溶接機の電気代を激的に削減する方法

溶接機の電気代を節約するには?


 電気溶接機を使う際に気になるのが電気代ですが、簡単に「安くする」方法があります。条件ごとに、おすすめの解決策を紹介します。



溶接機の電気代節約の鍵は「基本料金」


 溶接機の電気代を節約する鍵は「基本料金」にあります。


大きな電流を必要とする溶接機


溶接機


 溶接機は電気を使って金属を溶かし、部材を接合します。その際に大きな電流を必要とするため、「消費電力」に目が行きがちです。確かに消費電力も重要ですが、とはいえ消費電力を削減するのは簡単なことではありません。


 そこで注目したいのが、見落としがちな「基本料金」です。


 日本では、電気の契約容量に応じて基本料金が高くなる料金体系が一般的です。つまり、溶接機を使っても「ブレーカーが落ちない」ようにするためには、その分基本料金が高くなるということです。


 この基本料金を大きく削減するには、電力自由化で参入した「新電力」の料金プランに切り替えるのが効果的です。中には基本料金が「0円」という料金プランもあり、電気代を大きく削減することが可能です。


溶接機の電気代が安くなるおすすめの電力会社


 溶接機は種類によって使用する「電気」が異なります。タイプごとにおすすめの新電力会社を紹介します。


単相100/200Vの場合(従量電灯)


 家庭向けの溶接機に多いのが、単相と呼ばれる電気を使用する溶接機です。一般的な家電製品と全く同じコンセントプラグや、あるいは200V用のコンセントを使用するタイプです。このタイプでは、家庭内や作業場内の他の機器と一括して電気料金を支払っているケースが多いでしょう。


 その場合に電気代が安いのが、Looopでんきです。
 同社は「基本料金0円」という料金プランで人気を集める新電力で、中部電力が出資して全国展開(沖縄・離島を除く)しています。


 溶接機のために契約容量を大きくしている場合は、その分基本料金が高くなっているため、Looopでんきに切り替えることで大幅な節約が実現します。基本料金だけでなく、電力量料金も割安です。


Looopでんき公式

三相200Vの場合(動力プラン)


 三相200Vで溶接機用に「低圧電力」(いわゆる動力プラン)を契約している場合におすすめの電力会社は以下の2社です。


電力会社 条件(6kW契約で計算)
Looopでんき 月の使用量が150kWh以下
ENEOSでんき 月の使用量が150kWh以上

 まず、使用頻度が少なく基本料金のウェイトが大きい場合にはLooopでんきが安いです。
 基本料金が大手電力会社の低圧電力と比較して30%前後安く設定されています。反面、電力量料金は割高なので、使用量が多い場合は節約メリットが小さいか、割高になる場合もあるでしょう(6kW契約の場合、月318kWh使うと東電より割高になる)


Looopでんき公式

ENEOS


 電気の使用量が多い場合には、ENEOSでんきの動力プランがおすすめです。
 大手電力会社の低圧電力プランよりも基本料金が10%程度安く、電力量料金は「同額」水準という料金プランです。契約容量6kW、東電エリアの場合、使用電力量が月150kWhを上回るとLooopよりもENEOSでんきの方が安いです。


ENEOSでんき公式



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A