電力の「見える化」サービスのメリットや活用方法

電力の「見える化」サービスって何?


 多くの新電力が無料で提供している電力の「見える化」サービスとは。そのメリットや活用方法を実際の画面も交えながら紹介します。うまく役立てることで、節電や節約に貢献します!



多くの新電力が導入しています


 まずは電力の「見える化」サービスについて簡単に、どんなものなのか紹介します。


自宅の電気使用量をグラフで確認できる


 「見える化」サービスとは、簡単に言い換えるとウェブのマイページ上で自宅の「電気使用量」をグラフなどで確認できるサービスです。


Looopでんきの「見える化」

Looopでんきの見える化

 これまでのアナログ式の電力メーターは1ヶ月ごとの使用量しか把握できませんでしたが、スマートメーターと呼ばれる次世代型のメーター(全国で順次切り替えが進んでいる)は30分ごとの電気使用量を把握することが可能です。


 このスマートメーターから受け取ったデータを、PCやスマホの画面上で確認できるサービスを多くの新電力が無料で提供しています。


どんなメリットがあるの?


 では、電気使用量を確認できるようになることでどのようなメリットがあるのでしょうか。活用方法とあわせて利点を紹介します。


電気の「使いすぎ」を意識できる


 グラフや数値で、30分単位の電気の使用量を確認できるので、電気の使いすぎを意識することができます。


 アナログ式の電気メーターだった時代は月単位の使用量しか把握できなかったため、「先月は使いすぎたな」という漠然とした認識しか持つことができませんでした。


 「見える化」だと概ね翌日には前日分の使用量データを確認できるので、「昨日あの時に使いすぎたな」といった感じに、より具体的な意識を持つことが出来ます。


 また、一部の新電力(東京ガスなど)では、予め設定した使用量に達するとメールなどで知らせてくれる機能があります。


東京ガスmyTokyogasの使用量予測

東京ガスの使用量予測

電気の使い方を見直せる


 例えばエアコンについて、「こまめに消さない方が節電になる」という話を聞いたことがありませんか?


 実際、エアコンのメーカーがそのようなアナウンスをしているわけですが、ではどれくらいの時間なら消さずに「つけっぱなし」にした方がいいのか、その答えはどこにもありません。


 「見える化」を使うことで、そうした節電の答えを見つけることが出来るかもしれません。


最適な料金プランを探せる


 電力自由化を機に、時間帯によって料金単価が変わる電気料金プランが一気に増えました。


 一部の電力比較サイトでは、そうしたプランも含めて簡単な質問に答えるだけで「シミュレーション」できますが、その試算が正確である保証はどこにもありません(当サイトでは時間帯プランは掲載していません)


 時間帯によって料金単価が変わるプランは、必ず自宅の使用量データを使って詳細に試算した上で申し込まないと、かえって割高になってしまうリスクがあります。


あしたでんきの「見える化」

あしたでんきの見える化グラフ

 「見える化」から取得したデータを活用することで、時間帯によって料金単価が変わるプランの試算に役立てることができ、自宅の電気料金を極限まで削減することが可能となります。


見て楽しむ


 「見える化」が使えるようになると、数日はグラフを見ているだけで楽しめます。深夜、寝静まっている時間帯にも意外と電気を使っていたり、家族が起きるのにあわせて使用量が増えたりしていることに気づくでしょう。


Looopでんきの節約額チェッカー


 また、Looopでんきのように大手電力会社と比較した料金の「削減額」を表示する機能をもつところもあります。毎月眺めると、節約を実感できて楽しいですよ。


家にいなくても使用状況が分かる


 長期の出張や旅行で家を不在にする時、自宅の防犯が気になることがありませんか? 見える化はネット環境があれば海外からでも自宅の電気の使用状況を確認できるので、防犯にも役立つでしょう。


見える化サービスで離れて暮らす親の生活を見守る


 また、別荘・セカンドハウスの管理にも役立ちますし、離れて暮らす高齢の親御さんの生活を「見守る」のにも役立ちます。


各社の「見える化」サービスの違い


 一口に「見える化」といっても、電力会社によってその内容は微妙に異なります。私が実際にこれまで契約した会社の「見える化」の内容を紹介します。


会社名 データ反映 供給エリア
Looopでんき 翌日以降 沖縄、離島除く全国
あしたでんき 翌日以降 東北、関東、中部、関西
中国、九州
東京ガス 翌日以降 関東
ENEOSでんき 数時間遅れ 関東

 詳しくは以下の記事もご覧ください。ちなみに、東京ガスがダントツで高機能です。




関連記事

電力自由化とは? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース
新電力とは?

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A