和歌山電力の卒FIT太陽光買取サービスのメリット・デメリット

和歌山電力の卒FIT太陽光買取サービスを解説


 2015年に和歌山県内初の電力会社として設立された和歌山電力が卒FIT太陽光発電の買取サービスを開始します。「最高値水準」と言える高値の買取価格で、和歌山県内だけでなく関西圏の余剰電力を買い取ります。関電など他社と比較しながら、詳しく検証します。


和歌山電力の卒FIT太陽光買取サービス



公式サイト

和歌山電力の卒FIT太陽光買取サービスの詳細


 サービス内容を詳しく解説します。




買取価格の一覧


 関西エリアのみ対応しています。


エリア 買取価格
関西電力エリア 10円/kWh

 電気など他のサービスとのセット契約が必要な買取メニューを除くと、関西電力エリアの買取業者の中では最高値水準と言える買取金額を提示しています。


 また、キャンペーンで更に買取金額がお得になります。


解約条件は?


 契約期間は2年で、その後は1年ごとの自動更新となっていますが、解約金などは原則掛からないとしています。


入会キャンペーン


 2021年1月29日までに申し込むと、夏場の買取価格が11円/kWhになるキャンペーンを実施中です。


 もともとの買取金額でも十分高いですが、夏季(7・8月検針分)の買取単価が1円上乗せされて11円/kWhになります。


 夏季の需要が増えるシーズンは電気の調達価格(市場での取引価格)が高騰することがあります。通常10円程度で取引されているものが、時間帯によっては40円を越えることもあり、新電力会社の経営を圧迫しています。卒FITの買取単価は固定額であるため、高騰する時期に上乗せしても採算が取れると考えたのでしょう。契約者にとっても、和歌山電力にとってもメリットのある企画だと思います。


公式サイト



和歌山電力のメリット・デメリット


 他社サービスと比較したメリット・デメリットを紹介します。


売電・買電トータルで見るとどうか


 余剰電力の売電と電気の購入を和歌山電力にまとめるのはどうか、関電や他社とモデルケースで比較します。


ケース 電気代削減 買取金額上積み 合計(関電比)
売電・購入ともに関電 0円 0円 0円
売電・購入ともに和歌山電力 -8556円 +7000円 15556円トク
売電を和歌山電力
購入をピタでん
-16107円 +7000円 23107円トク

 年間売電量を3500kWh、電気の使用量を月391kWhとした場合の年間試算です(和歌山電力の買取金額にはキャンペーン分を加味していない)


 関電に売買電した場合と比べると、和歌山電力に売電・買電した方が年間1.5万円お得という結果になりました。


 和歌山電力に関しては売電価格が高いものの、電気料金の水準が関西エリアの新電力会社の中では「平均クラス」であるため、最安値水準の会社と契約することで更に大幅な節約が可能です。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A