ドラム式洗濯機の電気代を計算した結果

ドラム式洗濯機の電気代は「いくら」なのか


 高いイメージがあるドラム式洗濯機の電気代。実際に3年以上使っている私が、カタログスペックをもとに具体的に「いくら」掛かるのか解説します。浴室乾燥機やガス乾燥機とも比較を行います。



洗濯に掛かる電気代


 まずは洗濯に掛かる電気代を紹介します。洗濯容量ごとに、縦型とドラム式洗濯機の主な機種を比較します。


タイプ 機種名 消費電力量 電気代
1回 1ヶ月
縦型 東芝AW-12XD8 109Wh 2.9円 87円
縦型 日立BW-DV120E 98Wh 2.6円 78円
ドラム 東芝TW-127X8L 78Wh 2.1円 63円
ドラム 日立BD-NX120EL 72Wh 1.9円 57円

 ドラム式では4人世帯用の容量です。傾向としては縦型よりも、ドラム式の方が消費電力量が小さく、電気代が安いと言えます。


タイプ 機種名 消費電力量 電気代
1回 1ヶ月
縦型 パナソニックNA-FA100H8 60Wh 1.6円 48円
縦型 シャープES-GV10D 98Wh 2.6円 78円
縦型 日立BW-DX100F 58Wh 1.6円 48円
ドラム パナソニックNA-VG2400L 70Wh 1.9円 57円
ドラム シャープES-H10D-WL 68Wh 1.8円 54円
ドラム 日立BD-SG100EL 69Wh 1.9円 57円

 ファミリー世帯向けの売れ筋の容量です。


 ドラム式の方が若干消費電力が大きいか、縦型と遜色ないです。月の電気代で見てもわずかな差しかありません。


洗濯・乾燥トータルで掛かる電気代は


 ドラム式は洗濯だけでなく、乾燥まで行ってこそ存在価値を発揮します。洗濯・乾燥まで運転した場合の消費電力量と電気代を見てみましょう。


1回あたりの電気代は


 ドラム式洗濯機の洗濯・乾燥1回ごとの電気代(カタログスペック)と、毎日1回使用した場合の月額の電気料金を紹介します。


容量(洗濯/乾燥) 機種名 消費電力量 電気代
1回 1ヶ月
12Kg/7Kg 東芝TW-127X8L
ヒートポンプ式
1150Wh 31.1円 933円
12Kg/6Kg 日立BD-NX120EL
ヒートリサイクル式
970Wh 26.2円 786円
10Kg/6Kg 日立BD-SG100EL
ヒートリサイクル式
970Wh 26.2円 786円
10Kg/6Kg シャープES-H10D-WL
ヒーター式
1880Wh 50.8円 1524円
10Kg/5Kg パナソニックNA-VG2400L
ヒーター式
1980Wh 53.5円 1605円
10Kg/6Kg パナソニックNA-VX700AL
ヒートポンプ式
960Wh 25.9円 777円
7Kg/3.5Kg シャープES-S7E-WL
ヒーター式
1600Wh 43.2円 1296円

 機種によって差が大きいですが、毎日使うと月に1000円前後の電気代が掛かります。


 縦型洗濯機を洗濯のみで運転すると月に50円程度なので、ドラム式を購入して毎日乾燥運転まで行うと電気代が毎月1000円高くなるイメージです。


 ドラム式洗濯機は私も3年以上使用していますが、ボタンを押すだけで干す手間を掛けずに「すぐに着られる状態」にまで仕上がり、とても便利です。この利便性に月1000円の価値は十分にある、と私は思います。NetflixやHuluの月額料金と同じくらいの金額です。


買うなら絶対ヒートポンプ式


 上の一覧表を見ると一目瞭然ですが、「ヒーター式」のドラム式洗濯機は消費電力量が大きく、電気代が高いです。


 同じ洗濯・乾燥容量でも、例えばパナソニックの機種同士で比較するとヒーター式が1回53.5円に対し、ヒートポンプ式は25.9円と半額です。毎日1回使用した場合、年間で10074円の差となります。


我が家のドラム式洗濯機

我が家もヒートポンプ式を購入

 ドライヤーと同じような仕組みで単純なヒーター式に対し、ヒートポンプ式はエアコンと同じ仕組みで複雑なため、本体価格はヒートポンプ式の方が数万円以上割高です。しかし、毎日使えば数年程度で差額分の「元が取れる」ので、ドラム式洗濯機の購入を考えている人にはヒートポンプ式をおすすめします。
 乾燥時の温度が低いため、衣類へのダメージもヒートポンプ式の方が少ないというメリットもあります。


