UQでんきとENEOSでんきの比較


UQでんきは新規受付を終了しました。この記事は過去情報です。

UQでんきとENEOSでんきの比較


 UQでんきとENEOSでんき。この2社で本当に電気代が安いのはどちらなのか、世帯人数別・地域別の分かりやすいシミュレーションや、サービス内容を詳しく比較します。



UQでんきとENEOSでんきの比較


  UQでんきとENEOSでんき、何が違うのかあらゆる角度から比較していきます。


料金プランの比較 どちらが安い?


 まずは電気料金を、世帯人数ごとの「平均使用量」で地域別に比較します。大手電力の標準メニューと比較して年間でいくら安くなるのか試算しました。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
UQでんき -2.8%
-1679円
-4.6%
-6067円
-4.6%
-7055円
-4.6%
-8098円
ENEOSでんき
北海道Bプラン
-3.9%
-2368円
-5.6%
-7484円
-6.0%
-9163円
-6.2%
-10958円
ENEOSでんき
2年契約
-4.6%
-2774円
-6.3%
-8315円
-6.5%
-10097円
-6.8%
-12002円

 電気代として見ると、いずれの条件においてもUQでんきよりENEOSでんきの方が安いです。


 ただし、上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、セット割を含めると多くの一般家庭ではUQでんきの方が安くなります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
UQでんき -1.0%
-487円
-4.6%
-5061円
-4.6%
-5933円
-4.6%
-6853円
ENEOSでんき
東北Bプラン
-2.2%
-1073円
-3.6%
-3946円
-4.0%
-5094円
-4.2%
-6321円
ENEOSでんき
2年契約
-3.0%
-1479円
-4.3%
-4777円
-4.7%
-6028円
-4.9%
-7364円

 2人暮らしのみ僅差でUQでんきが安く、それ以外の条件ではENEOSでんきが安い結果となりました。


 上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、その分も含めると多くの一般家庭ではENEOSでんきよりもUQでんきが安くなります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
UQでんき -0.9%
-485円
-4.6%
-5204円
-4.6%
-6082円
-4.6%
-7010円
ENEOSでんき
Vプラン
-2.8%
-1412円
-6.4%
-7237円
-7.2%
-9566円
-7.9%
-12057円
ENEOSでんき
2年契約
-3.6%
-1824円
-7.1%
-8065円
-7.9%
-10497円
-8.6%
-13098円

 いずれの条件においても、UQでんきよりENEOSでんきの方が電気代が安いです。


 上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、その分も含めると多くの一般家庭ではENEOSでんきよりもUQでんきが安くなります。セット割対象が1回線分のみの場合は、4人以上の世帯ではENEOSの方がなお安いです。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
UQでんき -1.0%
-497円
-4.6%
-5134円
-4.6%
-5962円
-4.6%
-6837円
ENEOSでんき
中部Bプラン
-1.9%
-977円
-3.2%
-3552円
-3.6%
-4654円
-3.9%
-5832円
ENEOSでんき
2年契約
-2.7%
-1388円
-3.9%
-4397円
-4.3%
-5601円
-4.6%
-6889円

 2・3人世帯ではUQでんきが安く、1・4人世帯ではENEOSでんきの方が電気代が安いです。


 上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、その分も含めると多くの一般家庭ではENEOSでんきよりもUQでんきが安くなります。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
UQでんき -1.0%
-425円
-2.8%
-2626円
-4.6%
-5036円
-4.6%
-5762円
ENEOSでんき
北陸Bプラン
-2.1%
-946円
-3.6%
-3417円
-4.0%
-4396円
-4.3%
-5441円
ENEOSでんき
2年契約
-3.0%
-1352円
-4.5%
-4248円
-4.9%
-5329円
-5.2%
-6485円

 全ての試算条件でUQでんきよりもENEOSでんきの方が電気代が安い結果となりました。


 上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、その分も含めると多くの一般家庭ではENEOSでんきよりもUQでんきが安くなります。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
UQでんき -1.0%
-428円
-4.6%
-4662円
-4.6%
-5340円
-4.6%
-6066円
ENEOSでんき
関西Aプラン
-4.3%
-1922円
-5.9%
-5964円
-6.0%
-7013円
-6.2%
-8136円
ENEOSでんき
2年契約
-5.1%
-2297円
-6.6%
-6758円
-6.8%
-7910円
-6.9%
-9143円

