楽天でんきとLooopでんきの比較

楽天でんきとLooopでんきを実際に使って比較


 料金プランが似通っている楽天でんきとLooopでんき。何がどう違うのか、2社とも実際に契約したことがある私が詳しく解説します。



私の利用歴


 出来るだけ多くの新電力を自分で実際に使うことを目標にしており、頻繁に電力会社を切り替えています。


 ちょうど現在契約しているのが楽天でんきで、2018年11月から使って現在3ヶ月目です。春頃にまた別の新電力に切り替える予定です。Looopは2017年6〜11月の6ヶ月間契約しました。


 自分で使ってみた感想もふまえて、両社を比較します。


楽天でんきとLooopでんきの比較


  楽天でんきとLooopでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 まずは気になる料金プランを見てみましょう。両社とも「基本料金0円」で、1kWhごとの従量料金が加算される料金体系をとっています。


エリア 料金単価(kWh毎)
楽天でんき Looopでんき
北海道電力エリア 29.5円 29.0円
東北電力エリア 26.0円 26.0円
東京電力エリア 26.0円 26.0円
中部電力エリア 26.0円 26.0円
北陸電力エリア 21.5円 21.0円
関西電力エリア 22.0円 22.0円
中国電力エリア 24.0円 24.0円
四国電力エリア 24.0円 24.0円
九州電力エリア 23.0円 230円
沖縄電力エリア 26.5円 未参入

 北海道・北陸の2地域ではLooopの方が0.5円/kWh安く、その他の地域では両社とも全く同額という料金設定です。


 ただし、楽天でんきの方は200円ごとに1ポイント(実質0.5%)のポイント還元があるので、その分Looopよりもわずかに安くなります。年間で1000円程度の差です。
 結論としては、北海道・北陸以外では楽天の方が安いです。


楽天でんきの方がポイント還元分安い

楽天の方がポイント還元分安い

 なお、入会時の特典として両社とも時期によってはポイント還元などを実施しているので、最終的にはそれを見て選ぶのがおすすめです。


 両社とも解約時の違約金などは発生しません。


楽天でんき公式サイトLooopでんき公式サイト

サービスの違い


 「サービス」を比較します。まずは会社によって差が大きい、顧客対応について。


楽天 Looop
通話料 無料 無料
時間 10〜18時
年中無休
9〜20時
年中無休

 コールセンターの受付時間はLooopの方が長いです。
 実際に両社ともやり取りしたことがありますが、Looopの方が練度が高く、対応が若干良いと感じます。


 また、Looopは関東エリアのみ、「駆けつけサービス」が無料で付帯しており、電気が点かないなどのトラブルに無料で対応してくれるサービスがあります。


楽天でんきの「見える化」

楽天でんきの「見える化」

 この他、両社ともウェブで自宅の電気使用量を確認できる「見える化」を提供しています。
 データが1日1回更新されるLooopに対し、数時間遅れでほぼリアルタイムで更新されていく楽天の方が使い勝手は良いと感じました。


楽天でんき公式サイトLooopでんき公式サイト

環境・エコは?


 Looopでんきは再生可能エネルギーが26.3%、「その他」73.7%という電源構成を公表しています(2017年度実績)
 それに対し、楽天でんきは電源構成を公表していません。


CO2排出量 楽天 Looop
2017年度 589g 505g
2016年度 591g 505g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 Looopの方が環境負荷が小さいと言えます。楽天の数値は新電力の中では「やや悪い」です。月300kWhの電力を使う平均的な家庭では、年間の排出量が302Kgの差になります。


Looopでんき公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


楽天でんき


 単純に料金が安くなる方を選びたい人におすすめです(ただし北海道・北陸はLooopの方が安い)


 貯まった楽天ポイントを自動で電気料金の支払いに充てる設定も可能なので、楽天ポイントの使いみちに困っている人にもおすすめです。


楽天でんき公式サイト

Looopでんき


Looopでんきの「見える化」

Looopでんきの「見える化」

 北海道・北陸にお住まいの人や、月100円程度の差ならCO2排出量が少ない方を使いたいと考える人におすすめです。


 また、上でも紹介したとおり関東エリアでは「駆けつけサービス」も付くので、関東にお住まいの人にはどちらかというとLooopの方がおすすめです。使う機会は無いかもしれませんが、もしもの時にあると良いサービスです。


Looopでんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A