二人暮らしのオール電化住宅で電気代が安いおすすめの電力会社

二人暮らし・オール電化住宅の電気代が安くなる電力会社


 オール電化住宅で二人暮しをしている世帯の電気代が安くなる、おすすめの電力会社を紹介します。2人暮らしの特性をふまえて、最適な料金プランを提案します。



オール電化の電気代の平均は月1.3万円


 まずはオール電化での二人暮らし世帯の平均の電気料金のデータを紹介します(出典:関西電力)


世帯人数 電気代(月)
1人 10751円
2人 12904円
3人 14454円
4人以上 14914円

 オール電化住宅での二人暮らしの平均の電気代は月に約1.3万円です。高く感じるかもしれませんが、オール電化住宅ではガス代が掛からないため光熱費合計としては非オール電化住宅と比べて安くなる場合もあります。


オール電化の電気代が安くなる電力会社


 「平均」のデータをふまえて、オール電化住宅の二人暮らし世帯の電気代が安くなるおすすめの電力会社・料金メニューを紹介します。


出光興産「オール電化プラン」


昭和シェル石油のガソリンスタンド

昭和シェル石油の電気

 全国(沖縄・離島除く)に対応しているオール電化プランです。


 各地域の大手電力会社の現行のオール電化プランと電力量料金の単価が同水準に、基本料金が割安に設定されている料金体系です。基本料金が安くなる分、電気代が安くなります。


 大手電力会社の現行のオール電化プランから切り替えると、年間1000〜1500円程度安くなります。オール電化プランとしては最安水準といえる料金プランです。


 また、シェルのスタンドでの給油が2円/L引き(月100Lまで)になる特典も付いているのでマイカーをお持ちの場合は更におトクになります。


 解約時の違約金発生などもありません。


公式サイト

関東ではCDエナジー


 関東地方(東京電力管内)ではCDエナジーのオール電化プラン「スマートでんき」がおすすめです。マイカーが無い場合は、上で紹介した出光興産よりも更に安くなります。


 料金単価自体は東京電力のオール電化プラン(スマートライフ)と同額ですが、ポイント還元が1%付く分、「安くなる」料金体系です。2人暮らしの場合、東電より年間1500円程度安くなり出光興産よりもう一段安いです。


 CDエナジーは大阪ガスと中部電力が50%ずつ出資して設立された新電力です。解約時の違約金発生もありません。


公式サイト

九州ではイデックスでんき


 九州ではイデックスでんきのオール電化プラン「夜トクプラン」が安いです。九州電力の「電化でナイト・セレクト22」と比較して、ポイント還元等諸々の割引を含めて約4%程度安くなる料金体系です。2人暮らしの場合、年間6000円程度の節約になります。


 解約時の違約金発生もありません。


公式サイト

過去のオール電化プランからの切り替えは


 現在は新規契約が出来ない大手電力会社の「過去の」オール電化プランからの切り替えについて解説します。


過去のオール電化プランとは?


 そもそも過去のオール電化とは何か、具体的なプラン名を指摘します。



 これらのプランは現在は新規契約を終了しており、以前から契約している人だけが継続して利用できるプランです。一度解約すると再契約はできません。


 過去のオール電化プランは、現行のオール電化プランと比べて電気料金が割安です(特に深夜帯) 原発が稼働していた時代に、深夜電力が余っていたことを反映して組まれた料金プランで、多くの原発が稼働を停止している現在の情勢と乖離した料金体系が取られています。


 これらのプランから上で紹介した深夜電力のオール電化プランに切り替えた場合、電気代が大幅に割高となるケースが少なくないため注意してください。


J:COM電力が安いです


 過去プラン相当のオール電化プランを提供している新電力は非常に少ない中、J:COM電力のオール電化プランは過去プランからの切り替えでも料金が安くなります。


 2人暮らしの場合、年間で1000〜1500円程度の削減になります。朝晩の料金単価が、大手電力過去プランと比べて2%程度安く設定されており、その分電気代が安くなります。朝晩の使用量が多ければそれ以上の節約になる場合もあります。


 ケーブルテレビのJ:COMの電力ですが、電力だけで契約可能です。解約違約金もありません。北海道、東北、関東、関西、中国、九州エリアに対応しています。


J:COM電力の公式サイト



関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A