まちエネと東京ガスの比較

まちエネと東京ガスの比較


 ローソンと三菱商事が提供する「まちエネ」と、東京ガスの電気。この2つのサービスを料金、サービスなどあらゆる面から分かりやすく比較します。



まちエネと東京ガスの比較


  まちエネと東京ガス、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 東京電力の標準的なプランである「従量電灯B」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。
 まちエネには「かんたんプラン」や「MUSUBIプラン」などもありますが、きほんプランが安いため代表してきほんプランを試算します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
まちエネ
きほんプラン
-2.6%
-1315円
-5.4%
-6093円
-6.3%
-8364円
-7.0%
-10791円
東京ガス
基本プラン
ガスとセット
-3.5%
-1812円
-5.8%
-6626円
-6.5%
-8614円
-7.0%
-10736円
東京ガス
基本プラン
電気だけ
-3.1%
-1565円
-5.4%
-6091円
-6.0%
-7993円
-6.5%
-10025円

 4人世帯では僅差で「まちエネ」の方が安くなりましたが、多くの一般家庭では東京ガスの方が安くなるでしょう。


 なお、まちエネは都市ガスの販売には参入していないので、他社の割安なガスと組み合わせて利用すると、いずれの世帯人数でも東京ガスより割安になるので、ガス会社も比較してみてください。考えるのが面倒だよ、という人は東京ガスにまとめて損は無いです。


公式サイト 東京ガスの電気の公式サイト

サービスの違い


 サービスの内容を比較します。


まちエネ 東京ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
付帯サービス 無し クラシル有料機能
(ガスとセット契約のみ)
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード、口座振替

 まちエネはローソンでプレミアムロールケーキなどと交換できるクーポンが毎月発行される特典があります、電気代の節約メリット以上にお得感があります。


東京ガスの「見える化」

東京ガスの「見える化」

 また、東京ガスではウェブで自宅の電気使用量を確認できる「見える化」の機能が充実しています。数日前までの使用実績から、当月の使用量を予測する機能など、ほかの新電力の見える化には無い機能があります。


公式サイト 東京ガスの電気の公式サイト

環境・エコは?


CO2排出量 まちエネ 東京ガス
2019年度 502g 364g
2018年度 571g 391g
2017年度 565g 371g
2016年度 516g 382g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 環境負荷は明らかに東京ガスの方が小さいです。東京ガスは東京電力と比較してもCO2排出量が少なく、新電力としては「低排出」と言えます。自社の最新鋭のLNG火力発電所からの調達がメインです。東電よりも大幅にCO2排出量が少ないです。


 一方、まちエネは年度によって数値が大きく変わりますが、新電力としては平均〜やや多い排出量となっています。いずれの年度も東電より排出量が多いです。


公式サイト 東京ガスの電気の公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


まちエネ


ローソン


 ローソンと三菱商事が設立した新電力です。


 電気料金の比較では、多くの条件で東京ガスよりも「割高」となりましたが、他社の割安なガス料金プランと組み合わせて使うと、一気に逆転します。


公式サイト

東京ガス


東京ガス


 電力自由化で参入した新電力としては最多の250万件を超える契約を獲得し、大手電力会社とも肩を並べる「電力会社」となっています。


 まちエネと比較すると、多くの一般家庭で電気料金が安くなります。CO2排出量が少ないなどのメリットもあります。


東京ガスの電気の公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A