Looopでんきとリミックスでんきの比較

Looopでんきとリミックスでんきの比較


 電気料金比較サイトでともに「上位」に表示されることが多いLooopでんきとリミックスでんき。本当に電気代が安いのはどちらなのか、サービス内容も比較しながら分かりやすく解説します。Looopでんきの値上げ対応済み



Looopでんきとリミックスでんきの比較


  Looopでんきとリミックスでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 各地域の大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+7.3%
+4423円
+0.8%
+1012円
-2.7%
-4101円
-5.2%
-9286円
リミックスでんき
電気代割引プラン
20A契約不可 -5.0%
-6642円
-5.0%
-7723円
-5.0%
-8866円

 3人以下世帯ではリミックス電気が、4人以上世帯ではLooopでんきが安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+14.5%
+7246円
+6.1%
+6714円
+1.6%
+2094円
-1.7%
-2572円
リミックスでんき
電気代割引プラン
20A契約不可 -5.0%
-5528円
-5.0%
-6485円
-5.0%
-7494円
リミックスでんき
使い得プラン
20A契約不可 -0.4%
-384円
-4.6%
-5882円
-7.7%
-11487円

 2・3人暮らしではリミックス電気の「電気代割引プラン」が、4人世帯では同じくリミックス電気の「使い得プラン」が安いです。


 使用条件によって前後しますが、使い得プランは基本料金が0円なので50A以上で契約している場合に、電気代割引プランよりも安くなります。40A以下で契約している場合は電気代割引プランの方をおすすめします。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+14.4%
+7372円
+5.8%
+6540円
+1.7%
+2195円
-1.4%
-2213円
リミックスでんき
電気代割引プラン
20A契約不可 -5.0%
-5704円
-5.0%
-6665円
-5.0%
-7681円
リミックスでんき
使い得プラン
20A契約不可 -3.4%
-3899円
-7.2%
-9534円
-10.0%
-15323円

 使用条件によって前後しますが、リミックス電気の使い得プランは基本料金が0円なので基本料金が高い40A以上で契約している場合に、電気代割引プランよりも安くなります。30Aで契約している場合は電気代割引プランの方をおすすめします。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+10.8%
+5672円
+6.2%
+6927円
+2.7%
+3516円
+0%
+106円
リミックスでんき
電気代割引プラン
20A契約不可 -5.0%
-5629円
-5.0%
-6539円
-5.0%
-7500円
リミックスでんき
使い得プラン
20A契約不可 -2.0%
-2259円
-5.2%
-6805円
-7.7%
-11430円

 30・40Aで契約している場合は、リミックス電気の「電気代割引プラン」が安いです。中電と比べて、使用量に関係無く一律で約5%安くなる料金プランです。一人暮らしの場合も、30A契約なら中部エリアでは上位のお得な料金プランです。


 50A以上で契約している場合は、リミックス電気の「使い得プラン」が安いです。基本料金が0円のプランなので、基本料金が高くなる50A以上の契約でお得になります。Looopも同じく基本料金0円ですが、料金単価がリミックス電気の方が安いので、リミックス電気の方が電気代が安くなります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+16.8%
+7484円
+12.3%
+11648円
+8.9%
+9807円
+6.4%
+8040円
リミックスでんき
電気代割引プラン
20A契約不可 -5.0%
-4768円
-5.0%
-5522円
-5.0%
-6318円

 北陸ではLooopでんきよりもリミックス電気が安いです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+15.3%
+6911円
+4.7%
+4740円
+2.7%
+3089円
+1.0%
+1322円
リミックスでんき
電気代割引プラン
-5.0%
-2262円
-5.0%
-5131円
-5.0%
-5889円
-5.0%
-6701円
リミックスでんき
使い得プラン
+0.9%
+383円
-8.5%
-8622円
-10.2%
-11925円
-11.7%
-15458円

 一人暮らしの場合は、リミックス電気の「電気代割引プラン」が安いです。関西電力エリアの新電力の中でも、上位に入るお得な料金プランです。


 2人以上の世帯ではリミックス電気の「使い得プラン」が安いです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+15.8%
+7389円
+3.9%
+4161円
+2.1%
+2582円
+0.7%
+892円
リミックスでんき
電気代割引プラン
-5.0%
-2340円
-5.0%
-5346円
-5.0%
-6109円
-5.0%
-6926円
リミックスでんき
使い得プラン
+6.1%
+2846円
-4.8%
-5146円
-6.5%
-7875円
-7.8%
-10795円

 1〜2人暮らしの場合は、リミックス電気の「電気代割引プラン」が安いです。使用量を問わず、中国電力より一律約5%安くなる料金プランです。一人暮らしの場合は、中国電力エリアの新電力の中でも上位のお得な料金プランです。


