空き家におすすめの電力会社

空き家の電気代を安くする方法


 日本にある空き家の数は、なんと820万戸。その数は今後もますます増加していくと言われています。そんな空き家でも、清掃などのために電気の契約を維持しているケースは多いでしょう。


 空き家に「最適」な電気料金プランを選ぶことで、毎月の電気代が半額以下に出来るケースもあります。おすすめの電力会社や、選ぶ際の注意点を紹介します。



まずやるべきこと


契約アンペアの見直し


アンペア数を見なおそう


 そこで暮らす予定が当分無いのであれば、まずはアンペア数の見直しを行ってください。誰も暮らしていない家で40Aも50Aも必要ありません。掃除機と明かりを使うだけなら、15Aもあれば充分です。この見直しをするだけで、年間8400円の節約(40A→15A:東電の場合)になります。


 なお、関西・中国・四国・沖縄電力のエリアでは、アンペア指定の契約では無いため、この手は使えません。また、アンペアの変更は無料で出来ますが、原則として1年に1度程度しか出来ないので、1年以内に再び暮らし始めることが無い場合のみ有効です。


 最近は「基本料金0円」のプランもあるので、そうしたプランを選ぶことでアンペア数を変更することなく、料金を下げることも可能です。


不要ならブレーカーは落とす


 常時通電しておく必要が無いのであれば、ブレーカーは落としておきましょう。


 1ヶ月の間に電気を全く使わなければ、「最低月額料金」という料金が適用され、とても安くなります。
 例えば東電の場合は235.84円ですから、15Aの基本料金より更に200円/月近く安いです。漏電による火災などのトラブルも防げるので一石二鳥です。防犯のために明かりを点けておきたいとか、給湯器の凍結防止などの諸事情を考慮して判断してください。


 家全体でブレーカーを落とさずとも、必要な箇所だけ残して分電盤で不必要な箇所だけ落としておくのもおすすめです。不必要な消費電力を削減することが出来ます。


乗り換え先のおすすめは?


 では、どこの電力会社を選ぶのがよいのでしょうか?
 全国401社の料金プランをチェックしている私が、空き家におすすめの電力会社を紹介します。


Looopでんき


 Looopでんきは最低月額料金・毎月の基本料金ともに0円です。
 つまり、電気を全く使わなかった月は全くお金がかからない、ということです。


 ブレーカーを落としっぱなしか、あるいは大きなアンペア数で空き家を維持しておく必要がある場合は、かなりお得です。基本料金が0円なので、使用量が少なくても30A以上の契約であれば大手電力会社よりお得です。


 逆に、アンペア契約でない関西・中国・四国地域の空き家では、大手電力会社よりも割高になる可能性もあるので注意が必要です。


Looopの見える化のグラフ

電気使用量を遠隔で確認できる「見える化」

 また、ウェブから電気の使用状況を確認できる「見える化」サービスを使えるので、離れた自宅からでも空き家の電気の状況(30分ごとの使用量のグラフなど)を確認できます。防犯対策に役立ちます。


Looopでんき公式

あしたでんき


 Looopでんきと同じく、「基本料金ゼロ円」の料金プランを掲げている会社です。
 先行して参入し契約を伸ばしているLooopよりも、料金単価が更に0.5円/kWh安いのでこちらの方がお得です。「見える化」も利用できます(ただし1時間ごとのグラフ:Looopは30分単位)


あしたでんきの見える化グラフ

1時間単位で使用量を確認できる

 Looopが対応している北海道、北陸、四国には対応していないので、それらの地域ではLooopを選びましょう。


あしたでんきの公式サイト



関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A