私がこれまでに契約した新電力会社の一覧と感想

既に8社目。私がこれまでに契約した新電力会社


 皆さんに電力会社を紹介する手前、1社でも多くの会社を自分自身で実際に契約して試したいと考えている私は、既に自宅で8社の電力会社を利用しました。備忘録を兼ねて、これまで契約した会社の一覧と感想を簡単に紹介します。



自宅で契約した新電力会社7社+1


 自宅で利用した電力会社を紹介します。なお、契約していた季節や期間が異なるため、電気料金の比較は行いません。


ENEOSでんき


契約期間 16年5月〜17年5月
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
数時間遅れ
満足度 ☆☆☆

 電力自由化スタート時点で申込み、契約しました。他社よりも圧倒的に長い1年間にわたり契約を継続しましたが、特に意味はありません。


 これまで契約した中では、顧客対応が一番しっかりしていると感じました。自由化スタート前後の混乱期でさえも、オペレーターが十分な知識を持って対応していました。  また、契約期間中に新築住宅に引っ越しをした際に「転居先のメーターを特定できない」というトラブルがありましたが、最後までちゃんと対応してくださり、無事新居で電気を使えました(メールで3往復ほどやり取りをした)


 「見える化」のデータ更新も数時間遅れと、ほぼリアルタイムだった点も良かったです。ENEOSでんきは解約しましたが、現在もENEOS都市ガスを利用しています。


公式サイト

Looopでんき


契約期間 17年5月〜11月
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
1日1回
満足度 ☆☆☆

 当サイトで申込数が伸びていたのと、引っ越しで契約アンペア数が上がったため「基本料金0円」に惹かれて契約しました。短期間で解約していますが、特に不満があったわけではありません。


 「見える化」のデータ更新が1日1回まとめてという頻度だった点は不満でしたが、東電と比較した「節約額」を表示してくれる機能は良かったです。節約効果を実感することが出来ました。


公式サイト

東京ガス


契約期間 17年12月〜18年6月
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
1日1回
満足度 ☆☆

 新電力でシェアNo.1、また自宅で東京ガスの都市ガスを利用しているということで契約しました。


 機能や付帯サービスが充実しているのは良かったのですが、例えば供給開始予定日の事前通知が無かったり、「見える化」のデータ更新が1日1回まとめて、かつ更新が翌々日あたりなのが不満でした(データ反映はこれまで契約した新電力中で最も遅かった) 見える化自体は他社よりも機能がとても充実していましたが、データの更新頻度が全てを台無しにしている感がありました。


公式サイト

あしたでんき


契約期間 18年7月〜10月
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
1日1回
満足度 ☆☆

 Looopでんきと同じような料金プランで、かつLooopよりも料金が安いということで契約しました。


 特に可もなく不可もなくという感じでした(4社目なので慣れてきたというのもあるかも) 見える化などはLooopの方が使いやすいと思います(節約額を確認する機能もあしたでんきには無い)


 契約アンペア数に関係無く基本料金0円ということで、あしたでんきを通じて契約アンペア数を上げてもらいました。すぐに対応してくださいました。


公式サイト

親指でんき


契約期間 18年11月
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
数時間遅れ
満足度

 入会特典のAmazonギフト券に釣られて申込みました。直前に利用していた「あしたでんき」と同じく基本料金0円の料金プランです。


 申込みフローに「ちぐはぐ」な点があったのがやや不満でした。例えば支払いに使うクレジットカードの登録は、他の新電力会社では申込時に住所などと一緒に登録できますが、親指でんきでは開通後に別途手続きが必要でした。


 あとは顧客対応についても、開通予定日の事前通知が無いだけでなく「切り替わった」という連絡も無く、こちらからメールで問い合わせて初めて開通済みだということが分かった点など、いくつか不満に感じました(詳しくは体験記に記載)


公式サイト

楽天でんき


契約期間 18年12月〜19年3月
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
数時間遅れ
満足度 ☆☆☆

 入会特典ポイントに釣られたのと、直前に契約していた親指でんきに不満と不安があったので早々に切り替えました。


 ちょうど楽天でんきの新規参入(サービスの大幅刷新)にあわせての申込みでしたが、他社よりも後発となる分、ウェブサイトの機能などの作り込みが良かったです。例えば「見える化」機能はENEOSでんきと同様に数時間遅れでデータがどんどん更新されていましたし、グラフも見やすかったです。


 楽天ポイントを電気料金の支払いに充当できるなど、楽天の他のサービスとの組み合わせも良かったです。


公式サイト

エルピオでんき


契約期間 19年4月〜7月
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
数時間遅れ
満足度 ☆☆

 自分で作った電気料金比較シミュレーションで上位に出るので、乗り換えてみました。


 親指でんきと同様、申込みプロセスに「ちぐはぐ」な点があったのがやや不満です。具体的には、申込み完了後に届くメールにあるリンクを開いて、クレジットカード番号を入力する必要がある点が挙げられます(親指でんきと同じ)


 「見える化」のデータ反映は数時間遅れで、その点は利便性が高いです。見える化の機能は上で紹介した親指でんきと同じでした(エプコ社のENESAPというシステムを使っているようです)


公式サイト

AIでんき


契約期間 19年8月〜
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
満足度 未評価

 8月からはAIでんきに切り替わりました。


 運営元が新電力会社に運営支援サービスを販売している会社というだけのことはあって、申込みフローはこれまで契約した新電力会社の中で一番良かったと思います。特に「開通予定日」が申込みから5時間後にメールで届いたのには驚きました。


 契約後の感想などはまた後日追記します。


公式サイト

番外編


 自宅外で契約した新電力会社を紹介します。


熊本電力


契約期間 19年2月〜
解約違約金 無し
「見える化」
情報更新頻度
提供無し
満足度 ☆☆

 親族が営業している事務所で使う電気を、東電から熊本電力に切り替える作業を私が代わりに行いました。


 以前メールで問い合わせた際に2回とも返事が無かった点で非常に不安がありましいたが、いまのところ問題なく使えています。「見える化」が無いのはここまで紹介した新電力会社の中で唯一と、サービス面では他社に劣りますが、電気料金の安さを考えれば目をつぶれます。


公式サイト

電力会社を頻繁に切り替えて分かったこと


 これだけ頻繁に電力会社を切り替えている人はほとんどいないと思うので、きになる疑問に答えていきます。


頻繁に切り替えることで不都合はあったのか?


 これだけ頻繁に電力会社を切り替えて、何も問題は起きないのかという点を疑問に思う人もいるかもしれません。


 最短1ヶ月で解約した会社もありますが、今のところ特に問題は起きていないというのが結論になります。


 しいていえば、過去の請求書や使用量を確認したい時に「あの時はどの会社と契約していたのか」思い出すのが大変だとは感じます。また、「見える化」機能で前年の使用量と確認しづらい 点もデメリットでしょうか。


 なお、現在のところ「違約金無し」の電力会社しか契約していないため、違約金などは取られたことがありません。一方、入会特典ポイントなどを頂いたことは何度かありますし、短期間で解約したために特典がもらえなかったこともあります。


切り替え手続きは簡単


 電力会社を切り替える手続きはとても簡単だ、というのは切り替える度に思います。全てネットで申し込むだけで終わりますし、必要事項の入力も慣れてくると3分程度で完了できるようになります。慣れないうちは5分程度掛かるかもしれません。


 まだ乗り換えていない人は、ぜひ乗り換えを検討してみてください。




関連記事

電力自由化とは? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース
新電力とは?

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?
安くなる理由 電気の調達は?


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A