 3人以上の世帯では、リミックス電気の「使い得プラン」が安いです。使用量が多い世帯で安くなるプランで、電気料金(再エネ賦課金や燃料費調整を除いた部分)が9千円前後がボーダーラインです。エアコンを使わない季節の電気代を目安としてください。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+14.9%
+7101円
+4.6%
+4887円
+2.5%
+3029円
+0.7%
+1042円
リミックスでんき
電気代割引プラン
-5.0%
-2388円
-5.0%
-5384円
-5.0%
-6173円
-5.0%
-7018円
リミックスでんき
使い得プラン
+3.8%
+1797円
-5.6%
-5970円
-7.5%
-9169円
-9.0%
-12591円

 1人暮らしの場合は、リミックス電気の「電気代割引プラン」が安いです。使用量を問わず、四国電力より一律約5%安くなる料金プランです。一人暮らしの場合は、四国電力エリアの新電力の中でも上位のお得な料金プランです。


 2人以上の世帯では、リミックス電気の「使い得プラン」が安いです。使用量が多い世帯で安くなるプランで、電気料金(再エネ賦課金や燃料費調整を除いた部分)が9千円を超えると「電気代割引プラン」より安くなります。エアコンを使わない季節の電気代を目安としてください。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき
おうちプラン
+12.4%
+5709円
+5.4%
+5415円
+1.3%
+1511円
-1.8%
-2417円
リミックスでんき
電気代割引プラン
20A契約不可 -5.0%
-5061円
-5.0%
-5916円
-5.0%
-6817円
リミックスでんき
使い得プラン
20A契約不可 -3.3%
-3353円
-7.1%
-8341円
-9.9%
-13429円

 2人暮らしや、30Aで契約している一人暮らしではリミックス電気の「電気代割引プラン」が安いです。使用量に関係なく九州電力より一律で約5%安くなる料金設定のプランです。


 3人以上の世帯、あるいは40A以上で契約している場合はリミックス電気の「使い得プラン」が安いです。基本料金が0円という料金設定なので、基本料金が高くなる40A以上の契約でお得に使えるプランです。Looopも基本料金0円ですが、料金単価がリミックス電気の方が安いです。


Looopでんき公式サイト リミックスでんき公式サイト

サービスの違い


 2社のサービス内容を比較します。


Looopでんき リミックスでんき
初期費用 無い 無い
解約時の違約金 無い 基本的に無い
付帯サービス 駆けつけサービス
関東のみ
無い
支払い方法 クレジットカード 口座振替、クレジットカード

 リミックスでんきはは1年以内に解約した場合に1万円という解約違約金の定めがあるものの、「現状一度も発生したことはございません」との回答を得ています。Looopでんきには解約違約金はありません。私も1年未満と短期間で解約した経験がありますが、何も取られていません。


 Looopでんきは関東エリアのみ、電気のトラブルに対応する「駆けつけサービス」を提供しています。電気が付かない、コンセントが焦げ臭いといったトラブルに無料(部品代などが実費で発生する場合もある)で対応してくれるものです。


Looopでんき公式サイト リミックスでんき公式サイト

環境・エコは?


CO2排出量 Looopでんき リミックスでんき
2020年度 349g 507g
2019年度 349g 507g
2018年度 349g 558g
2017年度 349g 542g
2016年度 349g 524g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 2社を比較するとLooopでんきの方が明らかにCO2排出量が少ないです。Looopは新電力の中でもCO2排出量が少なく、多くの大手電力会社と比較しても低排出です。リミックス電気は新電力としては平均的な排出量です。


Looopでんき公式サイト リミックスでんき公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


Looopでんき


Looopでんきの見える化グラフ

Looopでんきの見える化グラフ

 中部電力が出資するエネルギーベンチャー企業です。電気料金比較サイトから顧客を集め、20万件以上の新規参入組としては異例の契約件数に成長しています。「基本料金0円」の料金プランのパイオニアです。


 2022年6月に値上げを実施しました。当サイトの試算はいずれも値上げ後の料金単価を元にした試算です。値上げ後の料金は基本的にリミックス電気よりも「高い」ものとなっていますが、北海道ではリミックス電気よりも安くなる場合があります。


 CO2排出量が少なく環境負荷が小さい点でもメリットがあります。


Looopでんき公式サイト

リミックスでんき


 仮想通貨関連の会社として知られる、東証二部上場のリミックスポイント社が提供しているサービスです。近年は電力事業にも力を入れています。
 上で紹介した以外にも、電気料金に対して毎月仮想通貨を付与するプランも提供しています(5%還元なので「電気代割引プラン」と同額水準)


 Looopでんきと比較すると、多くの条件でリミックス電気の方が安いです。


リミックスでんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A