 全ての試算条件において、UQでんきよりもENEOSでんきの方が電気代が安い結果です。


 上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、その分も含めると多くの一般家庭ではENEOSでんきよりもUQでんきが安くなります。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
UQでんき -1.0%
-448円
-4.6%
-4884円
-4.6%
-5582円
-4.6%
-6329円
ENEOSでんき
中国Aプラン
-2.3%
-1075円
-3.8%
-4073円
-4.3%
-5217円
-4.7%
-6441円
ENEOSでんき
2年契約
-3.1%
-1446円
-4.6%
-4868円
-5.0%
-6115円
-5.4%
-7449円

 2人暮らしのみUQでんきが僅差で安く、それ以外の条件ではENEOSでんきの方が電気代が安いです。


 上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、その分も含めると多くの一般家庭ではENEOSでんきよりもUQでんきが安くなります。


お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
UQでんき -1.0%
-452円
-4.6%
-4920円
-4.6%
-5640円
-4.6%
-6411円
ENEOSでんき
四国Aプラン
-1.9%
-890円
-4.0%
-4334円
-4.7%
-5742円
-5.2%
-7249円
ENEOSでんき
2年契約
-2.7%
-1270円
-4.8%
-5139円
-5.4%
-6650円
-5.9%
-8266円

 全ての試算条件において、UQでんきよりもENEOSでんきの方が安い結果となりました。


 上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、その分も含めると多くの一般家庭ではENEOSでんきよりもUQでんきが安くなります。


 


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
UQでんき -1.0%
-443円
-4.6%
-4625円
-4.6%
-5408円
-4.6%
-6235円
ENEOSでんき
九州Bプラン
-2.1%
-972円
-3.7%
-3699円
-4.1%
-4857円
-4.5%
-6095円
ENEOSでんき
2年契約
-3.0%
-1377円
-4.5%
-4530円
-4.9%
-5791円
-5.3%
-7139円

 2人暮らしのみUQでんきが安く、そのほかの条件ではENEOSでんきの方が電気代が安い結果となりました。


 上の試算にはUQでんきセット割を含めていないので、その分も含めると多くの一般家庭ではENEOSでんきよりもUQでんきが安くなります。


 なお、2社とも燃料費調整に上限が無いため、燃料価格の推移によっては大手電力の従量電灯よりも電気代が高くなる場合があります。上記の試算には燃料費調整の上限を含めていません。


サービスの違い


UQでんき ENEOSでんき
初期費用 無し 無し
解約時の違約金 無し 2年契約は
途中解約で1100円
見える化 あり あり
付帯サービス 無し 駆けつけサービス
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替

 ENEOSでんきは付帯サービスとして、駆けつけサービスを提供しています。駆けつけサービスでは電気のトラブル(電気がつかない、コンセントが焦げ臭い等)の際に無料で応急対応を行うものです。ENEOSの場合は年に3回まで、電球交換にも対応してくれます(電球代、部品代などは実費で必要)


環境・エコは?


CO2排出量 UQでんき ENEOSでんき
2020年度 417g 472g
2019年度 560g 494g
2018年度 574g 494g
2017年度 577g 509g
2016年度 667g 459g

 環境省を通じて公表された、「CO2排出係数」のデータです。1kWhの電気を供給するごとに、どれだけのCO2を排出するのかを表す数値です。


 過去の傾向として、KDDIよりもENEOSの方がCO2排出量が少ない電力を供給していると評価できます。ENEOSは新電力としては平均的、KDDIは新電力としては排出量が大きいです。ただし2020年度で比較するとUQでんきの方が優秀です。


 なお、UQでんきは東北・四国・九州の3エリア以外では各地域の大手電力が電力を供給しており、各社のCO2排出量、電源構成に準じます。


特徴をまとめると・・


 最後に、2社の特徴をまとめます。


UQでんき


UQでんき


 セット割引を含めて計算すると、全国の大部分の家庭でENEOSでんきよりも安いです。でんきセット割が1回線分だけの場合でも安いですし、2回線分以上あれば更に大幅に安いと言えます。


 なお、UQでんきは同じくKDDIが提供しているauでんきとほぼ同一のサービスで、auでんきを契約してもUQでんきセット割が適用されます。料金も同じです。


auでんき公式サイト

ENEOSでんき


ENEOS


 電気料金だけで比較すると、UQでんきよりもENEOSでんきの方が安くなる世帯が多いです。セット割引無しでシンプルに安くなる分かりやすさが利点と言えます。


 UQでんき・auでんきには無い駆けつけサービスが付帯しており、サービス面でも優れていると言えます。供給している電力のCO2排出量もUQ/auより少なく、環境負荷が小さいです。


公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A