東京ガスと京葉ガスの比較

東京ガスと京葉ガスの比較


 それぞれ都市ガス業者から電力事業に参入している東京ガスと京葉ガス。どちらの方が電気料金が安いのか、世帯人数別の平均使用量でのシミュレーションをもとに分かりやすく解説します。



東京ガスと京葉ガスの料金比較


  東京ガスと京葉ガスの料金を、世帯人数別の平均使用量で比較した結果をまとめます。どちらが「安い」のか一目瞭然です。


電気料金の比較


 東京電力エナジーパートナーの標準的なプランである「従量電灯B」と比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京ガス
基本プラン
ガスとセット
-3.5%
-1812円
-5.8%
-6626円
-6.5%
-8614円
-7.0%
-10736円
東京ガス
基本プラン
電気だけ
-3.1%
-1565円
-5.4%
-6091円
-6.0%
-7993円
-6.5%
-10025円
京葉ガス
マイホームあかり・ライト
20A契約不可 -4.0%
-4488円
-4.6%
-6093円
-5.1%
-7810円
京葉ガス
マイホームあかり
20A契約不可 -2.7%
-3029円
-4.6%
-6140円
-5.6%
-8625円

 いずれもセット割引を含めた試算です。東京ガスは0.5%分のセット割引があります。電気だけで契約する場合は上の削減率から0.5引いてください。


 いずれの条件でも、東京ガスの電気料金の方が京葉ガスよりも「安い」結果となりました。


 京葉ガスの電気は30A以上でないと契約できません。30A契約、一人暮らしの平均使用量で試算した場合も、東京ガスの電気料金の方が安いです。


東京ガスの電気の公式サイト

 なお、上記の料金シミュレーションでは燃料費調整の上限を考慮していないため、燃料価格の推移によっては試算値よりも高くなる場合や、燃料費調整に上限を設けている大手電力の従量電灯よりも高くなる場合があります。他の料金比較サイトを利用する場合も注意してください。料金一括シミュレーションでは最新月の燃料費調整単価をもとに試算できます。


ガス料金の比較


 ガス料金を比較したいところですが、東京ガス・京葉ガスとも双方の営業エリアには進出していないため、ガス料金の比較が出来ません。京葉ガスは東京ガスから都市ガスの供給を受けているため、そうした関係で参入が出来ないのかもしれません。


 京葉ガスのエリアでは、ニチガスが京葉ガスよりも割安な料金プランを提供しているのでこちらがおすすめです。2人暮らしの場合、京葉ガス標準メニュー(一般料金)より年間5千円以上安くなる料金プランです。ガスだけでも契約出来るので、東京ガスの電気と組み合わせるのも良いです。


サービスの違いを比較


 2社のサービスを比較します。


付帯サービス・解約条件など


東京ガス 京葉ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
付帯サービス - 駆けつけサービスが
電気に付帯
支払い方法 口座振替、クレジットカード 口座振替、クレジットカード

 京葉ガスの電気には駆けつけサービスが無料で付いています。


 京葉ガスの駆けつけサービスは電気がつかない、ブレーカーが落ちるといった「電気のトラブル」発生時に応急対応を行うものです。部品代などが実費で発生する場合がありますが、出張費や作業料は60分以内まで無料です。


東京ガスの電気の公式サイト

環境・エコは?


 供給する電力の「CO2排出量」を比較します。


CO2排出量 東京ガス 京葉ガス
2020年度 364g 478g
2019年度 364g 516g
2018年度 398g 546g
2017年度 371g 538g
2016年度 382g 566g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 東京ガスの方がCO2排出量が少ないです。東京電力と比較しても、東京ガスのCO2排出量は少ないですし他の新電力と比較しても「低排出」といえる水準です。


 一方、京葉ガスは東電と比較してもCO2排出量が多いです。直近年度の成績では、電力会社としては「平均的」といえる水準です。


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


東京ガス


東京ガスが運営する「がすてなーにガスの科学館」


 京葉ガスのエリアでは2021年現在、都市ガスの販売を行っていませんが電気だけであれば契約可能です。


 ガス会社のサービスということで電気・ガスをセット契約にすることで割引や付帯サービスを利用できるサービス体系を取っているため、現状で京葉ガスのエリアで契約するメリットは小さく感じますが、電気料金単体で見ても京葉ガスの電気よりも安いです(京葉ガスにセット割引を加えても)


 電気のCO2排出量が少ない点もメリットと言えます。


東京ガスの電気の公式サイト

京葉ガス


 東京ガスの電気と比較すると、京葉ガスの電気は「高い」です。


 京葉ガスのエリアでは東京ガスのガスを契約することは出来ませんが、他に新規参入しているガス会社があるのでこちらを検討してください。京葉ガス標準メニューより年間5千円安くなるプランもあります(2人暮らし平均使用量の場合)




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A