5人家族の電気代が安いおすすめの新電力会社

広告

5人家族で安くなる新電力会社は?


 5人家族の平均電気代を紹介した上で、全国449社から厳選して5人世帯の電気代が安くなる新電力会社を紹介します。



5人世帯の平均電気代は?


 まずは5人家族の平均電気代を紹介します。


政府統計では月12945円


 電気料金については、総務省が実施している「家計調査」という統計で毎月調査が行われています。家計調査によれば、2019年度の5人世帯の平均電気代は月12945円でした。


 なお、当サイトではこの金額から逆算して5人世帯の平均的な電気の使用条件を月443kWhとします(契約容量は50A)


多く使うと割高になる日本の電気料金制度


 日本の電気料金プランは、使用量が増えるごとに料金単価自体が割高となる仕組みが取られています。5人家族のように、電気を多く使う世帯では電気代がより高額になる特徴があります。


 日本の一般的な電気料金プランは、使用量が増えるごとに3段階で料金単価が高くなっていく料金体系となっています。一人暮らしのように使用量が安ければ料金単価も安く抑えられますが、5人家族のように多く使うと高くなってしまいます。


3段階制料金プラン

一般的な3段階制料金プラン

 電力自由化によって参入した新電力は、3段階目の料金単価を大手電力より安く設定することで、利益を確保しつつ料金削減メリットを提供しています。5人家族では電力会社を切り替えるメリットがより大きいと言えます。


5人家族の電気代が安い新電力の一覧


 5人家族の電気代が安くなる新電力会社を、全国449社から厳選して条件ごとに紹介します(平均使用条件を50A契約、月443kWhと想定)


北海道・東北・中部・中国で安い電力会社


 上記エリアの5人暮らし世帯の平均使用条件では、ミツウロコでんきの従量電灯が最安水準です。


 解約違約金や初期費用もありません。ミツウロコでんきは1926年創業でガソリンスタンドやプロパンガスの販売を手掛けるミツウロコグループの電力部門です。



関東の5人暮らし世帯で安い電力会社


 東京電力エリアではCDエナジーが安いです。CDエナジーは中部電力と大阪ガスが共同で設立し、首都圏で営業している新電力会社です。


 5人世帯の平均使用条件ではCDエナジーの「ファミリーでんきプラン」が安いでです(当サイトで掲載している449社・5534プラン中、市場連動型プランを除く) 東京ガスの「基本プラン」やENEOSでんき「Vプラン」などと比較してもCDエナジーの方が割安です。解約違約金・初期費用はありません。



北陸・四国電力エリアの5人暮らし世帯で安い電力会社


出光


 北陸・四国電力エリアでは出光でんきが安いです。平均使用条件で北陸では北陸電力より年間約5300円、四国では四国電力より6800円安いです。


 解約違約金や初期費用もありません。加えて出光やシェルのガソリンスタンドでの給油がリッター2円引きになる特典もあるのでマイカーをお持ちの方は更にお得です。



関西の5人暮らし世帯で安い電力会社


 関西電力エリアでは奈良電力が安いです。解約違約金・初期費用はありません。燃料費調整に上限を設けています。


 関西では燃料費調整額の関係で、大阪ガスなど大多数の新電力が関電標準メニューより割高になっています。奈良電力のように燃料費調整額に「上限」を設けている新電力でないと関電より割高になるのでご注意ください。


九州の5人暮らし世帯で安い電力会社


 九州電力エリアではコスモ石油のコスモでんきが安いです。5人暮らしの平均使用量では「スタンダード」の方が安いです。解約違約金・初期費用はありません。燃料費調整に上限を設けています。


沖縄の5人暮らし世帯で安い電力会社


 沖縄では楽天でんきが安いです。沖縄電力の従量電灯と比べて5人暮らしの平均使用量で約1.8%安くなる料金プランです。楽天でんきは他のエリアでは電気代高騰リスクがある市場連動型プランですが、沖縄では市場連動型ではないため安全です。


 初期費用や解約違約金などもありません。


 電気の新規契約5千円分のポイントが付与されるキャンペーンを2024年8月2日9時59分まで実施しています。適用には新規契約など諸条件があるので詳細は公式サイトで確認してください。



オール電化住宅ではオール電化プランを


 上で紹介した会社はいずれもオール電化住宅で契約すると割高になるので注意してください。


オール電化


 オール電化住宅では、オール電化用の料金プランを契約しないと電気代が年間で数万円程度割高になることが多いです。オール電化プランの切り替えについては、以下の記事を参考にしてください。大手電力が「最安」の場合もあるので、乗り換えには注意が必要です。




関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社