エコめがね卒FITPlusのメリット・デメリット

エコめがね卒FITPlusを解説


 NTT西日本グループで再生可能エネルギー関連の事業を手がけるNTTスマイルエナジーの太陽光買取サービス「エコめがね卒FITPlus」を紹介します。蓄電池の設置で買取金額の上乗せなどのサービスもありますが、他社の買取サービスと比較してどうなのか、メリット・デメリットを評価します。



エコめがね卒FITPlusの詳細


 サービス内容を詳しく解説します。




地域別 買取価格の一覧


 地域によって買取価格が異なります。


エリア 買取価格
北海道電力エリア 9.3円/kWh
東北電力エリア 9.3円/kWh
東京電力エリア 9.3円/kWh
中部電力エリア 8.4円/kWh
北陸電力エリア 8.4円/kWh
関西電力エリア 8.4円/kWh
中国電力エリア 8.4円/kWh
四国電力エリア 8.4円/kWh
九州電力エリア 7.2円/kWh
沖縄電力エリア 非対応

 買取価格の水準としては、いずれの地域でも新規参入の会社としては「平均的」と言える水準です。大手電力会社よりは高値の設定になっています。


 NTTスマイルエナジーが契約を取次ぎ、NTTグループの新電力大手であるエネット社(東京ガスや大阪ガスも出資)が買取る仕組みです。


 また、NTTスマイルエナジーが提供している太陽光発電システムを遠隔監視する「ちくでんエコめがね」というサービスや、パナソニック製の一部の家庭用蓄電池などを導入すると買取価格がアップします(9.3円エリア→最高16円など)


セット契約は必要無い


 買取のみ利用する場合は、NTTスマイルエナジーの「ちくでんエコめがね」などのサービスを契約したり、電気の契約を変更する必要は無いとの回答を頂戴しました。


 他社のお得なサービスと組み合わせながら利用できます。


解約条件は?


 解約にあたって特に違約金などの発生は無いとの回答を得ています(2019年7月)




エコめがね卒FITPlusのメリット・デメリット


 他社サービスと比較したメリット・デメリットを紹介します。


買取額の増額は要検討


 パナソニック製蓄電池などを設置すると買取金額が増額されますが、特に蓄電池の場合は導入費用が高額(割高という意味で)となるため、高値の買取がおこなわれても「元を取る」のは難しいと考えた方がよいです。


 また、蓄電池などの設備は複数業者間で複数メーカー製品の相見積もりを取ることで導入費用を大幅に削減できる場合が多々あります。導入にあたっては他社製品も含めて検討することをおすすめします →蓄電池の一括見積もりサイト




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A