20A契約の電気代が安い新電力会社の一覧

広告

最大約5千円安い!20Aで電気代が安い新電力会社一覧


 一人暮らしに多い20A契約。その電気代が安い新電力を、全国449社から厳選して紹介します。



20Aでは契約できない新電力も多い


 本題に入る前に、20A契約で電力会社を切り替える際の注意点を紹介します。


20A不可の新電力が多い


 電力自由化で多数の新電力が参入しましたが、20Aでの契約を受け付けていないところが少なくありません。


 例えば当サイトの電気料金シミュレーションで東京電力エリアを調べてみると、40A契約では442プラン選べるのに対し、20Aでは160プラン(いずれも記事執筆時点)と半分以下に減ります。


 選択肢が限られる、というのが20A契約の苦しいところです。


契約できても「割高」になる料金プランも


 20A契約の場合、電気の使用量が「少ない」です。


 日本の電気料金プランは使用量が増えるごとに3段階で料金単価が高くなる料金体系が一般的で、使用量が少ないと割安、多ければ割高となります。


3段階制料金プラン

一般的な3段階制料金プラン

 電力会社にとって、使用量が多いお客さんは売上だけでなく利幅が大きいです。一方、使用量が少ないお客さんは利益率が低いどころか、赤字になる場合もあるため、新電力の料金プランは使用量が少ない場合に大手電力よりも「割高」に設定されている場合があります。


 実際に、東京電力エリア20A契約で月170kWhという条件で調べると、160プラン中60プランは東電よりも「高くなる」料金設定です(いずれも記事執筆時点の情報) 注意して選ぶ必要があります。


20Aで安い電力会社の一覧


 選択肢が少ない、割高になるリスクもある20A契約ですが「ちゃんと」安くなる新電力もあります。地域ごとに最安水準の新電力を紹介します(使用量月170kWhを想定)


東北・中部ではPontaでんき


 Pontaでんきは大手電力従量電灯プランとほぼ同額の料金水準の電気料金で、Pontaポイントが毎月定額で150ポイント付与されて値引きされる料金体系です。割引が固定額なので、電気代が安いとこのポイント還元分が効果を発揮するので20A契約では最安水準の料金プランと言えます。各地域の大手電力の標準メニューとの料金比較は以下のとおり。


地域 料金削減(年)
東北電力エリア -1800円
中部電力エリア -1800円

 解約違約金や初期費用もありません。PontaでんきはKDDI系の会社が提供しており、その点でも安心感があります。


 公式サイトからの新規申込みで2000円分のPontaポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。この割引は当サイトの試算には含めていません。Pontaでんき開通月の翌翌月までに特典ポイントが付与されます。



関東ではCDエナジー


 CDエナジーは中部電力と大阪ガスが共同で設立し、首都圏で営業している新電力会社です。東京ガスやENEOSでんき、auでんきなど主要な新電力と比較しても安いです。 東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)との料金比較は以下のとおり(2024年5月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


年間節約額 20A/月170kWh
CDエナジー
ベーシックでんき
-1888円

 20A契約の場合、「ベーシックでんきプラン」が安いです。解約違約金や初期費用などもありません。



北海道・北陸電力エリアではオクトパスエナジー


 北海道・北陸電力エリアではオクトパスエナジーのグリーンオクトパス2023-12が安いです。大手電力の標準メニューと料金を比較します。


エリア 年間節約額
20A/月170kWh
北海道電力エリア -5775円
北陸電力エリア -5619円

 オクトパスエナジーは東京ガスと英国の電力大手オクトパスエナジーの合弁会社です。解約違約金や初期費用は無く、また電気代高騰リスクがある市場連動型プランにも該当しません。この2エリアでは頭一つ飛び抜けて安い電力会社です。


 当サイトのリンクからオクトパスエナジーに申し込むことで、電気代が最大15000円割引になる「サイト de オクトパス割」を実施しています。初回請求時から12ヶ月にわたり、電気代が毎月1250円割引になります(合計で最大15000円) 途中で解約した場合は割引を受けることはできません。



九州は九州電力が「安全」


 2022年下半期から2024年現在に至るまで、九州では新電力の電気代が高騰しています。九州では多くの新電力会社が九州電力の標準メニューである従量電灯Bよりも電気代が高く推移しています。したがって九州電力エリアにお住まいの方には九州電力の「従量電灯B」を推奨します。




関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社