Looopでんきと熊本電力の比較

Looopでんきと熊本電力の比較


 「基本料金0円」の革新的な料金プランで人気を集めたLooopでんきと、圧倒的な電気代の安さで密かに注目を集める熊本電力。実際に2社とも契約した経験をもつ私が、実体験を交えながらこの2社を電気料金・サービス・環境面から比較します。



私の利用歴


 出来るだけ多くの新電力を自分で実際に使うことを目標にしており、頻繁に電力会社を切り替えています。


Looopでんきの「見える化」グラフ

Looopでんきの「見える化」グラフ

 Looopでんきは2017年5月から約半年にわたり自宅で、熊本電力は2019年2月から家族が営む事務所でそれぞれ契約しています。実際に契約した際の感想を交えながら詳しく比較していきます。


Looopでんきと熊本電力の比較


  Looopでんきと熊本電力、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 まずは料金プランを、世帯人数ごとの「平均使用量」で地域別に比較します。各地の大手電力会社の「従量電灯」と比較して、年間いくら安くなるのかを世帯人数ごとの平均使用量で試算しました。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
-1.1%
-660円
-7.1%
-9469円
-10.3%
-15878円
-12.7%
-22448円
熊本電力 20A契約不可 30A契約不可 -14.9%
-22916円
-17.1%
-30314円

 3人以上の世帯では熊本電力の方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+8.0%
+3982円
+0.1%
+33円
-4.2%
-5412円
-7.3%
-10962円
熊本電力 20A契約不可 30A契約不可 -10.1%
-13073円
-13.4%
-19948円

 3人以上の世帯では熊本電力の方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+4.8%
+2476円
-3.1%
-3481円
-6.8%
-9065円
-9.7%
-14799円
熊本電力 40A以上で契約可 40A以上で契約可 -13.0%
-17257円
-14.1%
-21653円

 3人以上の世帯では熊本電力の方が圧倒的に安いです。
 Looopでんきは電力自由化初期こそ「安さ」で注目を集めていましたが、競合が次々と増えたことで電気代の魅力が薄れてしまったと感じます。一方、熊本電力はLooopとの比較だけでなく新電力としては他社の追随を許さない低料金を実現しています。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+2.5%
+1327円
-1.8%
-1967円
-5.0%
-6477円
-7.4%
-11063円
熊本電力 40A以上で契約可 40A以上で契約可 -10.6%
-13790円
-13.6%
-20252円

 3人以上の世帯では熊本電力の方が安いです。熊本電力の料金水準は中部電力エリアでも「最安値クラス」と言えます。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
-2.5%
-1104円
-6.3%
-5932円
-9.1%
-9946円
-11.2%
-14037円
熊本電力 20A契約不可 30A契約不可 -14.3%
-15697円
-16.8%
-21058円

 3人以上の世帯では熊本電力の方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+1.2%
+520円
-8.6%
-8752円
-10.5%
-12307円
-12.1%
-16110円
熊本電力 -2.0%
-895円
-14.0%
-14310円
-16.7%
-19620円
-19.0%
-25300円

 いずれの条件でも熊本電力の方が安いです。熊本電力の料金水準は関西エリアの新電力の中でも「最安値クラス」と言える低料金です。


 ただし、一人暮らし世帯については熊本電力よりもENEOSでんきの方が安いので、こちらがおすすめです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+6.5%
+3050円
-4.4%
-4728円
-6.1%
-7406円
-7.4%
-10271円
熊本電力 -2.2%
-1005円
-15.6%
-16622円
-17.7%
-21571円
-19.4%
-26865円

 いずれの条件でも熊本電力の方が安いです。他の新電力と比較しても、2人以上の世帯では熊本電力は最安値水準と言えます。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+4.2%
+2001円
-5.2%
-5552円
-7.1%
-8700円
-8.6%
-12067円
熊本電力 -8.3%
-3974円
-11.2%
-11975円
-13.3%
-16361円
-15.0%
-21053円

 いずれの条件でも熊本電力の方が安く、また四国エリアの新電力としては最安値水準と言えます。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+3.5%
+1629円
-2.9%
-2936円
-7.0%
-7872円
-9.5%
-12905円
熊本電力 30A以上で契約可 -9.4%
-9471円
-11.6%
-13662円
-14.6%
-19804円

 2人以上の世帯では熊本電力の方が安いです。他の新電力と比較しても、熊本電力は九州エリアでも「最安値クラス」と言ってよい低料金です。


サービスの違い


Looopでんき 熊本電力
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
見える化 あり
データ更新は1日1回
あり
データ更新は数時間遅れ
付帯サービス 駆けつけサービス(関東のみ) 無し
支払い方法 クレジットカード クレジットカード

 サービス面ではLooopでんきの方が充実していると言えます。


 それぞれ5回以上はこれまでに問い合わせをしていますが、顧客対応についてはLooopの方が圧倒的に優れているというか、Looopの質は新電力としては平均的なものですが、熊本電力は顧客対応の質が悪いため相対的にLooopの方が良く見えます。熊本電力の問題点については解説記事などにも詳しく載せているので、気になる人はこちらをご覧ください。
 とはいえ熊本電力の電気代の安さは圧倒的なので、顧客対応が多少悪くとも目をつぶることは可能かもしれません。


Looopでんきの電気代節約額チェッカー

Looopでんきの電気代節約額チェッカー

 特筆すべき点としては、2社とも大手電力のプランと比較して毎月の電気代が「いくら安くなったか」を教えてくれます。これまで10社以上の新電力と契約しましたが、こうしたサービスはLooopと熊本電力だけでした。節約額を実感出来るのはうれしいです。


熊本電力の請求書には節約額が記載されている

熊本電力の請求書には節約額が記載されている

環境・エコは?


CO2排出量 Looopでんき 熊本電力
2018年度 349g 472g
2017年度 349g 656g
2016年度 349g 656g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 結果は一目瞭然で、Looopでんきの方が環境負荷が小さいです。
 Looopの値は新電力としても優秀と言える水準ですし、全国の大手電力10社と比較しても低排出です。電気代だけでなくCO2排出量の削減も可能です。


 一方、17年度以前の熊本電力の値は新電力としては非常に悪いと言えるもので、環境負荷が大きいと言えます。


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


Looopでんき


 電気代の安さでは熊本電力には譲るものの、他の新電力と比較しても「上位」のお得な料金プランと言えます。また、基本料金が0円なので契約容量が大きく使用量が少ない場合(例えば別荘)では熊本電力よりも大幅に安くなる場合もあります。


 CO2排出量が少ない点も評価できます。


Looopでんき公式サイト

熊本電力


熊本電力の見える化グラフ

熊本電力の見える化グラフ

 とにかく電気代の安さを追求したい人に最適の新電力です。Looopでんきとの比較だけでなく、他の新電力と比較しても最安値クラスというか条件によっては当サイトで掲載している393社の中でも「最安」となる料金プランです。


 反面、環境負荷や顧客対応の質という点では「安かろう悪かろう」が否めない点はデメリットと言えます。


熊本電力公式サイト


関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A