ENEOSでんきと京葉ガスの比較

広告

ENEOSでんきと京葉ガスの比較


 ENEOSでんきと京葉ガスはどちらがお得なのか。世帯人数別の電気料金・ガス料金の比較シミュレーションの結果をもとに、選ぶべき選択肢を明らかにします。



ENEOSでんきと京葉ガスの料金比較


  ENEOSでんきと京葉ガスの料金を、世帯人数別の平均使用量で比較した結果をまとめます。どちらが「安い」のか一目瞭然です。


電気料金の比較


 世帯人数ごとの「平均使用量」で試算した、東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)と比較した年間でお得になる金額の目安です(2024年6月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元原則含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ENEOSでんき
Vプラン
-1286円 -6170円 -8136円 -10238円
京葉ガス
従量電灯プラン
20A契約不可 -1169円 -2216円 -3337円
CDエナジー
ベーシックでんきB
公式サイト
-1888円 -6667円 -9366円 -12221円
ミツウロコでんき
従量電灯B公式サイト
+1076円 -6732円 -9157円 -11751円
出光でんき
Sプラン公式サイト
-984円 -5495円 -7244円 -9115円
東京ガス
ガスセット契約公式サイト
-1203円 -5081円 -6947円 -8927円
東京ガス
電気のみ公式サイト
-846円 -4322円 -6073円 -7933円
レモンガスでんき
ガスとセット公式サイト
+14832円 -1982円 -3736円 -5613円
エルピオでんき
ここまで定額S公式サイト
20A契約不可 +2858円 -3575円 -5372円
東京電力
プレミアムS
+101178円 +20629円 -382円 -5313円
CDエナジー
シングルでんき
公式サイト
20A契約不可 -2522円 -2862円 -3210円
エルピオでんき
使った分だけSプラン公式サイト
20A契約不可 +6124円 +1657円 -2873円
Pontaでんき公式サイト -1800円 -1800円 -1800円 -1800円
auでんき公式サイト -309円 -1302円 -1510円 -1731円

 いずれの条件においても、ENEOSでんきの方が安いです。


 京葉ガスの電気は30A以上でないと契約できませんが、30A契約・一人暮らしの平均使用量(月170kWh)で試算した場合もENEOSでんきの方が安いです。


ガス料金の比較


 京葉ガスの「一般料金」で契約中の世帯での乗り換えシミュレーションです。
 総務省統計から推計した世帯人数ごとの「平均使用量」で試算しました。


お得率と年間節約額 1人
月17m3
2人
月31m3
3人
月39m3
4人
月40m3
ENEOS都市ガス -9.2%
-4091円
-7.9%
-5589円
-7.9%
-6744円
-7.9%
-6889円
エルピオ都市ガス
スタンダード
-6.2%
-2772円
-8.0%
-5635円
-8.1%
-6904円
-8.1%
-7063円

 京葉ガスよりもENEOS都市ガスの方が安く、更に2人以上の世帯ではエルピオ都市ガスが安いです。


サービスの違いを比較


 2社のサービスを比較します。


付帯サービス・解約条件など


ENEOSでんき 京葉ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 通常プランは無し
2年契約は途中解約で1100円
無し
付帯サービス 駆けつけサービス
廃止
駆けつけサービス
支払い方法 口座振替、クレジットカード 口座振替、クレジットカード

 京葉ガスは電気の付帯サービスとして「駆けつけサービス」を提供しています。電気がつかない、ブレーカーが落ちると行った電気のトラブルに無料で応急対応を行うものです(部品代などは実費で発生する場合がある)


 ENEOSでんきも駆けつけサービスを提供していましたが、2023年秋に廃止しており現在は無料付帯していません。


環境・エコは?


 供給する電力の「CO2排出量」を比較します。


CO2排出量 ENEOSでんき 京葉ガス
2020年度 472g 478g
2019年度 494g 516g
2018年度 494g 546g
2017年度 509g 538g
2016年度 459g 566g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 京葉ガスよりENEOSでんきの方がCO2排出量が少なく、エコと言えますがこの2社のCO2排出量には大きな差は無いと言えます。


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


ENEOSでんき


ENEOSでんき


 電気のみで契約できます。電気料金が京葉ガスのいずれのプランと比べても、一般家庭では「割安」です。


 ガスの販売も行っていますが、2人以上世帯ではエルピオ都市ガスの方が安いのでこちらをおすすめします。ガスもENEOS都市ガスは京葉ガスよりも安いです。


京葉ガス


 ENEOSでんきとの比較では、電気料金が割高となります。


 ENEOSでんきには無料付帯していない「駆けつけサービス」が付いている点にはメリットがあります。電気料金・ガス料金ともENEOSよりも割高です。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社