大阪ガスの太陽光余剰電力買取サービスのメリット・デメリット

大阪ガスの太陽光余剰電力買取サービスを解説


 電力事業に力を入れ、既に関西圏を中心に100万件を超える電気の契約を獲得している大阪ガスが、太陽光発電の余剰電力買取サービスをはじめました。関電など他社のサービスと比較しながら、メリット・デメリットを解説します。


大阪ガスの太陽光余剰電力買取サービス



大阪ガス公式サイト

大阪ガスの太陽光余剰電力買取サービスの詳細


 サービス内容を詳しく解説します。




地域別 買取価格の一覧


 現在のところ関西エリアのみ買取を行います。


エリア 買取価格
関西電力エリア
買取のみ
8.5円/kWh
関西電力エリア
電気とセット契約
9.0円/kWh
関西電力エリア
電気とセット契約
スタイルプランE
9.5円/kWh

 買取プランは3つあり、プランによって買取金額の単価が異なります。


 全体として関西電力の買取金額(8円/kWh)よりは高く設定されているものの、新規参入の買取業者の中では低めといえる設定です。関西エリアでは電気とのセット契約無しでも10円を超える買取価格を提示している業者が複数あります。


 注意点としては、買取料金の支払いは「12ヶ月に1回」と買取業者の中でもかなり長めの設定となっています。


 また、セット契約についてはメリットが薄いと言えます。記事後半で詳しく解説します。


電気とのセット契約も可能


 上でも説明したとおり、「大阪ガスの電気」とのセット契約は必ずしも必要ではありませんが、セット契約にすると買取金額がアップします。


 セット契約の対象のプランは通常のプランのほか、「スタイルプランE」が対象です。スタイルプランEは環境配慮型の電気料金プランで、CO2排出量を実質ゼロとした「スタイルプランE-ZERO」と、エネファームでつくられた電気を供給する「スタイルプランE-SHARE」があります。


 前者は関電の料金プラン(従量電灯A)よりも割高で、月391kWhの使用量では年間4524円高くなります(その分、究極の環境配慮型プランといえる) E-SHAREは同条件で関電より年間1170円安くなるので環境配慮と料金を両立したプランといえます。


 電気料金プランについては以下の記事でも詳しく解説しています。


大阪ガス公式サイト



大阪ガスの太陽光余剰電力買取サービスのメリット・デメリット


 他社サービスと比較したメリット・デメリットを紹介します。


売電・買電 トータルで見てお得感が低い


 前半では大ガスの売電価格は他社と比べてやや低めと紹介しましたが、実はセット契約にする電気料金プランについても関西エリアの新電力会社としては「渋め」の料金設定となっています。モデルケースをもとに試算します。


ケース 電気代削減 買取金額上積み 合計(関電比)
売電・購入ともに関電 0円 0円 0円
売電を大ガス・購入を関電 0円 +1750円 1750円トク
売電・購入ともに大ガス -5973円 +3500円 9473円トク
売電をENEOS
購入をピタでん
-16107円 +7000円 23107円トク

 年間売電量を3500kWh、電気の使用量を月391kWhとした場合の年間試算です(大ガスは電気・ガスのセット契約プラン)


 関電に買電・売電する場合と比べて大ガスの方が年間1万円近くお得ですが、更に売電価格が高い会社や電気代が安い新電力と組み合わせることで、トータルで倍以上お得になります。


環境配慮型プランをお得に使える


 「スタイルプランE」のような環境配慮型のプランは関西エリアにはあまり多くはないので、こうしたプランを選びたい人にはおすすめです。


 「スタイルプランE-ZERO」は関電よりも割高な電気料金となりますが、売電価格が高いためトータルで見れば関電に売買電した場合よりもお得に、CO2排出ゼロを実現できます。


ケース 電気代削減 買取金額上積み 合計(関電比)
売電・購入ともに関電 0円 0円 0円
売電・購入ともに大ガス
スタイルプランE-ZERO
-4524円 +5250円 726円トク

大阪ガス公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A