新電力への切り替えにかかる初期費用 | 電力会社の乗り換え

新電力の乗り換え、気になる初期費用は? 


 電力自由化により、電力会社を自由に乗り換えられるようになります。でも、乗り換えるにあたって「初期費用」がいくらかかるのか、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。電力会社の「乗り換え」にかかる費用をズバリ解説します。




乗り換えにかかる費用一覧


 電力会社を切り替えるにあたって、発生する「可能性がある」費用を紹介します。


工事費用は無料


 電力会社を初めて新電力に乗り換える場合、電力メーターを「スマートメーター」に切り替える簡単な工事をする必要があります(既に交換済みの場合は工事不要)


スマートメーター

これがスマートメーターです

 しかし、工事費用を請求されることは「基本的には」ありません。無料で交換してもらえます。
 新しいメーターを設置するスペースが無い、交換作業で壁が崩壊するなどのレアケースでは工事費用を請求されるケースもありますが、一般的には無料です。


 また、電線など他の設備は交換されることなく、そのまま引き続き使います。
 メーター交換については、賃貸マンション・アパートの場合でも特に大家や管理会社の許可は必要ありません。メーターは電力会社(東電など大手の)の所有物で、電力会社の都合で交換されるからです。詳しくは以下の記事も参考にしてください。


契約事務手数料がかかる場合が


 携帯電話を契約する時に、「契約事務手数料」を取られた経験はありませんか?


 電力会社を乗り換える場合も、こうした事務手数料が必要になる場合もごく少数あります。金額はだいたい3千円前後という価格設定の会社が多いです。


 実際には手数料を取らない新電力がほとんどですし、「キャンペーン実施」を名目として一時的に無料化している場合もあります。


以前契約していた会社の解約違約金


 大手電力会社の一般的なプランからの乗り換えであれば、違約金が発生することは基本的にありません。


 しかし、大手電力でも電力自由化後に契約した特別なプランや、新電力から新電力に切り替える場合には解約時の違約金が発生する場合もあります。今お使いのプランを確認してください。


 違約金が発生しない新電力が多いですが、発生する場合でも「1年未満の解約/2千円」というのが相場です。


詐欺にご注意!


 上で説明した通り、多くの新電力では初期費用を必要としていないか、かかっても数千円程度です。もし何万円、何十万円という初期費用を要求する業者があったら、詐欺の可能性があります。


 一部では「専用のブレーカーを設置する」などと不必要な商品を高額な値段で売りつける「電力自由化詐欺」が発生しています。離れて暮らす親御さんなどにも注意喚起してあげてください。




新電力を知るための記事


電力自由化・新電力って何? 停電のリスクは?
乗り換えでいくら安くなるの? 乗り換えで料金が値上がりするケース

どうやって契約するの? 乗り換えのメリット・デメリット
乗り換えにかかる初期費用 乗り換えに工事は必要?
賃貸住宅でも乗り換えられるの? 解約する時の違約金は?


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A