スマホの充電の電気代はいくら?

スマホの充電の電気代を実測しました


 ほぼ毎日充電する人も多いスマートフォン。電気代がいくら掛かるのか気になったので、実機を使って実際に消費電力を計測してみました。



電気代実測テスト


 実機でおこなった計測テストの結果を紹介します。


計測環境


XPERIAの充電時の電気代を実測


使用機種 Xperia X Performance
電池容量 2570mAh
環境 電池残量10%の状態から
100%になるまでを計測

 サンワサプライのワットモニターを使って計測しましたが、最小表示単位が0.01kWhのため、より正確な数値を出すために同じ条件で2度計測しました。


計測結果 電気代は○○円!


 1回目の計測時点で積算使用量は0.01kWhと表示されていましたが、翌日に2回目を計測したところ、95%ほど充電できたところで0.03kWhになりました。つまり、1回充電するごとに約0.015kWhの電気を使ったことになります。


スマホの充電には0.03kWhの電力を消費した


 電気代に換算すると、1回あたり0.41円です(27円/kWhで計算)
 1日1回の充電で月に12.3円、年間147.6円かかる計算です。


 CO2排出量に換算すると、年間2740gを排出します(1kWhあたり500gで試算)


消費電力の推移


 1充電約2.5時間で使用量が0.015kWhということなので、スマホの充電の消費電力は平均6Wになります。


スマホの充電の消費電力は最大10.1W


 ただし、消費電力を見ていると変動が大きかったです。
 充電開始直後は10.1〜10.2W程度でしたが、70%まで充電できた時点で5W前後、85%以上になった頃には3.1W程度にまで落ちていきました。


 また、充電が100%に到達した後も、1.6〜1.7Wという電力を消費していました。


状況 消費電力
充電開始直後 10.1〜10.2W
残量70% 5W前後
残量85% 3.1〜3.2W
100%充電 1.6〜1.7W

 傾向としては残量が増えるにしたがって、消費電力が低下していきました。




自分のスマホの消費電力を知るには?


 私のXPERIAでは1回0.41円という結果になりましたが、自分のスマホではいくらの電気代になるのか、気になる人もいると思うので、簡単な計算式を紹介して終わります。


電池容量(mAh)×3.8÷1000÷1000×27(電気代単価)


 電池容量は「機種名 電池容量」などと検索すればすぐに分かります。
 最後の27は電気代の単価です。日本国内の平均値が27円/kWhとされているので、ここでは27円とします。


 例えば私のXperiaの場合、電池が2570mAhなので計算結果は0.26円となります。
 実測値よりもだいぶ値が小さいのは、充電時の電気の「ロス」などによるものと思われます。実測値との乖離を考えると、計算結果を更に1.5倍すると「実勢値」になるでしょう。


機種名 電池容量
iPhone X 2716mAh
iPhone XR 2942mAh
iPhone 8 1821mAh
iPad Pro 10.5 8134mAh



関連記事

電力自由化とは? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース
新電力とは?

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A