電気自動車・PHVをお得に充電できる電力会社

電気自動車・PHVの電気代を安くしよう


電気自動車やPHVの充電は電気代の安さが命


 電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を自宅で充電する時に気になるのが「電気代」です。電力自由化で選べる電力会社の数は全国130社以上。その全てのプランを見ている私が、電動車に「最適な」プランを紹介します。


 なお、世間の「通説」とは異なる部分もあるので、その辺りもお楽しみに。



選び方のポイント


 まずは電動車がある家庭が電気のプランを選ぶ際のポイントや注意点を紹介します。


夜間お得なプランが最適とは限らない


 EVやPHVをお持ちの家庭では、夜間の料金がお得なプランを選ぶ人が多いです。ネットでもそのような話が多いですし、ディーラーでもそのように勧めているところもあります。


 確かに、電動車の充電だけを考えると夜間お得なプランを選んで、電気代が安い時間帯に充電するのがお得です。


深夜割引プランがお得とは限らない


 しかし、多くの家庭では電動車の充電に使う電気よりも、日常生活で使う電気の方が2倍以上多いという事実があります。


 国交省の統計によると、自家用車の年間平均走行距離は10575km。1充電(40Kwh)で実質200〜250Km走れる新型の日産リーフ(ZE1型)で試算すると、月に必要な電気の量は141Kwhです。


 一方、3人世帯の平均の電気使用量は391KWh(総務省「家計調査」を元に推定) 電気自動車の充電に使う電気の2倍以上の使用量があります。


 つまり、電気自動車の充電だけを念頭に「夜間お得=昼間割高」な料金プランを選ぶと、結果として日常生活に使う分の電気代で大きく損をする結果になるというわけです。「うちは夜型だから大丈夫」というご家庭についても、注意が必要です。


 充電用のコンセントだけ別系統(メーターが違う)になっている場合は夜間お得なプランを選んで夜間に充電すべきですが、そうでない場合はおすすめしません。


日産リーフ


オール電化の場合は要注意


 オール電化住宅の場合、オール電化プランでない料金メニューに切り替えることで、電気代がかえって割高となるケースが多いです。したがって、オール電化プランへの切り替えをおすすめします。数は多くはありませんが、新電力が割安な料金プランを提供しています。詳しくは以下の記事で。


 なお、オール電化住宅の場合は、深夜帯の料金単価が安いため、安い時間帯に充電することで電気自動車の電気代を抑えることが出来ます。逆に昼間は料金単価がかなり割高なので、昼間に充電すると損です。充電する時間帯を工夫してください。


電気自動車用プランもあるが・・


 電気自動車用の電気料金プランや、割引サービスを設定している電力会社もあります(一覧は記事の最後で)


 いずれも電気自動車を所有している人に割引の付与や割安な料金プランを提供していますが、元々の電気料金が魅力的ではないため、わざわざ選ぶメリットは薄いと言えます。


電動車に最適なプランは


 上で紹介したポイントをふまえて、EVやPHVの充電に「最適」と言えるお得なプランを紹介します。


Looopでんき


 離島を除く全国で選べる新電力です。


 Looopでんきの最大の特徴は「基本料金0円」です。
 電気を使った分だけ料金が課金される仕組みです。


Looopでんき


 自宅でEVやPHVを充電する場合、充電時に15A程度の容量が必要となります。電動車を購入する際に電気の契約アンペアを上げたご家庭も多いでしょう。Looopでんきは基本料金が0円なので、契約アンペアが大きくなりがちな電動車保有世帯に最適です。


 電力量料金の単価もまずまずの安さですが、電気自動車保有世帯では「EV割」という割引が適用され、料金が安くなります。この割引も含めると、電気自動車保有世帯では最安水準の料金プランです。60A契約、月450kWhの電力を使用する場合、東電と比べて年間24000円安くなります。


 公式サイトから申込後、マイページからEV割を申し込むことが出来ます。


Looopでんき公式

オール電化住宅には出光昭和シェル


昭和シェル石油の電気


 オール電化住宅がオール電化プランでない料金メニューに切り替えると、電気代が割高となるリスクがあることは記事前半でも紹介したとおりです。


 そこでオール電化住宅におすすめしたいのが出光昭和シェルのオール電化プランです。大手電力のオール電化プランと同水準の料金単価で、基本料金が割安に設定されています。それに加え、電気自動車・PHVと充電設備を保有していると月200円の割引が適用されるため、電動車を保有するオール電化住宅でお得に使えるプランです。


昭和シェル石油でんき公式

電気自動車向けの電気料金プランの一覧


 最後に、電気自動車やPHV向けの電気料金プランや割引を紹介します。上で紹介したプランの方がお得なので、推奨はしません。


会社名 特典内容
東京電力エナジーパートナー 月300ポイント(2年間)
東北電力 プリウスPHVのEVモードで
10Km走行につき4ポイント
中部電力 プリウスPHVを
自宅充電1KWhにつき0.5円相当
関西電力 プリウスPHVを登録すると
初回のみ100ポイント
四国電力 プリウスPHVのEVモードで
5Km走行につき1ポイント
出光昭和シェル 電気代が200円引き(電動車)
Looopでんき 通常より1円/kWh引き
日産大阪販売 日産大阪で購入した人向け

 いずれも指定プランに切り替えた上で、自宅に充電設備を設置していることなどが提供条件となっています。


CO2排出量で選ぶという選択肢も


電気自動車のCO2排出量を減らそう


 電気料金の安さだけでなく、環境に配慮した電気を選びたいという人もいると思います。
 電気自動車は走行中にCO2を排出しないものの、充電する電気をつくるには多くのCO2を排出しており、平均的な電力会社の電気で充電すると「プリウス」とほぼ変わらない排出量となります。


 最近は大手電力会社と同等、あるいは安い料金で「CO2排出量ゼロ」を実現している料金メニューも登場しているので、このようなプランを選ぶことで地球温暖化防止に貢献できます。


購入補助金対象のプランも


 2021年から、環境省の認定を受けた「再エネ100%プラン」を契約することなどを要件として、電気自動車やPHVの購入費用を最大80万円補助する制度が始まります。


 この補助金の支給対象となるプランは以下の記事で紹介します。これから電気自動車やPHVの購入を考えている人は参考にしてください。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A