ENEOSでんきとauでんきの比較

ENEOSでんきとauでんきの比較


 ともに新電力会社の中でシェア上位のENEOSでんきとauでんき。どちらの方が優れているのか、電気料金やサービス、環境負荷の面から詳しく比較します。



ENEOSでんきとauでんきの比較


  ENEOSでんきとauでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 まずは料金プランを、世帯人数ごとの「平均使用量」で地域別に比較します。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
auでんき -1.0%
-487円
-4.6%
-5061円
-4.6%
-5933円
-4.6%
-6853円
ENEOSでんき
2年契約
-3.0%
-1479円
-4.3%
-4777円
-4.7%
-6028円
-4.9%
-7364円
ENEOSでんき
東北Bプラン
-2.2%
-1073円
-3.6%
-3946円
-4.0%
-5094円
-4.2%
-6321円

 2人暮らし世帯のみ、auでんきの方が安いです。それ以外の条件ではENEOSでんきの方が安くなります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
auでんき -0.9%
-485円
-4.6%
-5204円
-4.6%
-6082円
-4.6%
-7010円
ENEOSでんき
2年契約
-3.6%
-1824円
-7.1%
-8065円
-7.9%
-10497円
-8.6%
-13098円
ENEOSでんき
Vプラン
-2.8%
-1412円
-6.4%
-7237円
-7.2%
-9566円
-7.9%
-12057円

 いずれもENEOSでんきの方が、auでんきよりも安いです。
 特に使用量が多い世帯では、その差が大きくなります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
auでんき -1.0%
-431円
-2.8%
-2649円
-4.6%
-5059円
-4.6%
-5785円
ENEOSでんき
2年契約
-2.8%
-1450円
-4.0%
-4522円
-4.4%
-5742円
-4.7%
-7046円
ENEOSでんき
中部Bプラン
-2.0%
-1038円
-3.3%
-3677円
-3.7%
-4795円
-4.0%
-5989円

 いずれもENEOSでんきの方が、auでんきよりも安いです。
 特に使用量が多い世帯では、その差が大きくなります。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
auでんき -1.0%
-430円
-4.6%
-4690円
-4.6%
-5382円
-4.6%
-6122円
ENEOSでんき
2年契約
-5.2%
-2363円
-7.1%
-7305円
-7.5%
-8761円
-7.7%
-10320円
ENEOSでんき
関西Aプラン
-4.4%
-1988円
-6.4%
-6510円
-6.7%
-7864円
-7.0%
-9313円

 いずれもENEOSでんきの方が、auでんきよりも安いです。
 特に使用量が多い世帯では、その差が大きくなります。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
auでんき -1.0%
-452円
-4.6%
-4920円
-4.6%
-5640円
-4.6%
-6411円
ENEOSでんき
2年契約
-2.7%
-1270円
-4.8%
-5139円
-5.4%
-6650円
-5.9%
-8266円
ENEOSでんき
四国Aプラン
-1.9%
-890円
-4.0%
-4334円
-4.7%
-5742円
-5.2%
-7249円

 いずれもENEOSでんきの方が安いです。特に一人暮らし世帯に関しては、四国電力エリアの新電力の中でも上位のお得な料金プランといえます。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
auでんき -1.0%
-443円
-4.6%
-4625円
-4.6%
-5408円
-4.6%
-6235円
ENEOSでんき
2年契約
-3.0%
-1377円
-4.5%
-4530円
-4.9%
-5791円
-5.3%
-7139円
ENEOSでんき
九州Bプラン
-2.1%
-972円
-3.7%
-3699円
-4.1%
-4857円
-4.5%
-6095円

 全体の傾向としてはENEOSでんきの方がauでんきよりも安いです。特に一人暮らし世帯については、auでんきだけでなく九州エリアの全新電力の中でも最安値水準と言えます。


ENEOSでんきの公式サイト

サービスの違い


 つづいて、両者のサービスの違いを比較します。


ENEOSでんき auでんき
解約時の違約金 2年契約は解約月以外の解約で1000円
非2年契約は違約金無し
1年内の解約で2000円
初期費用 無し 無し
支払方法 口座振替・クレジットカード 口座振替・クレジットカード
駆けつけサービス あり 無し

 ENEOSでんきの「駆けつけサービス」は、電気が点かないなどのトラブルが発生した際に、30分以内の作業料金・出張料金が無料で対応してくれるサービスです。また、年3回まで電球交換もしてくれます(電球代は実費)


 サービス面でもENEOSでんきの方が優れていると言えます。


 なお、両社とも自宅の電力使用状況をネットで確認できる「見える化」も提供しています。電気の使い方を見直したり、不在時の確認などにも役立ちます。


ENEOSでんきの「見える化」グラフ

ENEOSでんきの「見える化」グラフ

ENEOSでんきの公式サイト

環境・エコは?


CO2排出量 ENEOSでんき auでんき
2018年度 494g 574g
2017年度 509g 577g
2016年度 459g 667g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 傾向としては、ENEOSでんきの方がCO2排出量が少なく、環境負荷が小さいと言えます。auでんき(KDDI)の成績は新電力の中でも排出量が多いと言える水準です。


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


ENEOSでんき


ENEOS


 auでんきとの比較では、料金・サービス・環境負荷3つの面で上回っていると評価できます。試算には含めていませんが、別途ガソリンや軽油の割引特典もあります。


ENEOSでんきの公式サイト

auでんき


auショップ


 ENEOSでんきとの比較では、分が悪いです。
 電気料金自体は大手電力会社の「従量電灯」と同額で、毎月の税抜の電気代に対して1〜5%がPontaポイントで還元される形で値引きがされます。


auでんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A