ENEOSでんきとソフトバンクでんきの比較

ENEOSでんきとソフトバンクでんきの比較


 ともにシェアでトップ10に名を連ねるENEOSでんきとソフトバンクでんき。どちらの方が電気代が安いのか、またサービスが優れているのか。電力自由化の専門家として多数のメディア取材を受けてきた私が、厳しく比較します。



ENEOSでんきとソフトバンクでんきの比較


  ENEOSでんきとソフトバンクでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 まずは料金プランを、世帯人数ごとの「平均使用量」で地域別に比較します。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-4.6%
-2774円
-6.3%
-8315円
-6.5%
-10097円
-6.8%
-12002円
ENEOSでんき
北海道Bプラン
-3.9%
-2368円
-5.6%
-7484円
-6.0%
-9163円
-6.2%
-10958円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B
-3.0%
-1851円
-1.9%
-2538円
-1.8%
-2713円
-1.6%
-2901円

 いずれの条件でもENEOSでんきの方が安い結果となりましたが、例えば一人暮らしでソフトバンクの通信回線を2回線(スマホとネットなど)契約している場合などは、ENEOSよりも安くなるケースがあります(試算は1回線分のセット契約)


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-3.0%
-1479円
-4.3%
-4777円
-4.7%
-6028円
-4.9%
-7364円
ENEOSでんき
東北Bプラン
-2.2%
-1073円
-3.6%
-3946円
-4.0%
-5094円
-4.2%
-6321円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B
-3.5%
-1764円
-2.1%
-2342円
-1.9%
-2497円
-1.8%
-2662円

 一人暮らし世帯のみソフトバンクでんきが安く、2人以上の世帯ではいずれもENEOSでんきの方が安いです。ソフトバンクの試算には1回線分のセット割引(月110円/年1320円)を含めていますが、2回線分に増やしても2人以上の世帯ではENEOSの方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-3.6%
-1824円
-7.1%
-8065円
-7.9%
-10497円
-8.6%
-13098円
ENEOSでんき
Vプラン
-2.8%
-1412円
-6.4%
-7237円
-7.2%
-9566円
-7.9%
-12057円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B
-3.4%
-1770円
-2.1%
-2369円
-1.9%
-2529円
-1.8%
-2700円

 いずれの世帯人数でも、ENEOSでんきの方が安いです。
 ソフトバンクの試算には1回線分のセット割引(月110円/年1320円)を含めていますが、2回線分に増やしても、やはりENEOSの方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-2.7%
-1388円
-3.9%
-4397円
-4.3%
-5601円
-4.6%
-6889円
ENEOSでんき
中部Bプラン
-1.9%
-977円
-3.2%
-3552円
-3.6%
-4654円
-3.9%
-5832円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B
-3.4%
-1792円
-2.1%
-2365円
-1.9%
-2515円
-1.8%
-2675円

 一人暮らし世帯のみソフトバンクでんきが安く、2人以上の世帯ではいずれもENEOSでんきの方が安いです。ソフトバンクの試算には1回線分のセット割引(月110円/年1320円)を含めていますが、2回線分に増やしても2人以上の世帯ではENEOSの方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-5.1%
-2297円
-6.6%
-6758円
-6.8%
-7910円
-6.9%
-9143円
ENEOSでんき
関西Aプラン
-4.3%
-1922円
-5.9%
-5964円
-6.0%
-7013円
-6.2%
-8136円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯A
-3.9%
-1740円
-2.3%
-2309円
-2.1%
-2464円
-2.0%
-2629円

 いずれの世帯人数でも、ENEOSでんきの方が安いです。
 ソフトバンクの試算には1回線分のセット割引(月110円/年1320円)を含めていますが、2回線分に増やしても、やはりENEOSの方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-3.1%
-1446円
-4.6%
-4868円
-5.0%
-6115円
-5.4%
-7449円
ENEOSでんき
中国Aプラン
-2.3%
-1075円
-3.8%
-4073円
-4.3%
-5217円
-4.7%
-6441円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯A
-3.8%
-1752円
-2.2%
-2362円
-2.1%
-2517円
-1.9%
-2682円

