オクトパスエナジーと東京ガスの比較 電気代が本当に安いのは?

広告

オクトパスエナジーと東京ガスの比較


 オクトパスエナジーと東京ガス、電気代が本当に安いのはどちらなのか。世帯人数別の平均使用量でのシミュレーションをもとに、サービスの違いも含めて徹底比較します!



オクトパスエナジーと東京ガスの比較


  オクトパスエナジーと東京ガス、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


電気料金の比較 どちらが安い?


 各地域の大手電力会社の標準的なプランと比較して、年間いくらお得になるのか。世帯人数ごとの平均使用量で試算した結果を紹介します(2024年7月分の燃料費調整単価による試算値)


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
2023-12
+1322円 -1047円 -2540円 -4119円
東京ガス
基本プラン
ガスとセット
-1203円 -5081円 -6947円 -8927円
東京ガス
基本プラン
電気だけ
-846円 -4322円 -6073円 -7933円

 いずれの条件においても、オクトパスエナジーより東京ガスの方が割安です。オクトパスエナジーの方が料金が安いイメージがありますが、親会社の東京ガス本体の電気料金の方が安いです。


オクトパスエナジー公式サイト 東京ガスの電気の公式サイト

サービスの違い


オクトパスエナジー 東京ガス
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 無し
付帯サービス 無し 無し
支払い方法 クレジットカード、口座振替
コンビニ払い(有料)
クレジットカード、口座振替

 2社とも付帯サービスなどは無く、シンプルな内容です。東京ガスは過去に付帯サービスを付けていたことがありますが、現在は廃止されています。


 サービス内容については特に大きな差は無いと評価できます。


東京ガスのマイページ

東京ガスのマイページ

 しいていえば、東京ガスはウェブのマイページ上で自宅の電気使用量を確認できる機能がかなり充実しており、診断機能なども提供しています。私は15社以上の新電力を利用した経験がありますが、新電力の中でも随一の内容です。


オクトパスエナジー公式サイト 東京ガスの電気の公式サイト

環境・エコは?


CO2排出量 オクトパスエナジー
グリーンオクトパス
2023-12
東京ガス
2022年度 0g 442g
2021年度 0g 442g
2020年度 未参入 277g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 オクトパスエナジーのグリーンオクトパス2023-12は非化石証書という仕組みを利用することで、実質的に再生可能エネルギー100%・CO2排出量ゼロの電気を供給しています。


 東京ガスのCO2排出量も新電力の中では少ないと評価できる水準です。オクトパスエナジーのグリーンオクトパス2023-12と比較するとどうしてもCO2排出量は多くなりますが、環境負荷は「やや小さい」と言える水準です。


オクトパスエナジー公式サイト 東京ガスの電気の公式サイト

特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


オクトパスエナジー


 イギリスのオクトパスエナジーと東京ガスの合弁会社です。「グリーンオクトパス2023-12」では実質再生可能エネルギー100%の電気を供給します。


 東京ガスと比較すると、電気代はどうしてもオクトパスエナジーの方が高くなりますが、一方でCO2排出量が実質ゼロ(グリーンオクトパスの場合)という付加価値があります。


 公式サイトや料金メニューが分かりづらい点はデメリットとして指摘できます。料金メニューは他社では月額料金表示が一般的ですがオクトパスエナジーは日割り、また燃料費調整単価が異なる点も他社との比較がしづらいです。


 当サイトのリンクからオクトパスエナジーに申し込むことで、電気代が最大15000円割引になる「サイト de オクトパス割」を実施しています。初回請求時から12ヶ月にわたり、電気代が毎月1250円割引になります(合計で最大15000円) 途中で解約した場合は割引を受けることはできません。


オクトパスエナジー公式サイト

東京ガス


東京ガス電気


 全国の新電力の中で最多、300万件(2022年10月時点、電力需要実績)に電力を供給しています。


 オクトパスエナジーの親会社の一つですが、オクトパスエナジーよりも東京ガスの方が電気代が「安い」です。電気代で比較すると東京ガスの方に軍配が上がります。


 ほか、マイページの電気使用診断機能が充実している点もメリットとして指摘できます。


東京ガスの電気の公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社