マネーフォワード電気と楽天電気の比較

マネーフォワード電気と楽天電気の比較


 ともにITリテラシーが高い人が行き着くマネーフォワード電気と楽天電気。どちらの方が電気代が安くてお得なのか、分かりやすい料金シミュレーションの結果を交えながら解説します。



マネーフォワード電気と楽天電気の比較


  マネーフォワード電気と楽天電気、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 各地域の大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
20A契約不可 -3.0%
-3984円
-3.0%
-4633円
-3.0%
-5319円
楽天電気
プランS
20A契約不可 -6.0%
-8007円
-9.2%
-14236円
-11.6%
-20613円

 いずれの条件においても、楽天電気の方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
20A契約不可 -3.0%
-3311円
-3.0%
-3884円
-3.0%
-4488円
楽天電気
プランS
20A契約不可 -0.1%
-102円
-4.3%
-5565円
-7.5%
-11133円

 2人世帯ではマネーフォワード電気の方が安いです。楽天電気は二人暮らしや一人暮らしの平均的な使用量では東北電力より高くなってしまうリスクが大きいので注意してください。


 3人以上の世帯では楽天でんきの方が安いと言えます。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
20A契約不可 -3.0%
-3409円
-3.0%
-3986円
-3.0%
-4597円
楽天電気
プランS
20A契約不可 -3.2%
-3617円
-6.9%
-9218円
-10.0%
-14969円

 いずれも楽天電気の方が安い結果となりましたが、2人暮らしでも共働き・マンション住まいで電気の使用量が少ない場合などはマネーフォワード電気の方が安くなる場合もあります。


 一人暮らしで30A契約の場合は、マネーフォワード電気が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
20A契約不可 -3.0%
-3368円
-3.0%
-3910円
-3.0%
-4482円
楽天電気
プランS
20A契約不可 -1.8%
-1977円
-5.0%
-6489円
-7.4%
-11076円

 2人世帯ではマネーフォワード電気の方が安いです。楽天電気は二人暮らしや一人暮らしの平均的な使用量では中部電力より高くなってしまうリスクが大きいので注意してください。


 3人以上の世帯では楽天でんきの方が安いと言えます。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
20A契約不可 -3.0%
-2846円
-3.0%
-3294円
-3.0%
-3768円
楽天電気
プランS
20A契約不可 -3.7%
-3468円
-6.5%
-7177円
-8.7%
-10943円

 いずれも楽天電気の方が安い結果となりましたが、2人暮らしでも共働き・マンション住まいで電気の使用量が少ない場合などはマネーフォワード電気の方が安くなる場合もあります。


 一人暮らしで30A契約の場合は、マネーフォワード電気が安いです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
-3.0%
-1353円
-3.0%
-3050円
-3.0%
-3493円
-3.0%
-3968円
楽天電気
プランS
+1.3%
+561円
-8.1%
-8257円
-9.9%
-11514円
-11.3%
-14999円

 一人暮らしの場合はマネーフォワード電気が安いです。楽天電気は関電よりも高くなってしまうため注意が必要です。


 2人以上の世帯ではいずれも楽天電気の方が安いと言えます。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
-3.0%
-1400円
-3.0%
-3192円
-3.0%
-3651円
-3.0%
-4142円
楽天電気
プランS
+6.4%
+3004円
-4.5%
-4822円
-6.2%
-7512円
-7.5%
-10389円

 一人暮らしの場合はマネーフォワード電気が安いです。楽天電気は中国電力よりも高くなってしまうため注意が必要です。


 2人以上の世帯ではいずれも楽天電気の方が安いと言えます。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
-3.0%
-1431円
-3.0%
-3219円
-3.0%
-3689円
-3.0%
-4191円
楽天電気
プランS
+4.1%
+1955円
-5.3%
-5646円
-7.2%
-8805円
-8.7%
-12185円

 一人暮らしの場合はマネーフォワード電気が安いです。楽天電気は四国電力よりも高くなってしまうため注意が必要です。


 2人以上の世帯ではいずれも楽天電気の方が安いと言えます。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
20A契約不可 -3.0%
-3009円
-3.0%
-3518円
-3.0%
-4056円
楽天電気
プランS
20A契約不可 -3.0%
-3009円
-6.8%
-7954円
-9.6%
-12966円

 2人世帯ではほぼ同水準です。マンション住まい・共働きで使用量が少ない場合は、マネーフォワード電気の方が安くなり、使用量が多い場合は楽天でんきの方が安いです。一人暮らし、30A契約の場合はマネーフォワード電気が安いです。


 3人以上の世帯では楽天電気が安いです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
マネーフォワード電気
マネーフォワードプランB
-3.0%
-1565円
-3.0%
-3415円
-3.0%
-3885円
-3.0%
-4387円
楽天電気
プランS
+4.9%
+2587円
-1.8%
-2023円
-3.0%
-3883円
-4.0%
-5873円

 1〜3人世帯ではマネーフォワード電気が安く、4人以上の世帯では楽天電気が安いです。


マネーフォワード電気公式サイト 楽天でんき公式サイト

サービスの違い


マネーフォワード電気 楽天電気
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
見える化 あり あり
付帯サービス マネーフォワードME
プレミアムプラン
無し
支払い方法 クレジットカード、口座振替 クレジットカード

 マネーフォワード電気は、契約するとマネーフォワードMEのプレミアムプランが無料で使えるようになります。年会費5300円(Android版は5500円)です。この特典分は当サイトの試算には含めていません。
 特典分と含めると、1〜2人世帯では基本的にマネーフォワード電気の方が「お得」ということになります。マネーフォワードMEを利用している人は要チェックです。


 一方、楽天でんきには目立った付帯サービスはありませんが、新規契約で数千円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施していることが多いです。最新の情報は公式サイトで確認してください。


 2社とも解約違約金などはありません。


マネーフォワード電気公式サイト 楽天でんき公式サイト

環境・エコは?


CO2排出量 マネーフォワード電気 楽天電気
2019年度 518g 534g
2018年度 592g 512g
2017年度 400g 589g
2016年度 605g 591g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。なお、マネーフォワード電気は供給元であるシン・エナジーのデータを引用しています。


 年度によって前後するため評価が難しいところですが、傾向としてはマネーフォワード電気の方がCO2排出量が少ないと言えます。


 2社とも、新電力としてはCO2排出量が「やや多い」と言える傾向です。


マネーフォワード電気公式サイト 楽天でんき公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


マネーフォワード電気


 マネーフォワードが契約を取り次ぎ、中堅新電力の「シン・エナジー」が電力を供給します。シン・エナジーは神戸に本社を置き、オリックスや神戸の地銀であるみなと銀行や三井物産などが出資しています。


 料金は大手電力の標準メニューと比べて使用量に関係なく3%安くなる料金体系です。マネーフォワードMEのプレミアムプランが無料になる特典とあわせて、1〜2人世帯では楽天電気よりもお得になるサービス内容です。


マネーフォワード電気公式サイト

楽天電気


楽天でんきの「見える化」

楽天でんきの「見える化」

 楽天市場などで知られる楽天グループの電力サービスです。サービス提供は楽天子会社の楽天モバイルが担っています。


 ファミリー世帯でマネーフォワード電気よりも電気代が安くなる料金体系です。一人暮らしなど、電気の使用量が少ない場合は大手電力よりも電気代が高くなってしまう場合もあるので、一人暮らしの人には推奨しません。


楽天でんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A