太陽光発電の無料設置 メリット・デメリットは?

太陽光発電の無料設置とは?


 一般的に数百万円掛かる家庭の太陽光発電システム。それを「無料で」設置してくれるサービスが少しずつ普及しつつあります。そのメリットやデメリットを詳しく解説した上で、実際のサービスを比較します。



無料で設置してくれる仕組み


 冒頭でも紹介したように、住宅用の太陽光発電システムは新車が買えるくらいの高額な商品です。それを無料で設置する「ビジネス」が成立する仕組みはこうです。


 国の制度として、太陽光発電でつくられた電気(余剰電力)を買い取る「固定価格買取制度」というものがあります。


太陽光発電を無料で設置できる


 この制度を利用すると、住宅の太陽光発電システムでつくった電気のうち、家庭で使いきれなかった分を「決まった金額」で電力会社が買い取ってくれます。
 買い取り期間は10年で、買い取り単価は26円/kWh(平成30年度設置分)です。


 自腹で太陽光発電を設置する場合は、売電収入が自分の懐に入るわけですが、無料設置の場合は設置業者に全額入ります。売電収入で設置費用をまかない、収益を上げるビジネスモデルです。


 発電パネルを始め、発電システムは設置業者が一定期間保有します。
 ちなみに、アメリカでは住宅用太陽光発電の72%(2014年)がこうした「無料設置」であるというデータもあり、太陽光発電の導入増加を後押しする要因となっています。


無料設置のメリット


 続いて、無料設置のメリットの部分を紹介していきます。


多額にのぼる導入費用をゼロにできる


 太陽光発電の導入にあたって発生する、大きな初期費用を「ゼロ」にできるのが無料設置サービスの最大のメリットと言えるでしょう。


 太陽光発電は費用が高額になるため、場合によってはローンを組む人も少なくありません(銀行が専用の商品を用意していたりする)また、新築時に設置する場合は住宅ローンで返済する場合もあります。金利負担が無くなるという点もメリットです。


太陽光発電の設置費用が無料になる


電気料金が安くなる


 無料設置サービスを提供している会社では、無料設置とあわせて格安な電気料金プランを用意しています。多くの場合、大手電力会社の一般的なプランより割安に設定されているため、電気料金が安くなります。


 また、一部のサービスでは自宅で発電した電気を一定量まで「無料で」使うことが出来るものもあります。


メンテナンスの手間・費用が不要


 太陽光発電は「設置して終わり」というものではありません。定期的なメンテナンスが必要になりますし、また故障した場合は当然修理が必要です。


 無料設置サービスの場合、(契約期間中の)メンテナンスに掛かる費用は設置業者が負担します。また、万が一故障した場合にもやはり業者負担で修理が行われるため、利用者の負担がありません。


一定期間経てば自分のものにできる


 「契約期間」が終了すると、太陽光発電システムの所有権が利用者側に移ります。無料で太陽光発電システムがもらえるというわけです。


 契約期間はサービスによって異なりますが、10〜20年というものが多いです。


停電時に非常用電源として使える


停電時の非常用電源としても使える


 住宅に太陽光発電を設置するメリットとしてよく言われるのが、停電発生時の「非常用電源」としての活用です。
 もちろん太陽が出ている昼間しか使えませんが、最大で1500Wの電気を使えます。発電量が充分なら炊飯器でご飯を炊くことも出来ますし、夕方近くでもスマホの充電くらいは出来るでしょう。


 無料設置で導入した太陽光発電システムについても、停電時にはこうした非常用電源として活用することができます。設備も対応していますし、規約上も「OK」となっているものがほとんどです。


無料設置のデメリット


 続いて、契約する前に確認すべきデメリットを紹介します。


導入にあたって審査がある


 ビジネスとして「無料設置」しているので、導入にあたっては審査があります。発電量のシミュレーションや建物の築年数によっては、導入できないこともあります。


 特に積雪がある地域や、築年数が古い住宅では設置を断られる可能性が高いです。


中途解約すると多額の買取費用が発生


 10〜20年の契約期間の途中で解約することも出来ますが、その場合は太陽光発電システムを「買い取る」必要があります。


 例えば東電系の「ほっとでんき」の場合、以下の金額が示されています(容量4.5kWの場合)


経過年数 10年契約 20年契約
1年 115万円 121万円
5年 64万円 96万円
9年 13万円 70万円
10年 0万円 64万円
15年 32万円
19年 6万円
20年 0万円

 懲罰的な違約金というよりも、パネルの「買い取り」をするというイメージです。
 例えば業界大手のじぶん電力の担当者は「太陽光発電を導入したいが初期費用を用意できない場合、何年かサービスを利用した後で買い取ってもらう使い方もかまわない」また、「自分で設置するより安く済む可能性もある」と語っています。


売電収入を得られない


 設置業者は売電収入で設置費用を回収するため、利用者は売電収入を得ることが出来ません。


 もちろん、契約期間終了後は発電システムが自分のものになるので、そこで生み出された電気は全て自由に使うことができます。固定価格買取制度の適用期限(10年)を過ぎているため高額の買い取りは期待できませんが、売電も可能です。


蓄電池やエネファームと併用できない


 蓄電池やエネファーム(家庭用燃料電池)、エコウィル(ガス発電)などのシステムと組み合わせることが出来ません。これらの設備を設置している、あるいは今後設置を予定している場合は無料設置を利用できません。


