夏だけ使う低圧電力の電気代を大幅に削減する方法

夏だけ使う低圧電力の電気代を削減する


 農業用のポンプなど、夏だけしか使わない機械のために契約している「低圧電力」の電気代を、効果的に削減する方法を紹介します。



ブレーカーを落とすだけで電気代が半額になる


 多くの電力会社・新電力会社では、電気の使用量が「0kWh」つまり全く使わなかった月については、電力量料金が0円になるだけでなく、基本料金が半額になるというルールを設けているところが多いです。


まったく電気をご使用にならない場合の基本料金は、半額となります。

引用元:低圧電力(東京電力)

※電気を全く使用されない(使用量が0kWh)場合の基本料金は半額といたします。

引用元:低圧電力(関西電力)

なお、まったく電気を使用しなかった場合の基本料金は、50%相当額といたします。

引用元:電気料金種別定義書(Looopでんき)

 1kWhでも使ってしまうと基本料金は満額請求されますし、また電力量料金(使用量に応じて掛かる電気代)も発生してしまうので、0kWhに収めると非常にお得です。


 誤ってスイッチを入れてしまって稼働したり、あるいは待機電力によって使用量が発生してしまうことを防ぐためにも、使わない時期はブレーカーを完全に落としておくことをおすすめします。


 例えば東京電力で2kWで契約している場合、ブレーカーを落とすだけで月に1122円の節約に、9ヶ月間では約1万円もの削減につながります。


更に電気代を削減するなら


 ブレーカーを落とす以外にも電気代を大幅に削減する方法があります。


電力会社を乗り換えると更に削減できる


 2016年から低圧電力についても電力会社を選んで乗り換えることが出来るようになりました。既に自宅で乗り換えている人が2割以上にのぼりますが、低圧電力についても同様に切り替えが可能です。


 電力会社を最適なプランに切り替えることで、低圧電力の電気代が年間1万円程度削減出来る例も珍しくありません。


 送電ルートはどの電力会社でも同じなので、電気の質は一切変わらず停電が増えることもありません。また、初期費用が掛からないところが大多数ですし、ネットで簡単に手続き出来ます。


おすすめの電力会社は


 夏しか使わないというパターンをふまえて、おすすめの電気料金プランを紹介します。


 おすすめしたいのが、楽天でんきの「動力プラン」です。


東京・二子玉川にある楽天本社

東京・二子玉川にある楽天本社

 このプランは大手電力の低圧電力プランと比較して基本料金が4割前後安く設定されています(一方で電力量料金は割高に設定) 大手電力会社と同様に全く使わなかった月は基本料金が半額となるため、電気代を大幅に削減することが可能です。
 低圧電力は、使う月でも電気代に占める基本料金のウェイトが大きいため、電力量料金が割高でも電気代全体として削減になるケースが多いです。


 また、北海道以外の地域の大手電力・新電力の多くは夏季(7〜9月)と「その他季節」で電力量料金の単価を分けており、その料金単価は夏季の方が高いのが一般的ですが、楽天でんきの場合は北海道以外のエリアでも年間を通じて同じ料金単価である点もメリットと言えます(ただし、それでも電力量料金は大手電力よりも割高)


楽天でんき公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A