AIでんきの口コミ・評判

AIでんきの概要


運営会社 パワー・オプティマイザー 電力調達 不明
供給エリア 北海道、北陸、沖縄
離島を除く全国
契約条件 特に無し

AIでんきの特徴


 「AIでんき」は秋田市に本社を置くパワー・オプティマイザー社が提供しています。同社はネット広告の代理店として知られるオプティマイザー社の関連企業です。ネット広告の他にも、新電力の設立支援パッケージや需給管理システムの販売を行っている企業グループです。


 「基本料金0円」で、類似するLooopでんきや楽天でんきよりも更に安い料金単価となっていますが、使い方によってはそれらよりも割高になる場合や、市場環境によっては料金が高くなるリスクがある特殊な料金体系をとっています。電力自由化の専門家として多数のメディア取材を受けてきた私が、注意点も交えながら詳しく解説します。


料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東北電力エリア +7.6%
+3778円
-0.4%
-384円
-4.6%
-5882円
-7.7%
-11487円
東京電力エリア +4.4%
+2272円
-3.4%
-3899円
-7.2%
-9534円
-10.0%
-15323円
中部電力エリア +2.1%
+1123円
-2.1%
-2384円
-5.3%
-6946円
-7.8%
-11587円
関西電力エリア +5.4%
+2423円
-4.4%
-4446円
-6.2%
-7233円
-7.7%
-10214円
中国電力エリア +6.1%
+2846円
-4.8%
-5146円
-6.5%
-7875円
-7.8%
-10795円
四国電力エリア +3.8%
+1797円
-5.6%
-5970円
-7.5%
-9169円
-9.0%
-12591円
九州電力エリア +3.1%
+1425円
-3.3%
-3353円
-7.1%
-8341円
-9.9%
-13429円

 「基本料金0円」で1kWhあたり一律の従量料金が加算される料金体系です。先行して参入し人気を集めているLooopでんきと同じです。料金単価についても、関西を除く全ての地域でLooopよりも0.1円/kWh安く設定されており、Looopを強く意識していることが伺えます。


 主に3人以上の世帯では、多くの地域で「上位」と言えるお得な料金プランです。


価格高騰リスクがある特殊な料金体系に変更予定


 AIでんきでは、2021年7月に料金プランを改定します。改定後の料金プランの注意点を紹介します。


改定の背景といたしましては、2021年に入っての電力卸売価格上昇の状況を鑑み、今後においても気象状況やLNG等我が国のエネルギー調達環境によって電力調達価格の高騰が断続的に発生する可能性があり、電力会社としての安定供給と事業継続性を両立する為の適切な電力調達の多様化とリスクコントロール費用(※1)が発生しています。これら調達に関する費用の一部について毎月の独自の燃料調整費としてご負担をいただくものです。

引用元:【重要】「AIでんき」の料金体系改定について(AIでんき)

 改定後の料金体系は、「卸電力取引所」の取引価格高騰分を料金に転嫁する「一部市場連動型」と呼ばれる特殊な料金体系となります。


2020年12月25日〜21年1月7日の取引価格(東京エリア)

高騰した2020年12月25日〜21年1月7日の取引価格(東京エリア)

 卸電力取引所の取引価格はしばしば高騰することがあります。2021年1月には約1ヶ月にわたり大幅な高騰を続け、少なくない新電力の経営に深刻なダメージを与えました。AIでんきについても、この高騰を機に今回の一部市場連動型プランへの移行を進めることが、これまでのプレスリリースの中で明らかにされています。


 今後の見通しとして、経産省が2021年夏・冬シーズンに「電力不足」の深刻な懸念があることを2021年5月に公表しており、そのタイミングで卸電力取引所の取引価格が高騰する恐れがあります。


 AIでんきの新たな料金プランの「調達電源等調整費」がどのような計算式なのか、現時点で明らかにされていませんが、これまでとは異なり取引価格高騰の影響を受ける点は間違いないと言えますし、価格高騰が起こり2021〜22年にかけて電気料金の負担が大きくなるリスクは低くは無いと言えます。


 料金シミュレーションでは、使用量が多い場合に他社より割安であると紹介しましたが、「そうならない」リスクがある点には注意が必要です。場合によっては一定期間、大手電力より料金単価が高くなるリスクもゼロではありません。


 あしたでんきやエルピオでんきなど、AIでんきと同じ「基本料金0円」の料金体系をとっている他社のプランには、このようなリスクはありません。


AIでんき あしたでんき エルピオでんき
東北電力エリア 26.3円/kWh 26.0円/kWh 基本料金
がある
東京電力エリア 26.3円/kWh 26.0円/kWh
中部電力エリア 26.3円/kWh 26.0円/kWh
関西電力エリア 23.3円/kWh 22.0円/kWh 22.20円/kWh
中国電力エリア 24.3円/kWh 24.0円/kWh 23.58円/kWh
四国電力エリア 24.3円/kWh 非対応 23.94円/kWh
九州電力エリア 23.3円/kWh 23.0円/kWh 22.91円/kWh

解約時の違約金は?


 契約上は1年契約ですが、途中で解約しても違約金は発生しません。私もわずか2ヶ月で解約しましたが、違約金などは取られていません。


支払い方法は?


 クレジットカード(VISA・Master、JCB、AMEXなど)での支払いとなります。
 なお、法人名義の場合は口座振替も可能です。


 どうしても口座振替がいいという方には、AIでんきと同じく基本料金0円+一律料金単価の親指でんきをおすすめします。親指でんきはAIでんきよりも年間数百円高いですが、口座振替での支払いが可能です。解約違約金等もありません。


AIでんきの評価


「最低料金」にデメリットも


 電気を全く使わなかった場合(ブレーカーを落としっぱなしにした時とか)や、使用量が少なかった場合に適用される「最低料金」というものがあります。


 AIでんきでは、最低料金が1契約につき1360.8円(関西、中国、四国エリア)もしくは「契約電流10Aにつき226.8円」(それ以外の地域)請求されます。例えば関東で50A契約なら、1134円掛かります。


 日常的に人が生活している住宅では最低料金を気にする必要は全くありませんが、例えば別荘空き家などでブレーカーを落としっぱなしにする場合は、AIでんきが割高になる場合もあります。
 Looopでんきは最低料金が0円なので、このような使い方をするならLooopでんきがおすすめです。


環境面・エコ


 電源構成や電源の調達方法は公表していません。


 環境省が発表したCO2排出係数を見ると、AIでんき運営元であるパワー・オプティマイザー社の値は1kWhあたり539g(2019年度実績)と、新電力としては平均的な値となっています。環境負荷は特に大きいわけでも小さいわけでもありません。


「見える化」には非対応


 自宅の電気使用量をグラフやデータとして確認できる「見える化」機能は、多くの新電力会社がウェブのマイページを通じて無料で提供しています。


 AIでんきについては、見える化サービスの提供を行っていません。マイページは請求額の確認や契約内容の確認など、最小限の機能のみです。私はこれまでに10社以上の新電力を利用していますが、「見える化」を提供していないのはAIでんきのみでした。


AIでんきのマイページ

マイページ

関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A