オール電化におすすめの電力会社

オール電化で安い電力会社は?


 電気を多く使うオール電化住宅。その高い電気料金を安くできる電力会社を紹介します。なお、乗り換えるとかえって電気代が割高となるプランも少なくないので、注意点もあわせて解説します。



新電力のオール電化プランの一覧


 新電力のオール電化プランを紹介します。なお、大手電力会社のオール電化プランは2016年頃を機にがらりと内容が変わっているため、それ以降のプランに対応しているものと、それ以前のものに対応しているものを分けて紹介します。


大手電力の現行オール電化プラン相当


 主に2016年以降に契約した、大手電力会社の「現行の」オール電化プランに対応している新電力のプランを紹介します。


会社名 供給地域 料金水準
(大手と比較して)
出光昭和シェル 全国
※離島・沖縄除く
安い
Looopでんき 全国
※離島・沖縄除く
安い
JCOMでんき 北海道、東北、関東
関西、中国、九州
安い
ハチドリ電力 全国 安い
イデックスでんき 九州 安い
eo電気 関西 ネットとセット契約なら
安い
熊本電力 九州 安い
CDエナジーダイレクト 関東 安い
九電みらいエナジー 関東 安い
ミツウロコでんき 東北 関東
中部 関西
関東・中部
は安い
湘南電力 神奈川県 同水準
エルピオでんき 関東 高い
千葉電力 関東 高い
坊っちゃん電力 四国 高い

 乗り換えることで電気代が明らかに割高となってしまう「オール電化プラン」も少なくありません。新電力の公式サイトでは、大手電力の非オール電化プランを比較対象として「安くなる」と宣伝している例もあり、注意が必要です。


 この中では出光昭和シェルのオール電化プランがおすすめです。大手電力と比較して電力量料金は同じ、基本料金が割安に設定されており、しっかりと安くなる料金体系です。解約違約金の発生が無い点でもおすすめできます。


出光昭和シェルの公式サイト


 九州ではイデックスでんきのオール電化プランが出光昭和シェルより更に安いのでこちらがおすすめです。九電より一律3%安くなる料金体系です。解約違約金の発生もありません。


イデックスでんきの公式サイト

大手電力の過去のオール電化プラン相当


 2016〜19年頃に新規契約受付が終了した、「過去の」オール電化プランに対応しているプランを紹介します。過去のオール電化プランは特に深夜の料金単価が大幅に安く設定されているため、これまでは新電力がそこにアプローチすることが出来ていませんでしたが、徐々に対応プランが増えつつあります。


会社名 供給地域 料金水準
(大手と比較して)
JCOM電力 北海道、東北、関東
関西、中国、九州
安い
Looopでんき 全国
※離島・沖縄除く
安い
※高くなる場合もある
HTBエナジー 東北・関東・中部・関西
中国・四国・九州
高くなる場合もある
熊本電力 九州 安い

 この中ではJCOM電力のオール電化プランがおすすめです。大手電力の旧オール電化プランと同じ時間割で、朝晩と昼間の料金単価が2%前後安く設定されており、しっかりと安くなる料金プランです。通信会社の電力ですが、電気だけで契約できます。


J:COM電力の公式サイト

オール電化住宅が電力会社を選ぶ際の注意点


 オール電化住宅が電力自由化で電力会社を選ぶ際の注意点をまとめます。


かえって割高になるケースもある


 記事前半でも紹介しましたが、オール電化住宅が新電力の「オール電化プラン」に切り替えることで、電気代がかえって割高になるケースがあります。明らかに割高な料金単価が設定されたプランも珍しくありません。


 新電力の公式サイトでは、大手電力会社の非オール電化プランと比較して、自社の「オール電化プラン」が安くなると宣伝している例もあります。こうした試算を見る場合は、比較対象が何なのかよく確認する必要があります。


エコキュート

オール電化住宅特有の設備であるエコキュート

 また、主に2016年をもって新規契約を終了した「過去の」オール電化プランは、大手電力会社の現行のオール電化プランと比較して深夜の料金単価が大幅に安いのが特徴です(昼間は逆に現行プランの方が安い)


 大手電力の過去のオール電化プランから、大手電力の現行のオール電化プランあるいは新電力の「大手電力現行オール電化プラン相当のプラン」に切り替えると電気代が大幅に高くなるケースが少なくないので注意が必要です。


 新規契約受付を終了したプランは、一度解約すると二度と戻れません。特に慎重に検討する必要があります。ただし、上で紹介したように関東や九州では、過去のオール電化プラン相当で「安くなる」新電力のオール電化プランも登場しており、状況が変わりつつあります。


非オール電化プランへの切り替えは非推奨


 新電力のオール電化プランはまだ数が少なく、競争が盛り上がっていないと言わざるを得ません。一方、非オール電化の一般住宅向けのプランは当サイトで紹介しているだけでも418社、4467プランあり、競争が非常に激しく行われています。


 では、オール電化住宅が非オール電化住宅向けのプランに切り替えた場合どうなるのかというと、電気代がかえって割高になるケースが少なくありません。例えば一般住宅が契約すると東電(従量電灯C:一般住宅用の標準的なプラン)よりも年間13913円安くなるENEOSでんきは、オール電化住宅が契約すると東電のオール電化プラン(スマートライフ)よりも年間18216円も割高です(いずれも10kVA契約、月450kWhで試算)


社名・プラン名 電気料金(月)
東京電力「スマートライフ」
(現行のオール電化プラン)
12697円
ENEOSでんき 13438円
ソフトバンクでんき 14368円
東京電力「従量電灯C」
(一般住宅用の標準プラン)
14598円

 オール電化プランは、深夜にお湯を沸かすエコキュートや電気温水器を効率よく使うために深夜の電気料金が大幅に安く設定されています(逆に昼間は割高) 深夜に割安な電気が使えなくなるため、一般向けプランでは割高となるケースが多いです。




関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A