ドコモでんきのメリット・デメリット

ついに開始。ドコモでんきのメリット・デメリット

運営会社 ドコモ 電力調達 NTTアノードエナジー
供給エリア 沖縄・離島除く全国 契約条件 特に無し

ドコモでんきの特徴


 2016年から電力自由化に参入していたソフトバンク、auから遅れること6年。2022年3月からサービス提供が始まるのが「ドコモでんき」です。


 ドコモのスマホ契約者がお得になるセット割引や、dカードGOLDとのセット割引を提供しているのが特徴です。他社の料金サービスと比較しながら、メリット・デメリットを分かりやすく解説します。


公式サイト

料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
Green
+5.3%
+3231円
0%
-34円
-0.7%
-1018円
-1.2%
-2057円
東北電力エリア
Green
+7.5%
+3730円
+0.9%
+985円
+0.1%
+117円
-0.5%
-797円
東京電力エリア
Green
+7.1%
+3662円
+0.7%
+825円
0%
-48円
-0.6%
-972円
中部電力エリア
Green
+6.9%
+3612円
+0.8%
+899円
+0.1%
+75円
-0.5%
-795円
北陸電力エリア
Green
+8.9%
+3973円
+1.8%
+1684円
+0.9%
+1002円
+0.2%
+281円
関西電力エリア
Green
+8.8%
+3947円
+1.4%
+1370円
+0.6%
+696円
0%
-24円
中国電力エリア
Green
+8.3%
+3876円
+1.1%
+1154円
+0.4%
+460円
-0.2%
-282円
四国電力エリア
Green
+8.0%
+3826円
+1.0%
+1111円
+0.3%
+395円
-0.3%
-370円
九州電力エリア
Green
+8.5%
+3902円
+1.4%
+1420円
+0.6%
+646円
-0.1%
-170円

 非化石証書を利用することで、CO2排出量を実質ゼロとした料金プランです。環境配慮型である分、電気代は「Basic」よりも割高に設定されています。


 大手電力の標準メニューと同額の料金単価で、そこに+月500円。そこから税抜の電気代に対して3〜10%が還元される料金体系です。


 多くの一般家庭では大手電力標準メニューよりも割高となりますが、環境に配慮した電力を使うことが出来ます。上記の試算はドコモ回線契約者・非dカードGOLD会員の場合(約5%還元)での試算です。その他の条件については当サイトの電気料金一括シミュレーションで確認出来ます。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
Basic
-2.7%
-1661円
-2.7%
-3620円
-2.7%
-4210円
-2.7%
-4834円
東北電力エリア
Basic
-2.7%
-1361円
-2.7%
-3008円
-2.7%
-3529円
-2.7%
-4078円
東京電力エリア
Basic
-2.7%
-1402円
-2.7%
-3104円
-2.7%
-3629円
-2.7%
-4183円
中部電力エリア
Basic
-2.7%
-1432円
-2.7%
-3060円
-2.7%
-3554円
-2.7%
-4077円
北陸電力エリア
Basic
-2.7%
-1215円
-2.7%
-2589円
-2.7%
-2998円
-2.7%
-3431円
関西電力エリア
Basic
-2.7%
-1231円
-2.7%
-2777円
-2.7%
-3182円
-2.7%
-3614円
中国電力エリア
Basic
-2.7%
-1274円
-2.7%
-2907円
-2.7%
-3323円
-2.7%
-3769円
四国電力エリア
Basic
-2.7%
-1304円
-2.7%
-2933円
-2.7%
-3362円
-2.7%
-3822円
九州電力エリア
Basic
-2.7%
-1258円
-2.7%
-2747円
-2.7%
-3212円
-2.7%
-3702円

 大手電力の標準メニューと同額の電気料金に、約2〜3%のポイント還元が行われることで値引きされる料金体系です。ポイント還元は税抜の電気料金に対して行われます。


 一人暮らしなど、使用量が少ない世帯では新電力としてはまずまずの料金水準ですが、2人以上の世帯の平均使用量では平均的、3人以上のファミリー世帯の使用量では「割高」と言える料金設定です。


 なお、上の試算はドコモ回線契約者の場合の料金です(税抜額に3%還元、税込み額に2.73%還元としてポイントを含めて計算) 非ドコモ回線契約者の場合は当サイトの電気料金一括シミュレーションで確認出来ます。

公式サイト

解約時の違約金は?


