まちエネと大阪ガスの比較

まちエネと大阪ガスの比較


 ローソンの「まちエネ」と、関西では圧倒的な人気をほこる大阪ガスの電気。この2社を電力自由化の専門家としてこれまでに多数のメディア取材を受けてきた私が料金、サービスなどから比較します。



まちエネと大阪ガスの比較


  まちエネと大阪ガス、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 各地域の大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。
 まちエネには「かんたんプラン」や「MUSUBIプラン」などもありますが、きほんプランが安いため代表してきほんプランを試算します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
まちエネ
きほんプラン
-2.6%
-1157円
-5.2%
-5264円
-6.1%
-7106円
-6.9%
-9077円
大阪ガス
ガスとのセット割
-2.6%
-1158円
-4.5%
-4610円
-4.4%
-5122円
-4.2%
-5602円
大阪ガス
スタイルプランP
+6.2%
+2782円
-0.8%
-840円
-1.2%
-1399円
-1.1%
-1399円

 一人暮らし世帯では同程度、2人以上の世帯では「まちエネ」の方が安い結果となりましたが、まちエネ・大ガスともに関西エリアの新電力としてはやや見劣りする料金プランです。


 まちエネには、上で紹介した「きほんプラン」のほかに毎月紙で請求書が発行される「かんたんプラン」もありますが、電気代が月100円程度割高に設定されているため、紙で請求書が必要な場合は大阪ガスのセット契約の方が安くつく場合が多いです(大ガスのセット契約は検針票が紙で発行される)


公式サイト 大阪ガス公式サイト

サービスの違い


まちエネ 大阪ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
Amazonプランなどでは違約金有り
付帯サービス 無し 無し
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替

 まちエネは契約するとローソンでプレミアムロールケーキなどと交換できるクーポン券が毎月発行されます(交換できる商品は毎月異なる)


 大ガスのセット契約は、紙の請求書(検針票)が毎月ポストに届きます。まちエネは「かんたんプラン」という割高なプランを契約する必要があります(両社ともウェブでの確認も可能)


公式サイト 大阪ガス公式サイト

環境・エコは?


CO2排出量 まちエネ 大阪ガス
2019年度 502g 403g
2018年度 571g 403g
2017年度 565g 389g
2016年度 516g 385g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 いずれの年度でも大阪ガスの方がCO2排出量が少なく、環境負荷が小さいと評価できます。大阪ガスのCO2排出量は新電力としては「少ない」と言える優秀な成績です。


 まちエネについては年度によって大きく増減するため評価が難しいですが、新電力としては平均的〜やや多い排出量です。


公式サイト 大阪ガス公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


まちエネ


ローソン


 ローソンと三菱商事が設立した新電力です。店頭ではなく訪問販売による勧誘に力をいれていますが、一部地域では訪問販売が物議を醸す結果となっています。


 料金は大ガスよりも安いですが、一方で環境負荷がやや大きいというデメリットもあります。また、まちエネよりも電気・ガスを関西電力でセット契約にした方が、まちエネよりも安くなるケースが多いのでこちらも検討してください。


公式サイト

大阪ガス


 関西エリアでは圧倒的な契約件数をほこる新電力です。


 まちエネとの比較では料金面では劣りますが、紙で請求書が必要な場合は大ガスの方が安くつくこともあります。また、CO2排出量が少ない点でもメリットがあります。


大阪ガス公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A