 「蓄電池」については、設置することで自家消費が格段に増え売電収入が減ってしまうことが理由です。
 エネファームなどについては、国の制度上これらの設備を併用すると余剰電力の買取価格が安くなってしまうため、採算が取りにくくなるので業者側が認めていません。


 契約期間終了後であれば、設置可能です。


蓄電池などの設備と併用できない


家を売買する際に手間が増える


 家を売買する際に、次の所有者にも「無料設置」の契約を引き継いでもらうことが、利用者側の義務として規約に書かれています。


 契約変更の手続きも必要になるため、その点で「手間が増える」と言えます。


 また、売買自体のハードルが上がる可能性が無いとも言い切れません。一方で発電設備があることが物件のアピールポイントになる可能性もあるので、その辺りはケースバイケースです。


屋根の工事がしにくくなる


 パネルの修理費用や、パネル設置により万が一雨漏りが発生した場合などは、設置業者の責任で修理が行われます。


 しかし、利用者側の理由で屋根周辺の工事が必要になる場合は、少し厄介です。仮に太陽光パネルを一時撤去する必要が出てくる場合は、当然費用は利用者側の負担となります。


 とはいえ、自己負担での設置の場合でも屋根まわりの工事が「しにくくなる」というデメリットは同じなので、無料設置だけの特別なデメリットとは言えません。


契約終了後の撤去費用は自腹


 10〜20年の契約期間終了後は、発電システムの所有権が業者側から利用者側に移ります。所有権が移れば後は「何をしてもいい」わけですが、撤去する場合の費用は自腹となります。
 設置は無料でも、撤去する際は何かしら費用が発生することを頭に入れておく必要があります。


 撤去費用については、一般的には「数十万円程度」と言われています。設置費用と比べると一桁少ない金額ですが、その費用まで念頭に入れて収支を計算する必要があります。見落としがちなポイントです。


 また、メンテナンスについても契約期間終了後は自己負担です。
 パネル自体は30年程度もつと言われていますが、パワーコンディショナーという設備の寿命は10〜15年程度と言われており、長期間使うには交換が必要になります。交換にはやはり数十万円掛かります。



無料設置サービスの一覧


 太陽光発電の無料設置サービスを紹介して終わります。


各サービスの比較


 まずは比較表で簡単に紹介します。


サービス名 運営会社 契約期間 対応地域 パネルメーカー
じぶん電力 日本エコシステム 20年 北海道・北陸・沖縄
などを除く全国
ソーラーフロンティア
ほっとでんき TRENDE(東電系) 10年
20年
関東・中部・関西 非公表
シェアでんき シェアリングエネルギー 20年 北海道・北陸・沖縄
などを除く全国
非公表
HOME太陽光でんき ハウステンボス 10年 関東・中部・関西 京セラ

 続いて、各社のサービスを詳しく紹介します。


じぶん電力


 2016年にサービスを開始した、日本国内初の太陽光発電「無料設置」サービスです。
 NTTグループの工事を請け負う大手情報通信建設会社である日本コムシスの子会社が提供しています。


 昭和シェル石油系のパネルメーカー、ソーラーフロンティア製の高効率パネルを無料で設置します。


 発電した電気を自宅で利用できるのはもちろん、不足分(夜間など)は大手新電力のエネットから電気を供給します。
 料金プランは2種類あり、東電など大手電力会社より割安なプランと、CO2排出量実質ゼロのプランから選べます。


 自家消費分については27円/kWhの料金が発生しますが、再エネ賦課金(18年は2.9円/kWn)や燃料費調整額が掛からないので、大手電力会社よりも安いです。


じぶん電力公式サイト

ほっとでんき


 2018年サービス開始。東京電力系の新電力、TRENDEが提供しています。
「海外製の安いパネル」(電気新聞 2018年8月8日)を設置します。


 10年契約と20年契約の2種類のプランがあり、20年の方が電気料金がお得です(関東では10年が27.01円/kWhに対し20年は24.01円)
 大手電力会社よりもお得であることに間違いは無いのですが、同社が提供しているあしたでんき(パネル設置無し、電気だけで契約できる)は25.5円/kWhですから、無料設置付随の10年契約プランの方が割高な設定です。


地域 10年契約 20年契約
関東 27.01円/kWh 24.01円/kWh
中部 25.17円/kWh 22.37円/kWh
関西 25.58円/kWh 23.0円/kWh

基本料金はいずれも0円


シェアでんき


 やはり2018年に開始したサービスです。プロパンガスの比較サイトなどを運営する企業などが出資するシェアリングエネルギー社が提供しています。


 発電量の30%までは無料で使うことが出来るため、その分電気代が安くなります(超過した分については26円/kWh) 30%というと少ないように感じますが、一般的な住宅用ソーラー発電の自家消費量が発電量の30%程度と言われているので、「平均的な」使い方に相当します。


HOME太陽光でんき


ハウステンボスのHOME太陽光でんき


 佐世保にあるテーマパーク、ハウステンボスが提供しています。2017年開始のサービスです。信頼性が高い京セラ製のパネルを設置します。


 ハウステンボスが属するエイチ・アイ・エスグループは、旅行会社でありながら電力会社(HTBエナジー)を設立したり、太陽光やバイオマス発電所を建設しています。


 電気料金が無料になる特典は無いものの、専用の電気料金プランが安い上に契約期間10年と短いので、利用者側の採算性は高いでしょう。


地域 基本料 従量料金
東電エリア 0円 26円/kWh
中部電力 0円 26円/kWh
関電 0円 22円/kWh



関連記事

電力自由化とは? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース
新電力とは?

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A