楽天モバイルとセット契約でお得な電気料金プラン

楽天モバイルとセット契約で安い電力会社は?


 2020年から4社目の携帯電話キャリアとしてサービスを開始した楽天モバイル。そんな楽天モバイルのスマホや通信回線とセット契約で安く利用できる電力会社を紹介します。



電力も手掛ける楽天モバイル


 楽天モバイルは家庭向けの電力サービスも手掛けています。


サービス名は「楽天でんき」


楽天モバイル


 楽天モバイルは2018年から「楽天でんき」という電力サービスを手掛けています。当初は楽天本体の事業でしたが、後に楽天モバイルに移管されました。


 楽天モバイルの販売店でも積極的に勧誘しているほか、ネット経由でも申込みを伸ばしている新電力会社です。一般家庭に換算すると約21.5万件相当の電力を販売しています(2020年2月,世帯あたり260kWhとして計算,低圧電灯のみ)


 基本料金0円という特徴的な料金プランと、家庭向けの新電力としては初めて(私調べ)北海道から沖縄まで離島を除く全国に対応しています。


楽天でんき公式サイト 楽天でんき公式サイト

モバイル回線とのセット割引は無い


 そんな楽天モバイルが展開している「楽天でんき」ですが、楽天でんきと楽天モバイルの通信回線との「セット割引」は提供されていません。


 例えば他社ではソフトバンクは通信回線1回線ごとに月100円程度を電気代から割り引く「セット割引」を提供していますが、楽天でんき・楽天モバイルにはそのような割引はありません。


楽天でんき公式サイト 楽天でんき公式サイト

電気とモバイルを一緒に契約するメリットは?


 では、楽天モバイルと楽天でんきを一緒に契約するメリットは無いのか。


 楽天でんき・楽天モバイルともに楽天ポイントが貯まり、そして楽天ポイントで料金を支払うことが出来ます。電気で貯めたポイントをスマホの支払いに充てたり、スマホで貯まったポイントを電気代の支払いに充てられるのでポイントの処理がスムーズに出来る点ではメリットがあると言えます。


楽天でんきの電気代はポイントで払える

楽天でんきは電気代をポイントで支払える

 一方、一緒に利用したからといって特に割引があるわけではないので、電気・モバイルを一緒に契約するメリットは薄いと言えるでしょう。楽天でんきよりも安い料金プランを提供している新電力もあるので、必ずしも「一緒に契約」がお得だとは言えない部分もあります。


楽天でんき公式サイト 楽天でんき公式サイト

楽天でんきは安いのか、高いのか


 では、楽天でんきの電気代は安いのか、高いのか。444社の新電力や、大手電力会社と比較して解説します。


一人暮らし世帯では大手電力より「割高」


 楽天でんきは一人暮らしの平均的な使用量の場合、大手電力会社の標準的な料金プランである「従量電灯」よりも割高となってしまいます。


 また、一人暮らし世帯で多い20A以下の契約を受け付けていません。30A以上でのみ契約可能(関西・中国・四国・沖縄は特に制限無し)なので、そもそも契約出来ない場合もあるでしょう。わざわざアンペアを20Aから30Aに上げるのも損です。


 一人暮らしには、楽天でんきの使用はおすすめしません


2人以上の世帯では・・


 一方、2人以上の世帯では、楽天でんきの料金プランは全国444社の新電力の中でも上位の安さを実現していると言えます。


 最安値水準とは言い難く、楽天でんきよりも安い新電力もありますが、乗り換えるメリットは十分あると言える料金プランです。例えば東京電力エリア・3人世帯(40A/月391kWh)という条件では、東電と比較して年間9218円の節約になります。


 楽天でんきの料金プランは当サイトの料金シミュレーションにも掲載しているので、以下から確認してください(データ入力不要で確認できます)


楽天でんき公式サイト 楽天でんき公式サイト

関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A