ENEOS太陽光買取サービスのメリット・デメリット

ENEOS太陽光買取サービスを解説


 ENEOSが2019年11月から始める予定の「太陽光買取サービス」は、固定価格買取制度により買取期間が終了した太陽光発電(卒FIT)を対象としたサービスです。サービス内容をメリット・デメリット両面から詳しく解説します。


ENEOS太陽光買取サービス



ENEOS太陽光買取サービスの詳細


 サービス内容を詳しく解説します。




地域別 買取価格の一覧


 地域によって買取価格が異なります。


エリア 買取価格
北海道電力エリア 11円/kWh
東北電力エリア 11円/kWh
東京電力エリア 11円/kWh
中部電力エリア 10円/kWh
北陸電力エリア 10円/kWh
関西電力エリア 10円/kWh
中国電力エリア 10円/kWh
四国電力エリア 10円/kWh
九州電力エリア 8円/kWh
沖縄電力エリア 非対応

 2021年3月分まで適用の買取価格です。


 いずれの地域でも、大手電力会社の買取価格と比べて数円程度高い買取価格となっています。例えば年間の売電量が3500kWhの場合、関西電力と比べて7000円多く売電収入を得ることができます。


ENEOSでんきとのセット契約は不要


 自社電力サービスとのセット契約が必要な買取サービスが多いですが、ENEOSの場合はENEOSでんきとのセット契約は必要ありません。


 大手電力会社や他の新電力と契約しながらでも、余剰電力をENEOSに買い取ってもらうことが可能です。安い電気料金プランと組み合わせることでメリットを最大化できます。


 なお、ENEOSでんきは東京電力エリアと関西電力エリアに対応しています(中部電力エリアにも2019年度中に対応検討中) 料金試算など詳しい情報は以下の記事をご覧ください。


公式サイト

解約条件は?


 契約上は1年契約となりますが、いつでも解約が可能で解約金などは発生しません。




ENEOS太陽光買取サービスのメリット・デメリット


 他社サービスと比較したメリット・デメリットを紹介します。


(メリット)他社の電気と組み合わせることが可能


 上でも紹介しましたが、ENEOSの太陽光発電買取サービスを利用するのにENEOSでんきの契約は必要ありません。大手電力会社や他の新電力会社の電気を利用しながらでも、ENEOSに売電することが出来ます。


 特にオール電化用の料金プランを利用していない世帯では、電気料金プランを見直すことで電気代が割安になることが多いです。売電先の検討とあわせて、電気料金プランの変更も検討してみてください。


 オール電化用のプラン、特に2011年以前から同じプランを使い続けている場合は、現在契約しているプランが圧倒的に安い場合が多いです。


ENEOSでんきと組み合わせるとどうか


 買取に加え、電気の購入をENEOSでんきに切り替えるのはどうか。モデルケースをもとに試算します。年間売電量を3500kWh、電気の使用量を40A・月391kWhとした場合の年間試算を紹介します。


ケース 電気代削減 買取金額上積み 合計(東電比)
売電・購入ともに東電 0円 0円 0円
売電をENEOS
購入を東電
0円 +8750円 8750円トク
売電・購入ともにENEOS -9397円 +8750円 18147円トク

 ENEOSにまとめることで、経済的メリットが約2倍になります。
 関西エリアについても同様のことが言えます(ENEOSでんきは関東・関西のみ対応)


公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A