東京ガスとLooopでんきの比較

東京ガスとLooopでんき


 家庭向けの新電力としては圧倒的に全国1位の契約を獲得する東京ガスと、新規参入ながらも健闘を続けるLooop。この2社を、実際にそれぞれ契約した経験を持つ私が詳しく比較します。



私の利用歴


 出来るだけ多くの新電力を実際に使うことを目標としており、頻繁に電力会社を切り替えています。
 Looopでんきは2017年6〜11月の6ヶ月間、東京ガスは2018年1〜8月の8ヶ月間それぞれ自宅で利用しました。


 契約していた時の感想も交えながら両社を詳しく解説していきます。


東京ガスの検針票(ガス・電気セット)

東京ガスの検針票(ガス・電気セット)

東京ガスとLooopでんきの比較


  東京ガスとLooopでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 まずは気になる料金プランを見てみましょう。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
Looopでんき +5.1%
+2592円
-2.8%
-3093円
-6.5%
-8537円
-9.4%
-14126円
東京ガス
ずっとも電気1/セット
20A契約不可 -7.6%
-8423円
-8.4%
-10872円
-8.9%
-13362円
東京ガス
ずっとも電気1S
ガスとセット
-4.8%
-2435円
-7.1%
-7916円
-7.7%
-10079円
-8.2%
-12386円

 世帯人数ごとのモデルケースでの試算です。


 Looopは「基本料金0円」なので、契約アンペア数が大きい(=基本料金が高い)場合にお得になります。50A以上だとLooopの方が安くなることが多いでしょう。


 詳しくは料金シミュレーションで、自宅の使用量データを入力して確認してみてください。


東京ガスの電気の公式サイトLooopでんき公式サイト

サービスの違い


 まずは違いが分かりやすい付帯サービスから紹介します。
 東京ガス、Looopでんきともに「駆けつけサービス」が無料で付いていますが、対応してくれる内容に差があります(※東ガスの「ずっとも電気1S」には駆けつけサービスは無い)


東京ガス ずっとも電気1 Looop
内容 電気、水回り、鍵、ガラスなど 電気のトラブルのみ

 東京ガスの方が幅広いトラブルに「無料で」対処してくれます。


 続いて、コールセンターの対応時間を比較します。


東京ガス Looop
通話料 有料 無料
時間 平日9〜19時
土日祝9〜17時
9〜20時
年中無休

 Looopの方がより長い時間帯で対応しており、また通話料も無料です。
 両社とも数回電話で問い合わせをしていますが、どちらかというとLooopの方が電話が繋がるまでの時間が短い印象があり、その点でも顧客対応はLooopの方が上です。


 Looopは申込み後、メールで「切り替え予定日」を通知してくれましたが、東京ガスは切り替え完了後10日経ってからハガキで通知が来ました。事前に通知が無いと、いつ切り替わるのか少し不安になります。


東京ガスから届いたハガキ

東京ガスから届いたハガキ

 この他、東京ガス(ずっとも電気1のみ)はクックパッドの有料機能である「人気順検索」を利用できる特典もあります。


東京ガスの電気の公式サイト

環境・エコは?


 Looopでんきは再生可能エネルギーが26.3%、「その他」73.7%という電源構成を公表しています(2017年度実績)
 対する東京ガスは、95%がLNG火力(天然ガス)、石炭と再エネが1%ずつ、その他3%となっています(2016年度実績)


CO2排出量 東京ガス Looop
2017年度 371g 505g
2016年度 382g 505g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 再エネの比率はLooopの方が高いものの、CO2排出量は東京ガスの方が少ないです。この値は全国の新電力の中でも優秀な値と言えます。


東京ガスの電気の公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


東京ガスの電気


東京ガスの「見える化」

東京ガスの「見える化」

 全国の新電力の中で最多の契約件数を獲得しています。


 契約アンペア数が小さい(40A以下)家庭では、Looopよりも東京ガスの方が料金が安くなることが多いでしょう。付帯サービスや環境負荷という点でも、東京ガスの方が上回っています。


東京ガスの電気の公式サイト

Looopでんき


Looopでんきの「見える化」

Looopでんきの「見える化」

 新規参入の新電力の中では健闘している注目のエネルギーベンチャー。中部電力から出資を受け、今後の展開にも注目が集まっています。


 契約アンペア数が50Aの家庭におすすめです。東京ガスよりも低料金になるケースが多いです。また、そもそも東京ガスの「ガス」を使っていない世帯では、40AでもLooopの方が安くなることが多いでしょう。


Looopでんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A