CDエナジー「ファミリーでんき」のメリット・デメリット

契約した私が語るCDエナジー「ファミリーでんき」


 実際にCDエナジーの「ファミリーでんき」を契約している私が、このプランのメリット・デメリットを他の新電力やCDエナジーの他のプランと比較しながら、分かりやすく解説します。


CDエナジーダイレクト公式サイト

料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる? 東電との比較


 まずは乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で東京電力の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
ファミリーでんき
20A契約不可 -5.2%
-5920円
-6.7%
-8936円
-7.9%
-12144円

 4人世帯の場合、東電と比較して月1000円程度の節約になる料金設定です。


 注意点としては、月の使用量が300kWhを下回ると、東電標準メニューよりも割高になる点です。東電の請求額で8200円(30Aの場合)がボーダーラインで、それ以上使えば東電よりも安くなります。


 その名のとおり、3人以上のファミリー世帯向けの料金プランと言えます。ファミリー世帯でも、太陽光発電やエネファームといった発電設備を設置している場合は、要注意です。


CDエナジーダイレクト公式サイト

セット割引は?


 都市ガスとセット契約にすることで、電気代・ガス代がそれぞれ0.5%引きになります。ガスは東京ガスの都市ガスエリアのみ対応しています。


 セット契約の場合の料金シミュレーションは以下のとおり。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
ファミリーでんき/セット契約
20A契約不可 -5.7%
-6459円
-7.2%
-9556円
-8.4%
-12849円
東京ガスエリア
セット契約
-3.6%
-1398円
-3.6%
-2203円
-3.6%
-2651円
-3.6%
-2707円

 ガスは東京ガスの「一般契約」と比較して、一律3.6%安くなる(セット割引込み)料金体系です。使用量が少なくても割高にはなりません。


 電気・ガスセットで、3人世帯では月に1000円程度、4人世帯では1300円程度の節約になります。なお、東京電力や東京ガスにもセット契約がありますが、いずれと比較してもCDエナジーのセット契約の方が安いです。


解約時の違約金は?


 解約違約金は掛かりません。


支払い方法は?


 クレジットカード、口座振替での支払いに対応しています。


CDエナジーダイレクト公式サイト

CDエナジーの他のプランとの比較


 CDエナジーの他のプランと、「ファミリーでんき」を比較します。


ベーシックプランと比較 損益分岐点は?


 まずは「ベーシックでんき」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
ファミリーでんき
20A契約不可 -5.2%
-5920円
-6.7%
-8936円
-7.9%
-12144円
東京電力エリア
ベーシック
-3.3%
-1692円
-5.7%
-6483円
-6.8%
-9033円
-7.7%
-11744円

 上での試算では3人以上ではファミリーでんきの方が安くなっていることが分かります。


 月の使用量が390kWhを超えると、ファミリーでんきの方が安く、下回るとベーシックでんきの方が安いです。損益分岐点は390kWh、東電の電気代請求額にして11000円です。


 概ね3人以上の世帯ではファミリーでんきの方が安く、2人以下の世帯ではベーシックでんきの方が安いと言えます。


CDエナジーダイレクト公式サイト

シングルでんきとの比較


 続いて「シングルでんき」と「ベーシックでんき」を比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
ファミリーでんき
20A契約不可 -5.2%
-5920円
-6.7%
-8936円
-7.9%
-12144円
東京電力エリア
シングルでんき
20A契約不可 -2.1%
-2337円
-1.9%
-2529円
-1.8%
-2732円

 いずれの試算例でもファミリーでんきの方が安いという結果になりました。


 30A契約の場合、月の使用量が290kWh(東電の請求額にして8000円程度)を下回るとシングルでんきの方が安くなります。1・2人世帯が該当するでしょう。


 ただし290kWh以下の場合でも、シングルでんきよりも「ベーシックでんき」の方が安いので、ベーシックでんきを選んだ方が良いです。


CDエナジーダイレクト公式サイト

CDエナジーダイレクトの評価


 


環境面・エコ


 電源構成は現在のところ公表されていません。


 環境省を通じて公表されたCO2排出係数は1kWhあたり430g(2017・18年度実績)と、新電力としてはCO2排出量が少ないと言える水準です。東電と比較しても10%程度少ないので、二酸化炭素排出量を削減することができます。


「見える化」も提供


 自宅の電気使用量をウェブで確認できる「見える化」サービスも提供しています。マイページにログインすると月別・日別・時間別のグラフで電力使用量を確認できます。


CDエナジーの「見える化」グラフ

時間別でのグラフ

 データの更新は1日1回、まとめて行なわれています。
 また、自宅の前年同月の使用実績や同じような使用状況の家庭と比較して診断結果を教えてくれる「省エネ分析」という機能もあり、定期的にチェックすると面白いですし、電気の使い方を見直すのに役立ちます。


顧客対応は?


 2018年のサービス開始直後にメールで問い合わせ、また2019年末に申し込みを行った際に電話でのやり取りがありましたが、新電力としては質が高い顧客対応であると評価できる内容でした。回答内容が丁寧です。


CDエナジーダイレクト公式サイト

関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A