 いずれもENEOSでんきの方が安いです。
 一人暮らしでソフトバンクの通信回線を2回線以上契約している場合は、セット割引が加算されるためソフトバンクでんきの方が安くなります。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-2.7%
-1270円
-4.8%
-5139円
-5.4%
-6650円
-5.9%
-8266円
ENEOSでんき
四国Aプラン
-1.9%
-890円
-4.0%
-4334円
-4.7%
-5742円
-5.2%
-7249円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯A
-3.7%
-1761円
-2.2%
-2370円
-2.1%
-2530円
-1.9%
-2701円

 一人暮らし世帯のみソフトバンクでんきが安く、2人以上の世帯ではいずれもENEOSでんきの方が安いです。ソフトバンクの試算には1回線分のセット割引(月110円/年1320円)を含めていますが、2回線分に増やしても2人以上の世帯ではENEOSの方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
ENEOSでんき
2年契約
-3.0%
-1377円
-4.5%
-4530円
-4.9%
-5791円
-5.3%
-7139円
ENEOSでんき
九州Bプラン
-2.1%
-972円
-3.7%
-3699円
-4.1%
-4857円
-4.5%
-6095円
ソフトバンクでんき
おうちでんき従量電灯B
-3.7%
-1723円
-2.2%
-2253円
-2.0%
-2392円
-1.9%
-2541円

 一人暮らし世帯のみソフトバンクでんきの方が安く、2人以上の世帯ではENEOSでんきが安いです。


 なお、2社とも燃料費調整に上限が無いため、燃料価格の推移によっては大手電力の従量電灯よりも電気代が高くなる場合があります。上記の試算には燃料費調整の上限を含めていません。


サービスの違い


ENEOSでんき ソフトバンクでんき
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 通常プランは無し
2年契約は途中解約で1100円
いつでも550円
見える化 あり
データ更新は数時間遅れ
あり
付帯サービス 駆けつけサービス 駆けつけサービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替

 注意点としては、ソフトバンクでんきは解約する際に550円の「解約事務手数料」が掛かります。これは契約期間などに関係無く発生するものです。


 ENEOS、ソフトバンクともに「駆けつけサービス」に対応しています。ENEOSは電気のトラブルに、ソフトバンクは水回り・カギ・ガラスのトラブルが発生した際に、一定時間内であれば無料で作業して対応してくれるサービスです。


環境・エコは?


CO2排出量 ENEOSでんき ソフトバンクでんき
2020年度 472g 524g
2019年度 494g 524g
2018年度 494g 528g
2017年度 509g 559g
2016年度 459g 601g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 いずれの年度でもENEOSでんきの方がCO2排出量が少なく、環境負荷が小さいと言えます。ソフトバンクでんきの16・17年度の数値は、新電力としてはCO2排出量が「やや多い」と言えます。


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


ENEOSでんき


ENEOS


 ソフトバンクでんきよりも電気代が安くなるケースが多いです。特に2人以上の世帯では、基本的にはENEOSの方が安いと考えてください。


 2年契約プランは解約月以外の解約で1100円の違約金が発生しますが、2年以上契約すると以降は割引額が0.1円/kWh上乗せされるので、長く使うとお得になります。


ENEOSでんきの公式サイト

ソフトバンクでんき


ソフトバンクショップ


 ソフトバンクやYmobileの通信回線を契約中の一人暮らし世帯におすすめです。地域によっては「最安値クラス」です。電気料金自体は大手電力とほぼ変わらないので、セット割引が使えない場合はメリットは小さいです。


 注意点としてはセット割引で1回線あたり月110円の割引がありますが、3年目以降は55円に減額されます。3年目以降は、一人暮らし世帯でもそれほどお得とは言えません。


ソフトバンクでんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A