付帯サービスで選ぶ電力会社

付帯サービスで選ぶという選択肢も


 電力自由化では「電気料金」にばかり注目が集まっていますが、各社趣向を凝らした「付帯サービス」で差別化を図ろうという動きもあります。電力会社の特徴的なサービスを紹介します。



新電力の特徴的なサービス


 各社の特徴的な付帯サービスを紹介します。


駆けつけサービス


 何かトラブルが発生した時に、自宅まで「無料」で作業員を派遣し、対応してくれる駆けつけサービスを提供している新電力があります。


新電力の「駆けつけサービス」


 電気が点かない、コンセントが焦げ臭いといった「電気のトラブル」だけでなく、水回りや鍵、ガラスのトラブルなど幅広いトラブルに対応するものまで様々です。


 一般的に、工事業者を家に呼ぶと出張費だけでも5千円以上掛かってしまうことが多いですが、駆けつけサービスはそれが無料なのでお得です(部品代などは実費で請求される場合もある)
 また、何かトラブルが発生した時に、どこに何を問い合わせるのか右往左往する人も少なくありません。「問い合わせ先」が明確になっている点でも安心感があります。


 駆けつけサービスについては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてください。


家電の無料修理サービス


 とても特徴的なサービスとして、家電製品の無料修理サービスを提供している新電力があります。


 大手旅行会社であるエイチ・アイ・エスの関連会社、HTBエナジーが提供しているニチデンというプランで、家電の無料修理サービスが付いています。


 国内外200以上のメーカーの、50以上の品目の修理を「無償」で行うというサービスです。購入から10年以内の製品が自然故障した場合に対応してくれます。


見える化


 多くの新電力が無料で提供しているサービスなので「特徴的」ではありませんが、あると便利なサービスです。


Looopでんきの「見える化」

Looopでんきの「見える化」

 ウェブサイトにログインすることで、自宅の30分ごとの電気使用量の推移を確認することが出来ます。電気の使い方を見直すのに役立つサービスです。節電意識の向上や、エアコンなど家電製品の使い方の見直しに活用出来ます。


 データが「数時間遅れ」でほぼリアルタイムで更新される新電力もあるので、例えば離れて暮らす家族の安否確認にも活用できます。


使い方によっては電気代以上にお得になる


 単なる電気料金の見直しでも、年間1〜2万円程度の節約になることが多いです。ですが上で紹介したような付帯サービスを活用することが出来れば、更に数万円のメリットを得られる可能性もあります。


 単に電気料金が「最安値」の会社を選ぶのではなく、こうした付帯サービスにも注目した電力会社選びをすることで、かえって節約幅が大きくなったり、あるいは利便性向上という効果も期待できます。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A