一括受ガスのメリット・デメリット

ついに解禁へ。一括受ガスとは?


一括受ガス  いよいよ解禁に向けた動きが活発化してきた「一括受ガス」 大型マンションなどで、建物全体で同じガス会社と契約してガスを一括購入するという仕組みです。この一括受ガスのメリットとデメリットを両面から解説します。



導入の背景


 まずは一括受ガスが解禁される「背景」を説明します。


既に電気は一括購入が可能だった


 一括受ガスに先立って、大型マンションなど一つの建物で一つの電力会社とまとめて契約する「一括受電」が2005年に解禁され、60万世帯が利用しています。


 電気の一括受電が認められているのだから、ガスの一括受ガスも認められるべきだ、という声が主に電力会社や一括受電を提供している会社から上がっており、それに後押しされる形で議論が進められてきました。


一括受ガスは大型マンションなどに普及していく


既に一部では行われているという実情も


 一括受ガスは現在の制度上は認められていませんが、事実上「一括受ガス」と言えるような状態になっている事例が全国に数百件以上存在すると言われています。


 例えば百貨店で、百貨店がガス会社と契約した上でテナントにガスを使わせて、料金を徴収している例が専門家会議で取り上げられています。


 こうした「一括受ガス」状態に対して今後は行政指導が行われる見通しですが、安全上の問題などが特に生じていないため、実質的に「追認」するような形で一括受ガスが認められようとしています。


一括受ガス導入のメリットは?


 前置きが長くなってしまいましたが、一括受ガスのメリットを説明していきます。


ガス料金を安くすることができる


 一括受ガスの最大のメリットは、建物全体でガスを「一括購入」することで実現するガス料金の値下げ効果です。


一括受ガスでガス料金が安くなる


 例えば電気の一括受電の場合、住民の住戸部分(専有部分)で数%〜10%程度、共用部では20%以上安くなるプランが提示されることが多いようです。


 ガスの場合は1世帯あたりの平均料金が月5000円程度ですから、そこから数%削減できれば年間数千円の節約になるというイメージです。


一括受ガスのデメリット


 続いて、現時点で予想される一括受ガスのデメリットを紹介します。


料金の大幅な削減は期待できない


 一括受電では共用部の電気料金削減効果が大きいです。
 それに対し、一括受ガスではそもそも共用部でガスの利用が全く無いケースも多いため、その場合は共用部での削減効果がゼロとなります。


 また、専有部分(住戸)についてもガス自由化で各世帯が自由に安い会社と契約できるようになっているため、そうした新規参入のガス会社と比べて大幅に料金を安く設定することは難しいです。ガスは安全対策に掛かるコストが大きいことも料金の削減へのハードルとなっています。


 また、ガス会社はガス式の床暖房などのガス機器を設置している世帯に向けて、割安な料金プランを用意しています。
 そうした割安なプランを契約している世帯にもメリットのある「爆安な」プランを提示するのは、そう簡単なことではありません。一括受電でも見られるように、一括受ガスを導入することで逆にガス料金が上がる世帯が無いとも言い切れません。


一括受ガスを導入してもガス料金が劇的に下がることは無い


導入に多大な手間が掛かる


 一括受電と同様に、一括受ガスについても建物全体で同じ会社と契約しなくてはなりません。導入にあたっては現在居住している全ての世帯や、テナントとして入居している店舗や事務所の同意が必要になります。


 契約しているプランやガス会社などの条件によっては一括受ガス導入でガス料金が高くなる世帯がある場合もあるため、導入に向けた合意形成は困難を極めるでしょう。


 その点、新築時点で一括受ガスを導入した状態で分譲する、あるいは1棟賃貸で入居を募集するような事例では一括受ガスの導入は容易です。


 一括受ガスには、大手電力会社やその資本が入った会社が参入する見込みです。政治的な理由から拒否反応を示す方もいるのではないでしょうか。


一度始めると解約が難しい


 一括受電では10年単位の契約が基本です。
 導入にあたって必要な設備の設置費用などが請求されないかわりに、長期間の契約継続が必要となります。


一括受ガスは長期契約が基本


 一括受ガスについても、一括受ガス業者が各戸のガスメーターなどの設備を自前で導入することになるはずなので、その分の投資コストを回収するには長期にわたる契約継続が必須になるでしょう。


 また、今後エネルギーの分野でも制度改革や技術革新がどんどん進んでいきます。10年という長期契約は、そうした変化に取り残されるリスクにもつながるでしょう。




関連記事

電力自由化・新電力って何? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A