ふるさと納税で「電気」がもらえる自治体の一覧

ふるさと納税で「電気」とは


 ふるさと納税では全国の自治体が趣向を凝らした返礼品を提供していますが、中には「電気」を返礼品として用意している自治体もあります。選ぶ際の注意点も交えながら紹介します。



「電気」がもらえる自治体


 まずはふるさと納税返礼品として「電気」を提供している自治体を紹介します(2018年12月時点)


電気を返礼品にしている自治体の一覧


 まずは一覧表で紹介します。


自治体名 金額 エリア 申込先
群馬県中之条町 25万円 関東 2500kWh ふるさとチョイス
熊本県小国町 10万円 九州 関西 関東 1200kWh ふるぽ

 一般家庭の平均的な電力使用量は1ヶ月300kWh程度とされています。


 以下でそれぞれ詳しく解説します。


群馬県中之条町


 群馬県北西部に位置するのが中之条町です。温泉地として知られる草津町の隣町です。ひまわり畑で知られる大岩フラワーガーデンなどの観光名所があります。


中之条町の大岩フラワーガーデン

大岩フラワーガーデンのヒマワリ畑(筆者撮影)

 町が出資して中之条電力を設立しており、これは日本国内における地域新電力の「はしり」として全国から注目を集めています。町営で太陽光発電所や小水力発電所を運営しており、電気の「地産地消」を目指しています(41.4%が太陽光:2016年度)


 2017年3月からふるさと納税の返礼品として「電気」を提供しています。


熊本県小国町


 熊本県北東部にある人口6800人の町です。


熊本県小国町


 小国町や地元銀行、農協などが出資して「ネイチャーエナジー小国」を設立し、電気の地産地消を目指した地域新電力を運営しています。


 地元九州エリアだけでなく、関西電力・東京電力の管内にも電気を供給しており、返礼品としてもこれらの地域での利用も可能です。10万円単位で申し込めます。




電気を返礼品としてもらう時の注意点


 ふるさと納税の返礼品として「電気」を選ぶ際の注意点を紹介します。


電気の契約切り替えが必須です


 ふるさと納税で「電気」をもらう際は、必ず返礼品を提供している電力会社に契約を切り替える必要があります。


 何らかの事情で電力会社を切り替えられない場合や、今使っている電力会社を解約する際に「違約金」が掛かる場合は注意が必要です。


 また、返礼品で「無料」になる分を過ぎた後も、契約は継続します。解約して他の電力会社に変えることも可能です。例えば中之条町(中之条パワー)の場合、東電より1%安い料金設定です。


総務省的には問題無いの?


 ふるさと納税に対しては、地場産品でないものや返礼品割合が3割を超えるものについて総務省が問題視し、自治体名を公表しています。


 中之条町は2017年から電気を返礼品として扱っていますが、これまで「問題のある自治体」のリストに中之条町が入ったことはありません。


 したがって、地域新電力の電気を返礼品を扱うことに対して、総務省は問題視していないとみられます。


還元率はどうか


 ふるさと納税の返礼品を選ぶ上で多くの人が気になるのが「還元率」です。同じ寄付額でも、より価値のある返礼品を受けたいと考える人は多いでしょう。


 返礼品としての「電気」はどうなのか、詳しく計算してみます。
 東京電力(従量電灯B)で30A・348kWh使った場合、1kWhあたりの単価は26.74円なのでこれをもとに試算します。


自治体 寄付額 実質価値 還元率
群馬県中之条町 25万円 2500kWh 66850円 26.74%
熊本県小国町 10万円 1200kWh 32088円 32.09%

 中之条町の返礼率はやや低いです。それに対し小国町は総務省が示す基準「3割」を超えていますが、これは東電の料金を基準にした試算なので、実際の「商品」であるネイチャーエナジー小国の電気料金プランでは異なる還元率になります(小国町は総務省から問題を指摘されていない)


 概ね「3割」の還元率なので、ふるさと納税の返礼品として悪くないと思います。




電気を返礼品にする意義は?


 目に見えない商品である「電気」をふるさと納税の返礼品として選ぶ意義を考えます。


いちおう「地元産品」


ふるさと納税で電気がもらえる


 電気を返礼品として扱っている自治体は、いずれも自治体が出資して電気の「地産地消」を目指す地域新電力会社の電気を提供しています。


 本社は当然その地域にあり、税収や雇用の面で地域への貢献が期待できます。
 また、発電所を保有している場合はそのメンテナンスなどでも地域社会に雇用などのメリットをもたらします。


 農産物などと同様に、ふるさと納税を受ける地域に貢献することが可能です。


関連記事

電力自由化とは? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース
新電力とは?

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A