auでんきと東京ガス電気の比較

auでんきと東京ガス電気の比較


 ともに新電力の中でシェア上位5位以内に入るauでんきと東京ガス。両者を電気料金だけでなく、サービスや環境負荷の面からも詳しく比較します。



auでんきと東京ガス電気の比較


  auでんきと東京ガス電気、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 まずは料金プランを、世帯人数ごとの「平均使用量」で比較します。なお、東京ガスは東京電力管内のみの対応となるので、東京電力の「従量電灯B」との料金比較を行います。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京ガス
ずっとも電気1/セット
20A契約不可 -7.9%
-9006円
-8.6%
-11458円
-9.2%
-14024円
東京ガス
ずっとも電気1S
ガスとセット
-3.4%
-1733円
-5.7%
-6449円
-6.3%
-8396円
-6.8%
-10474円
auでんき -0.9%
-485円
-4.6%
-5204円
-4.6%
-6082円
-4.6%
-7010円

 1人暮らし世帯のみ、東京ガスの「ずっとも電気1S」が安いです。このプランは使用量が少ない世帯向けのもので、一人暮らし世帯や共働きの二人暮らし世帯でお得になります。関東エリアの新電力の中でも上位のお得なプランです。


 2人以上の世帯では、東京ガスの「ずっとも電気1」が安いです。使用量が多い世帯向けのプランです。同じく、関東エリアの新電力の中では上位のお得なプランです。


東京ガスの電気の公式サイト

サービスの違い


 続いて、細かなサービスの違いを比較します。


auでんき 東京ガス電気
解約時の違約金 1年内の解約で2千円 無し
初期費用 無し 無し
支払方法 口座振替、クレジットカード 口座振替、クレジットカード
コンビニ払い
駆けつけサービス 無し あり
ずっとも電気1のみ

 東京ガスの「ずっとも電気1」(使用量が多い世帯向けのプラン)には、駆けつけサービスが無料で付きます。水回り、カギ、ガラスなどのトラブル発生時に無料で駆けつけ、一定時間内まで無料で作業してくれるサービスです。


 サービス面でも東京ガスが優位と評価できます。


東京ガスの電気の公式サイト

環境・エコは?


CO2排出量 auでんき 東京ガス電気
2017年度 577g 371g
2016年度 667g 382g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 auでんき(KDDI)の値は、新電力の中でもCO2量が多いと言える水準です。一方、東京ガスは新電力の中でも排出量が少ないと言える水準なので、東京ガスの方が環境負荷が小さいと言えます。


東京ガスの電気の公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


東京ガス電気


東京ガス電気


 auでんきとの比較では、料金の安さ、サービス、環境負荷の面で優位と言えます。他の新電力との比較でも、料金水準を含め関東エリアでは選択肢の一つとしておすすめです(家庭向けシェア1位)


東京ガスの電気の公式サイト

auでんき


auショップ


 東京ガスとの比較では、どうしても見劣りしてしまうと言わざるを得ません。地域や条件によっては、新電力の中でも「お得」と言える場合もありますが、関東エリアに関しては少なくとも東京ガスの方が選択肢としては優れていると言えるでしょう。


auでんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A