供給地点特定番号の調べ方 | 引っ越し先や新居も

供給地点番号、どこに書いてあるの?


 電力会社を変更する際の手続きに必要となる「供給地点特定番号」 どこをどう調べたら分かるのかケースごとに詳しく解説します。



そもそも供給地点特定番号とは


 まずは供給地点特定番号について簡単に解説します。


電気の契約切り替えに必要な番号です


 供給地点特定番号は、電力会社を変更するのに必要な22桁の数字です。2016年の電力自由化を機に、全国統一のシステムとして導入されました。


 建物ごとに割り振られたものではなく、電気の「メーター」ごとに異なる数字が割り振られています。また、電力会社を何回切り替えようが、供給地点特定番号は変わりません。電力会社を切り替るにあたっては、現在契約している電力会社の「お客様番号」もあわせて必要となるので、一緒に確認してください。


スマートメーター

地点番号はメーターごとに割り振られている

 なお、この供給地点特定番号から住所を調べることが出来るため、取り扱いには注意しましょう。


供給地点特定番号の調べ方


 本題に入ります。供給地点特定番号は何をどう調べたら分かるのか、ケースごとに解説します。


大手電力会社と契約している場合


 大手電力会社と契約している場合は、毎月紙で届く電気の検針票に供給地点特定番号が記載されています。会社によっては「供給地点番号」や「地点番号」という書き方になっている場合もあります。
 なお、2016年1月よりも以前の検針票には供給地点特定番号の記載はありません。2016年以降の検針票を探してください。


東京電力の検針票

東京電力の検針票 左上に「地点番号」と記載

 例えば東京電力の場合は、検針票の左上に書かれています。


 手元に検針票が無い場合などは、電力会社のコールセンターに電話などで問い合わせると教えてもらうことが出来ます。



新電力と契約している場合


 新電力と契約している場合、紙の検針票が無い場合が多いです。
 そうした場合は、ウェブの「マイページ」の「お客様情報」のページや、請求書画面に供給地点番号が書かれていることが多いです。私がこれまでに契約した7社中6社はウェブで確認することが出来ました。


熊本電力の請求書に供給地点特定番号が記載

請求書に供給地点番号が書かれている(熊本電力の例)

 また、新電力に申し込んだ際に新電力から届くメールや書面などに記載されている場合もあります。


 前半でも触れたように、供給地点特定番号は電力会社を変更しても変わりません。以前(同じ場所で)契約していた電力会社の請求書などを見ても確認することが可能です。現在契約している会社に問い合わせてもよいでしょう。



引っ越しの場合


 引っ越しで新たな家に移る場合、新居の供給地点特定番号が分からず困ることが多いと思います。


 その場合は引っ越し先で契約する予定の電力会社、あるいは電気メーターを含めて送配電網を管理している「地域の大手電力会社」に問い合わせることで、新居の供給地点特定番号を調べてもらうことが出来ます(住所から検索を掛ける)


 また、電力会社によっては引っ越し先の供給地点番号が分からなくても手続き可能、としているところもあります。


 不動産会社に問い合わせるという方法を紹介しているサイトが多いですが、一戸一戸の供給地点番号を把握している大家や不動産会社は多くないでしょう。聞かれても困るし調べるにも時間が掛かってしまう、というのが不動産賃貸業を営む身として思います。直接電力会社に聞いてもらった方が遥かにスムーズです。



 また、引っ越しの場合は間取りや設備が変わることで、電気の使用状況が大きく変わります。入居から1、2ヶ月経ったら最適な電気料金プランを探すのもおすすめです。


新築の場合


新築の場合はハウスメーカーなどに問い合わせる


 新築の場合、工事の段階でハウスメーカー・工務店が電気を契約するので、ハウスメーカーに聞けば分かります。営業担当者か現場監督などに聞いてください。


 ただし引き込み線の工事が完了していない段階などでは、そもそも供給地点特定番号の登録が完了していない場合もあります。ある程度工事が進んだ段階になってから確認するのがおすすめです。





電力自由化を知るための記事

電力自由化とは? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース
新電力とは?

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A