 なお、日立は独自の方式として「ヒートリサイクル式」という方式を採用しており、こちらはヒートポンプ式とほぼ同程度の消費電力量で済むので、これでもアリです。


 ※残念ながら容量が小さな小型のドラム式洗濯機でヒートポンプ式は皆無です。


ガス式乾燥機カンタくんと比較して


 ガス式乾燥機「カンタくん」と悩んでいる人もいるかと思うので、カンタくんのガス代・電気代と比較します。


乾燥容量 機種 1回あたり
8Kg カンタくん(LPガス) 102円
8Kg カンタくん(都市ガス) 60円
7Kg 東芝TW-127X8L
ヒートポンプ式
29円
6Kg 日立BD-SG100EL
ヒートリサイクル式
24.3円
6Kg シャープES-H10D-WL
ヒーター式
49.0円
5Kg 東芝TW-95G8L
ヒーター式
51.4円
5Kg カンタくん(LPガス) 63円
5Kg カンタくん(都市ガス) 35円

 各社公式サイトから「カンタくん」の1回あたりの電気代+ガス代として掲載されている数値を探してみました。リンナイの公式サイト掲載の数値はプロパンガス使用時の値のため、東京ガス・大阪ガスの試算よりも大幅に割高となっています(プロパンガスはガス代が高い)


 ドラム式は乾燥容量7Kgが最大なので比較が難しいところですが、安い順に


ドラム式(ヒートポンプ)<カンタくん(都市ガス)<ドラム式(ヒーター式)<カンタくん(LPガス)

 となるでしょう。ヒートポンプ式と都市ガスカンタくんは機種や使用条件によって逆転する場合もあると思います。


 カンタくんの場合、洗濯機で洗い終わった後にカンタくんに移す作業が必要となるので、私は面倒かなと思います。大昔、電気式の乾燥専用機を使っていたことがありましたが、面倒でした。ドラム式洗濯機だとボタン一つで完了します。


浴室乾燥機との比較


浴室乾燥機


 浴室乾燥機とも比較します。MAX社のBS-161Hのスペックをもとに計算します。


モード 消費電力 電気代(1時間)
乾燥(標準) 1190W 32.1円
換気(ブロー) 40W 1.1円

 一般家庭での日常的な洗濯の量を浴室に干して、1時間で乾くということは無いので、ヒートポンプ式・ヒーター式問わずドラム式洗濯機の方が電気代は安くすむという結論です。


 ただし、常温の風が吹き出すモードを使い、温風を使わずに済むのであれば、浴室乾燥機はドラム式洗濯機による乾燥よりも電気代を大幅に安く抑えられるでしょう。


番外編:実は安い水道代と洗剤代


 縦型と比較すると電気代が「高い」と言わざるを得ないドラム式洗濯機ですが、一方で安くなるコストもあります。


 洗濯槽に水をいっぱいに溜めて洗う縦型に対し、ドラム式は少量の水で洗います。そのため水道代は安く済みます。同じ東芝製、洗濯容量12Kgの洗濯機でも水量に1.7倍の差があります。


機種名 標準使用水量
縦型
東芝AW-12XD8
139L
ドラム式
東芝TW-127X8L
80L

 それに伴い、使用する洗濯洗剤の量も異なります。ニュービーズと部屋干しトップの使用量目安を見てみましょう。


ドラム式洗濯機は洗剤の量が少なくて済む

上:ニュービーズ 下:部屋干しトップ

 例えば6Kgの洗濯物を洗う際、縦型では64g(ニュービーズの場合)の洗剤を必要とするのに対し、ドラム式では50gで済みます。


 水道代、洗剤代を合計すると、1回(6Kg)の洗濯をした場合、ドラム式洗濯機は縦型よりも13円程度安く済むのではないか、というおおまかな計算結果を紹介しておきます。


水道代 洗剤代
139L-80L=59L
容量の5割(6Kg)使うとして
5がけして29.5Lの節約
29.5L*0.24円/L(東京都水道代)
=7.1円
ニュービーズ800g入り349円
→1gあたり0.43円
必要量の差は14g(洗濯物6Kg)
0.43円/g*14g=6.0円

 縦型洗濯機(洗濯のみ運転)とヒートポンプ式ドラム式洗濯機(洗濯・乾燥)では後者の方が電気代が1回あたり25円以上高いものの、水道代・洗剤代の節約分と差し引きすることで、追加的なコストは「+10〜15円」で済むのではないか、というのがこの記事の結論です。


 1回15円の増加であれば、毎日1回の洗濯・乾燥で月に450円。ドラム式洗濯機を購入することによって発生する(縦型洗濯機と比較した)追加的なランニングコストは、毎月コーヒー1杯分ということになります。


電気代を節約する方法は


 ドラム式洗濯機のランニングコストの半分近くを占める電気代は、簡単に出来る工夫によって1〜2割程度安く抑えることが可能です。


 以下の記事で具体的に詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。




関連記事

電力自由化とは? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース
新電力とは?

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?
安くなる理由 電気の調達は?


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A