CDエナジーの解約体験談 解約違約金や解約方法など

CDエナジーの「解約」を体験談を交えて解説


 1社でも多くの電力会社を実際に自分で利用することを目標としている私は、CDエナジーの電気を契約して4ヶ月で解約しました。その際の体験談を交えながら、解約手順や解約違約金の有無など、CDエナジーの「解約」にまつわる疑問を解消します。



CDエナジーダイレクト公式サイト

CDエナジーの解約方法・手順


 まずはCDエナジーダイレクトの解約方法、手順を解説します。


他社に乗り換える場合


 東京電力に戻す、あるいは他の新電力に乗り換える場合は、次に利用する電力会社に申し込みをしてください。次に利用する電力会社に申し込みをすると、その会社からCDエナジーに解約の申し込みが飛びます。


 したがって、何か自分で解約の手続きや申込みをCDエナジーに対して行う必要はありません。電力自由化のシステム上、このような便利な制度が整っています。もちろん私もCDエナジーに解約申込みは自分では行っていません。


電気の使用を止める場合


 建物の解体など、電気の使用自体を終了する場合は、CDエナジーに解約申込みが必要です。ウェブのマイページ「カテエネ」にログインすると画面右上に「各種手続き・登録変更」という項目があり、そこをクリックすると「現在の電気・ガスの利用停止」という項目があります。


CDエナジーの解約画面

解約予定日を入力する画面

 更に進んでいくと個人情報を入力するフォームが表示されるので、そこにCDエナジーのお客様番号や供給地点特定番号、あとは電気の終了を希望する日時などを入力します。


CDエナジーダイレクト公式サイト

CDエナジーを解約して分かったこと


 解約に際して不安に感じやすい点などをまとめます。


短期間で解約しても解約金は掛からなかった


 CDエナジーは一部のプランを除き、解約違約金がありません。私が契約し4ヶ月で解約した「ファミリーでんき」も解約金が発生しないプランなので、当然解約違約金などは取られていません。


 なお、CDエナジーでも電気以外のサービスと抱合せになっているプランは、途中解約で違約金が発生します。違約金が発生する主なプランは以下のとおり。



 上記のプランについては、契約の残存期間に応じた解約金が発生するので注意してください。


解約後のマイページへのログインは


 CDエナジーを解約してから現時点で4ヶ月が経過していますが、現時点ではウェブのマイページ「カテエネ」へのログインは継続して可能な状態です。


 過去の電気使用量のデータなども引き続き確認することが出来ています。


CDエナジーの「見える化」

カテエネへのログインは引き続き可能

 ただし、他社では一定期間経過するとログイン出来なくなったところもあるので、消えて困るデータなどは予めご自身のパソコンなどに保存しておくことをおすすめします。


CDエナジーダイレクト公式サイト

貯まったポイントはどうなったか


 現時点で解約から4ヶ月以上が経過していますが、貯まった「カテエネポイント」はそのまま残っています。なお、ポイントの有効期限は約3年後の日付だったので、それまでに交換が必要となるでしょう。


CDエナジーのカテエネポイント

カテエネポイントの残高

 カテエネポイントのまま置いておいても意味が無いので、この記事を書きながらT-POINTに交換しました。解約後でもポイント交換が可能なので、最終月分のポイントが付与されてからポイント交換を行うのがおすすめです(100ポイント単位でしか交換出来ないもよう)


CDエナジーダイレクト公式サイト

関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A