaでんき公式サイト -1800円 -1800円 -1800円 -1800円
auでんき公式サイト -339円 -1329円 -1527円 -1737円

お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
auでんき 調整中 調整中 調整中 調整中
ENEOSでんき
関西Aプラン
調整中 調整中 調整中 調整中
奈良電力
ならでん電灯A
+249円 -7143円 -9367円 -11747円
コスモでんき
スタンダード
0円 -2640円 -5160円 -6120円
燃料費調整の関係で、多くの新電力が関電従量電灯Aより割高です

お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
auでんき -353円 -1402円 -1592円 -1796円
ENEOSでんき
中国Aプラン
-1011円 -3605円 -4652円 -5772円
ミツウロコでんき
従量電灯A公式サイト
-210円 -6584円 -8297円 -10129円
出光でんき
Sプラン公式サイト
-1884円 -4531円 -5589円 -6720円
ミツウロコでんき
シングル応援公式サイト
-1305円 -2836円 -3677円 -4577円
Pontaでんき公式サイト -1800円 -1800円 -1800円 -1800円
auでんき公式サイト -353円 -1402円 -1592円 -1796円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯A公式サイト
-1320円 -1320円 -1320円 -1320円

お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
auでんき -311円 -1306円 -1488円 -1682円
ENEOSでんき
四国Aプラン
-753円 -3414円 -4633円 -5938円
出光でんき
Sプラン公式サイト
-648円 -3830円 -5172円 -6607円
ミツウロコでんき
従量電灯A公式サイト
+2353円 -2017円 -3766円 -5638円
ミツウロコでんき
シングル応援公式サイト
-120円 -1128円 -1753円 -2421円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯A公式サイト
-1320円 -1320円 -1320円 -1320円

お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
auでんき 調整中 調整中 調整中 調整中
ENEOSでんき
九州Bプラン
調整中 調整中 調整中 調整中
燃料費調整が高騰しており、
九州では新電力の利用を推奨しません

 基本的にどの地域、どの条件でも一般家庭(ふつうに人が暮らしている住宅)ではauでんきよりもENEOSでんきの方が安いです。以前は条件によってはauでんきの方が安い条件もありましたが、現在は基本的にENEOSでんきの方が安いです。


 なお、auでんき・ENEOSでんきともに燃料費調整額に上限が無い関係で、2024年1・2月現在は関西・九州の2エリアでは大手電力会社の標準メニューよりも割高になっています。注意してください。


auでんき公式サイト

ENEOSでんきがauでんきより優れている点


 auでんきよりENEOSでんきの方が良いと言える点を整理します。


auでんきより電気代が安い


ENEOS


 地域や条件によって若干前後しますが、基本的にauでんきよりもENEOSでんきの方が電気代(ポイント還元含む)が安いです。


 2年契約でない通常の契約でもENEOSでんきの方が安いです。


 また、auでんきは電気代自体は大手電力の標準メニューと同額で、毎月の料金に応じてPontaポイントが還元される形で値引きが行われます。ポイントなんか面倒だよ、という人には電気代が安いENEOSでんきがおすすめです。


駆けつけサービスが無料付帯


 ENEOSでんきには「駆けつけサービス」が無料で付いています。


 電気が点かないなどのトラブルが発生した際に、30分以内の作業料金・出張料金が無料で対応してくれるサービスです。また、年3回まで電球交換もしてくれます(電球代は実費)


 2023年秋でこのサービスは無くなりました。


auでんき公式サイト

auでんきがENEOSでんきより優れている点


 ENEOSでんきよりauでんきの方が良いと言える点を整理します。


節約が目に見えて面白い


auショップ


 auでんきの電気代自体は大手電力の標準メニューと同額で、毎月の電気代の額に応じてPontaポイントが還元される形で値引きが行われます。


 大手電力と比較して「安くなった」額が、毎月付与されるポイントという形で目に見える点は面白いと思います。


スマホアプリが提供されている


 auでんきは2016年のサービス開始当初から、スマホアプリを提供しています。毎月の請求額を確認できるほか、自宅の電気使用量をグラフで確認できる機能があります。電気の使い方を見直すことで、節電に役立てることが出来ます。


ENEOSでんきの「見える化」グラフ

ENEOSでんきの「見える化」グラフ

 ENEOSでんきはウェブでPC・スマホから同様に電気使用量や料金を確認することが出来ますが、スマホアプリは提供していません。


auでんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社