auユーザーにおすすめの電力会社 | セット割引でお得に選ぶ

必ずしもauでんきがお得とは限らない


 auでんきは既に世間で定着している名前ですが、auユーザーだからといってauでんきが「お得」とは限りません。auユーザーに本当におすすめできる新電力会社を解説します。



auユーザーにはauでんき?


 auが提供している「auでんき」はauユーザーにおすすめ出来る内容なのか。詳しく検証していきます!


「auでんき」ってどんなサービス?


 まずはauでんきのサービスの概要を解説します。詳しい説明は以下の記事もあわせてご覧ください。


 auでんきの最大の特徴は以下の2点です。



 auでんきの電気料金は、多くの世帯が利用している大手電力会社の「従量電灯」プランと同額です。


 その代わりに、毎月の電気料金の額に応じて1〜5%分をPontaポイントで還元する形で実質的な値引きが行われるシステムになっています。スマホ代が安くなるといった割引はありません。


auでんき公式サイト

新電力としては下位クラスの節約額


 この1〜5%のポイントバックというのは、率として見てみると全国300社以上ある新電力の中でも「下位クラス」と言える水準です。


 料金によって変動するため一概には言えませんが、一人暮らし世帯だと毎月1%還元でほぼ固定、4人暮らし世帯でも3〜5%還元といったところでしょう。


 地域によっては新電力への乗り換えで10%以上安くなる例も珍しくないので、それと比べるとauでんきの削減額は「半分以下」ということになります。


オール電化には非対応


 また、注意点としてauでんきにはオール電化用の料金プランがありません。もしオール電化住宅でauでんきを契約してしまうと、月々の電気代が大幅に高くなってしまうため注意が必要です。


 オール電化住宅にお住まいの場合は以下の記事を参考にしてください。


auユーザーにおすすめの電力会社は?


 せっかく乗り換えるならもっと安くなる会社を。ということでauユーザーの方におすすめの電力会社を紹介します。


二人以上の世帯には


Looopでんき


 二人暮らし以上の世帯では、「基本料金0円」で注目を集める「Looopでんき」がおすすめです。


 多くの地域で「最安値級」の低料金を実現している会社で、私も自宅で契約しています。セット割引などは使わず、電気だけでシンプルに安くなる点や、短期間で解約しても違約金の発生が無い点でも契約しやすい会社です。


Looopでんき公式

一人暮らし世帯には


 電気の使用量が少ない一人暮らし世帯では、電力会社を乗り換えることによって逆に料金が割高になってしまうことも珍しくありません。もっとも、auでんきなら1%程度安くなるわけですが。


HIS系のHTBエナジーが一人暮らしにおすすめ


 一人暮らし世帯については、大手旅行代理店エイチ・アイ・エスが設立した「HTBエナジー」という新電力がおすすめです。


 この会社は使用量に関係なく、大手と比較して「一律5%引き」(一部地域を除く)を宣言しているとおり、使用量が少なくても電気料金が5%安くなるプランを掲げています。auでんきが「1%オフ」であるのと比べると、圧倒的にお得です。


 ただし、HTBエナジーは20A以下では契約できないのでご注意ください。20A以下で契約している場合は、auでんきがおすすめです(月数十円安くなるだけですが)


HTBエナジーの公式サイトを見る

auでんき以外のサービスは?


 KDDIがauユーザー向けに提供しているサービスは、実はauでんきだけではありません。


ENEOSとの提携の内容は?


 2016年4月にKDDIとENEOS(JX)の提携が発表されたせいか、「auでんき ENEOS」と検索する人が多いようです。


auとENEOSの提携の内容は?


 この提携に関しては、今のところauショップでENEOSでんきを紹介するというのが提携の中身になっています。


 auユーザーが安い値段で給油できるようになったり、ENEOSでんきの割引がある、といったことは無いのでご注意ください。電気料金で見ると、auでんきよりENEOSでんきの方が安いです。


ENEOSでんきの公式サイトを見る



関連記事

ENEOSでんきの口コミ・評判

ENEOSでんきの料金プランやセット割引を詳しく解説しています

auでんきの口コミ・評判

auでんきの料金プランやセット割引を詳しく解説しています

セット割でお得に選ぶ新電力

ガスや携帯電話料金とセットでお得になる新電力

携帯電話・スマホとのセット割引で選ぶ電力会社

電気とスマホのセット割引を通信会社ごとに紹介します

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A