新電力の切り替えに掛かる期間は?

新電力、申込みから切り替えまでの期間はどれくらい?


 新電力に申し込んでから切り替えが完了するまでに、どれくらいの期間が掛かるのか。これまでに電力会社を10回以上乗り換えている私が、実体験をもとに解説します。



13回切り替えた実録


 これまでに合計13回、電力会社を切り替えた記録をもとに解説します。


申し込みから切り替え完了までの日数一覧


 ネットから申し込みを行った日付と、切り替えが完了(供給が開始)した日付、その間の日数を一覧表でまとめます。


乗り換え 申込日 供給開始日 日数
東電ENEOSでんき 3月25日 4月21日 27日
ENEOSでんきLooopでんき 4月19日 5月17日 28日
Looopでんき東京ガス 10月23日 11月17日 25日
東京ガスあしたでんき 6月17日 7月17日 30日
あしたでんき親指でんき 9月30日 10月17日 17日
親指でんき楽天でんき 10月23日 11月17日 25日
楽天でんきエルピオでんき 3月5日 3月17日 12日
エルピオでんきAIでんき 7月22日 8月17日 26日
AIでんき出光昭和シェル 10月9日 11月17日 39日
出光昭和シェルCDエナジー 12月26日 2月17日 53日
CDエナジー自然電力 6月12日 7月17日 35日
自然電力シン・エナジー 9月20日 10月17日 27日
東電熊本電力 2月13日 2月20日 7日

 最初の東電→ENEOSは引っ越す前の自宅、最後の東電→熊本電力は家族の士業事務所、それ以外は現在暮らしている自宅での記録です。


平均値は「27日」


新電力への切り替えには27日掛かる


 上記13件の平均値は27日でした。ウェブで申し込みを行ってからおおよそ1ヶ月後に、切り替えが完了するイメージです。ただし、申し込みから切り替えまでの日数は上表で見てもわかるとおり、7日〜53日と大きなばらつきがあります。


 なお、それぞれ切り替えの詳細を綴った体験記を公開しているので、気になる電力会社があれば上表内のリンクをクリックしてみてください。




切り替えに掛かる期間の目安は?


 切り替えに掛かる日数について、考察をまとめます。


切り替えは「検針日」付け


スマートメーター


 電力会社の切り替えは、基本的に「検針日」をもって行われます。検針日とは、電気の使用量をカウントする締日のことです。地域などによって固定されており、電力会社を何度乗り換えても基本的に変わることはありません。


 上表で17日に供給開始したものが多いのは、我が家の検針日が17日であるためです(17日でない2件は現在の自宅以外での記録)


2ヶ月あれば切り替わる


 検針日をもって切り替わると説明しましたが、申込みのタイミングと次回検針日までの残り日数によっては、次回検針日に切り替わらないことがあります。上の記録では13回中、3回が切り替え完了まで30日超掛かっていますが、検針日を1回またいでいることになります。


 ですが上の記録からも分かるとおり、60日を超えたケースは無いため基本的には次回、あるいは遅くとも次次回の検針日には切り替わるということで「2ヶ月は掛からない」と言えそうです(もちろんイレギュラーはありますが)


期間が伸びるいくつかの要因


 切り替えまでの日数が長くなってしまいやすい要因を紹介します。



 特に注意したいのが、申込内容の不備です。
 よくある(私も経験あり)のが、供給地点特定番号や現在契約している電力会社のお客様番号の入力ミス、あるいは住所や名義人の間違いです。


 特に「お客様番号」は、会社によってはどれがお客様番号なのか分からない、複数の番号が存在するケースがあり、間違ったものを入力して申し込みを行うと確認のため申し込んだ先(切り替え先)の電力会社から確認のメールや電話が来てタイムロスとなります。


 早く切り替えるには、早く申し込むのが一番です。切り替え完了が一ヶ月遅れればその分、電気代の削減メリットを得られなくなります。


電力会社の比較なら 掲載数No.1の料金比較


 当サイトでは電気料金比較サイトとしては最多の422社・4590プランを比較することが出来ます。電気代が「本当に安い」電力会社が見つかります。


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A