楽天でんきとNUROでんきの比較

楽天でんきとNUROでんきの比較


 楽天でんきとNUROでんきを、電力自由化の専門家としてこれまでに数多くのメディア取材を受けてきた私が分かりやすく比較・解説します。世帯人数によって選ぶべき会社がはっきりと分かれます。



楽天でんきとNUROでんきの比較


  楽天でんきとNUROでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 各地域の大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
楽天でんき
プランS
20A契約不可 -6.0%
-8007円
-9.2%
-14236円
-11.6%
-20613円
NUROでんき
通信セットプラン
-2.1%
-1258円
-3.8%
-5084円
-4.0%
-6164円
-3.5%
-6164円

 2人以上の世帯では楽天でんきの方が安いです。
 一人暮らしについては、楽天が20Aでは契約できないため20A同士の比較ができませんが、30A・170kWhという条件で比較すると楽天の方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
楽天でんき
プランS
20A契約不可 -3.2%
-3617円
-6.9%
-9218円
-10.0%
-14969円
NUROでんき
通信セットプラン
-1.9%
-998円
-4.4%
-5047円
-5.8%
-7734円
-5.5%
-8470円

 一人暮らし・2人暮らしではNURO電気の方が安く、3人以上の世帯では楽天でんきの方が安いです。


 NUROは月500円のセット割引があるため、使用量が少ない場合にお得、一方楽天でんきは電気の基本料金が0円のため、契約アンペアが大きい場合にお得です。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
楽天でんき
プランS
20A契約不可 -1.8%
-1977円
-5.0%
-6489円
-7.4%
-11076円
NUROでんき
通信セットプラン
-2.1%
-1108円
-4.5%
-5004円
-4.7%
-6101円
-4.1%
-6145円

 1・2人世帯ではNuro電気が安く、3人以上の世帯では楽天電気の方が安いです。40A以上なら楽天、30A以下ならNuroがおすすめです。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
楽天でんき
プランS
+1.3%
+561円
-8.1%
-8257円
-9.9%
-11514円
-11.3%
-14999円
NUROでんき
通信セットプラン
-2.8%
-1260円
-5.0%
-5033円
-4.8%
-5601円
-4.2%
-5601円

 一人暮らし世帯のみNUROでんきがお得、2人以上の場合は楽天でんきの方が安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
楽天でんき
プランS
20A契約不可 -3.0%
-3009円
-6.8%
-7954円
-9.6%
-12966円
NUROでんき
通信セットプラン
-2.5%
-1159円
-4.9%
-4923円
-5.3%
-6215円
-4.8%
-6498円

 1・2人世帯ではNuro電気が安く、3人以上の世帯では楽天電気の方が安いです。40A以上なら楽天、30A以下ならNuroがおすすめです。


NURO公式サイト 楽天でんき公式サイト

サービスの違い


 続いて、サービス内容を比較します。


楽天でんき NUROでんき
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
付帯サービス 無し 無し
支払い方法 クレジットカード 口座振替、クレジットカード

 両者とも目立った付帯サービスはありません。


 楽天でんきに関してはウェブのマイページで自宅の電気使用量をグラフで確認できる「見える化」を提供しています。データが数時間遅れで随時反映されるので、使い勝手が良いです(1日1回まとめて更新される新電力も少なくない)


楽天でんきの「見える化」のグラフ

楽天でんきの「見える化」のグラフ

NURO公式サイト 楽天でんき公式サイト

環境・エコは?


 環境負荷の違いを比較します。


CO2排出量 楽天でんき NUROでんき
2019年度 534g 432g(関東)
403g(関東以外)
2018年度 512g 430g(関東)
403g(関東以外)
2017年度 589g 430g(関東)
389g(関東以外)
2016年度 591g データ無し(関東)
385g(関東以外)

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 いずれもNUROでんきの方がCO2排出量が少なく、環境負荷が小さいと評価できます。
 NUROでんきは関東ではCDエナジー、関東以外のエリアでは大阪ガスが電気を供給しており、いずれも新電力としては「優秀」と言える数値です。電気代だけでなくCO2排出量も削減出来るメリットがあります。


 楽天でんきも新電力としては「平均的」といえる排出量で、特段環境負荷が大きいというわけではありません。


NURO公式サイト 楽天でんき公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


楽天でんき


楽天の本社ビル

楽天の本社ビル

 電気を多く使うファミリー世帯では、NUROでんきよりも電気代が安いです。反面、一人暮らし世帯では大手電力会社よりも割高となるケースが多いので注意が必要です。


 試算には含めていませんが、新規契約で数千円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施していることが多いので、その点でもお得です。最新の情報は公式サイトで確認してください。


楽天でんき公式サイト

NUROでんき



 NURO光を契約中、あるいはこれから契約しようとしている人がお得に使える新電力です。NURO光とのセット割引で月500円安くなるので、特に電気の使用量が少ない一人暮らしや共働きの二人暮しにおすすめです(当サイトの試算にはセット割引を含めて計算)


NURO公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A