 解約金はありません。また初期費用もありません。


支払い方法は?


 回線契約者は通信料金と一緒に、回線契約が無い人はカード払いのみ対応しています。


最新のキャンペーン情報


 2022年5月末までの申込みでdポイントが1800ポイントもらえるキャンペーンを実施しています。


公式サイト

ドコモでんきの評価


 


ポイント還元の仕組みには注意が必要


 ドコモでんきはdポイントによるポイント還元が最大の特徴と言えますが、そこには注意すべき点があります。


ドコモでんき
Green
ドコモでんき
Basic
回線契約者 dカードGOLD会員 10%
→税込ベース約9.09%
3%
→税込ベース約2.73%
dカードGOLD無し 5%
→税込ベース約4.55%
回線契約無し 3%
→税込ベース約2.73%
2%
→税込ベース約1.82%

 他の新電力でも電気代に対してポイント還元を行っている会社は少なくありませんが、税込みの電気料金に対してポイント還元を行っているものが多いです。それに対しドコモでんきでは、税抜の電気料金に対してポイント還元が行われるため、税込ベースで見るとポイント還元はやや低下します。


 料金を比較する際に注意が必要なポイントです。


公式サイト

新電力としては「平均」〜「やや割高」な料金設定


 ドコモでんきBasicの料金設定は、新電力の料金水準としては「平均」〜「やや割高」と言えるものです。


 特に電気の使用量が大きいファミリー世帯では相対的に割高です。地域にもよりますが、大手電力標準メニューより15%以上安くなる新電力もある中、最大で実質2.73%引きというのは割高と言わざるを得ません。


 一方、使用量が少ない一人暮らし世帯では、悪くない料金水準です。関西・中国・四国では一人暮らしの平均使用量(月170kWh)で大手電力より5%以上安くなる新電力もありますが、それ以外の地域では2〜3%安くなるだけでも最安水準なので、2.73%安くなるドコモでんきは新電力の中でも上位に入るお得な料金プランと言えます。


環境面・エコ


 ドコモでんきはNTTグループの新電力であるNTTアノードエナジーが供給を行います。電源構成などは公表していないため、詳細は不明です。ドコモでんきGreenについては、非化石証書という仕組みを利用することでCO2排出量を実質ゼロとします。


公式サイト

BasicとGreen、どちらを選ぶべきか


 実は条件によってはBasicよりもGreenの方が安くなる場合もあります。どちらを選ぶべきか、簡単な判断基準をお示しします。


ドコモ回線契約中
dカードGOLD無し
Basic
ドコモ回線契約中
dカードGOLDアリ
1人暮らしはBasic
2人以上世帯ならGreen
ドコモ回線無し あえて言えばBasic

 ドコモ回線契約中・dカードGOLD会員の場合、BasicよりもGreenの方が安くなるケースがあります。一人暮らしの使用量ではBasicの方が断然安いですが、2人以上の世帯ではGreenの方が安くなる可能性が大きいです。


 いずれの条件とも、当サイトの電気料金一括シミュレーションで確認出来るのでご自宅の使用量を入力して確認してみてください。dカードGOLDは年会費が11000円掛かるので、わざわざ新たに申し込むメリットは小さいです。


ahamoに切り替えると最大で月4000円安くなる


 ドコモの新料金プラン「ahamo」に切り替えると、スマホ代が最大で月4000円安くなります。


ahamo ギガライト ギガホ
月額料金 2980円 2980(1GBまで)
〜5980円(7GBまで)
6980円(30GB)
低速時の速度 1Mbps 128kbps
1Mの8分の1
1Mbps
かけ放題 国内5分 +700円で
国内5分
+700円で
国内5分
手数料 無料 2〜3千円
新規契約、機種変など
2〜3千円
新規契約、機種変など
サポート チャットのみ 電話、ドコモショップ 電話、ドコモショップ
キャリアメール 無し あり あり
留守番電話 無し あり あり

 ahamoに切り替えることで、多くのドコモユーザーが1回線あたり年間10000〜48000円程度の節約になります。ドコモでんきに切り替えるよりも、節約メリットは遥かに大きいです。


 留守電とキャリアメール、ドコモショップでのサポートが削られていますが、それらのサービスを必要としない人に切替をおすすめします。申し込みはウェブのみ。


ahamo公式サイト

関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A