あしたでんきの口コミ・評判

あしたでんきの概要


運営会社 TRENDE(東京電力の子会社) 電力調達 卸市場など
供給エリア 東北、東京、中部、関西
中国、九州の各電力会社管内
契約条件 特に無し

公式サイト

あしたでんきの特徴


・基本的0円 各地で「最安値」水準の低料金を実現
・東京電力の子会社


 2018年3月、彗星のごとく現れた新電力です。


 「あしたでんき」はTRENDE株式会社(トレンディ)の電力サービスです。TRENDEは東京電力ホールディングスの子会社で、設立当時の本社は東電本店内。また、役員以下社員数名も東電からの「出向」ということで、東電のサブブランドという位置づけの新電力です。本体である東京電力管内にも「低料金」で進出していることには驚きがありますが、それに対しトレンディの役員は「他社に取られる前に自社でやる」と回答しています。


 サービス内容や料金体系(詳しくは後述)は、先行して参入して契約を順調に伸ばしているLooopでんきを強く意識していると伺わせる仕上がりになっています。


 私自身、実際に数ヶ月利用したので使い勝手なども含めて詳しく解説していきます。


料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?

 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東北電力エリア
標準プラン
+6.2%
+3056円
-1.6%
-1721円
-5.7%
-7286円
-8.8%
-12968円
東京電力エリア
標準プラン
+3.1%
+1572円
-4.6%
-5181円
-8.3%
-10883円
-11.1%
-16748円
中部電力エリア
標準プラン
+0.9%
+454円
-3.3%
-3684円
-6.5%
-8328円
-8.9%
-13061円
関西電力エリア
標準プラン
-1.1%
-493円
-10.6%
-10649円
-12.5%
-14396円
-14.0%
-18403円
中国電力エリア
標準プラン
+4.8%
+2208円
-6.0%
-6252円
-7.6%
-9080円
-8.9%
-12105円
九州電力エリア
標準プラン
+1.5%
+656円
-4.9%
-4814円
-8.6%
-9897円
-11.3%
-15091円

 料金プランは上表で紹介している「標準プラン」の他に、使用量がうんと多い家庭がお得になる「たっぷりプラン」があります。たっぷりプランは料金シミュレーションには載せてあるので参考にしてください。


 標準プランは各地域で最安値圏と言える低料金です。
 基本料金0円に、一定額の従量料金が加算されるというプランでLooopでんきと同じです。Looopと比べて全ての地域で0.5円/kWh安いのは、Looopを強く意識して料金体系を練った結果と言えるでしょう。


公式サイト

解約時の違約金は?


 契約上は1年契約となっていますが、途中で解約しても違約金の発生はありません。いつでも自由に解約できます。


キャンペーン情報


 現在は特にキャンペーンは実施していません。


電気使用量の「見える化」


 他の多くの新電力と同様に、ウェブのマイページから自宅の電気使用量をグラフで確認することができます。


あしたでんきの「見える化」サービス

わが家のグラフ

 1日の時間別、1日単位、月単位のグラフがあります。時間帯ごとの使用量(kWh)に加え、料金も一緒に表示してくれる点は便利です。データの更新は1日一回です。


 他の多くの新電力は「30分単位」の使用量を確認できますが、あしたでんきは「1時間単位」となっています。スマートメーターは30分単位でデータ取得できるので、もう少し細かく見られるといいのになと思います。


公式サイト

あしたでんきの評価


 メリットやデメリットを含め、私の視点から解説していきます。


一人暮らし世帯では割高になる場合も


 上で紹介した料金シミュレーションの結果を見れば一目瞭然ですが、一人暮らし世帯では大手電力会社よりも「割高」となってしまう可能性があります。


 あしたでんきは基本料金がゼロ円なので、基本料金が安い15Aや20Aからの切り替えではメリットが小さくなるためです。逆に、一人暮らしでも30Aや40Aで契約している場合は「あしたでんき」が他の新電力より割安になる可能性があります。


 また、「たっぷりプラン」は4人暮らし世帯の標準使用量でもトントンか割高です。


 使用量が少ない世帯ではHTBエナジー(エイチ・アイ・エスの子会社)が安いのでこちらがおすすめです。


支払い方法がカードのみ


 支払い方法はクレジットカードのみです。
 コンビニ払いはもちろん、口座振替にも対応していません。


 ちなみに、同じくLooopでんきもカード払いのみです。どうしても口座振替がいいという方には、AIでんきをおすすめします(あしたでんきの料金よりわずかに高い)


公式サイト

顧客対応は?


 会社によって大きな差がある「顧客対応」ですが、あしたでんきはどうなのか。


あしたでんきの顧客対応は?


 私は実際に契約しているので、何度か問い合わせていますが速さ・質ともに問題は無いと思います。例えば2018年8月にメールで問い合わせたところ、4時間12分後に返信が来ました。


 また、あしたでんきのコールセンターは年末年始を除く「年中無休」なのもGoodです。土日祝が休みという新電力も多いので、あしたでんきのサポートは使いやすいと言えます。


電源構成比などの開示が不十分


 提携している発電所(いずれも太陽光発電所)を示して環境に配慮する姿勢を見せているものの、電源構成比やCO2排出係数などを全く開示していません。日本経済新聞の記事によれば「卸市場から調達」としています。


今後の展開にも注目


 将来的には家庭に太陽光パネルや蓄電池の導入を進め、それらの設備を活用して家庭間で電気の融通(売買)が出来る仕組みを構築するというビジョンを示しています。


 東電は日本の大手電力会社の中でいち早く、再生可能エネルギーを重視する方針を示しました(火力並の規模にすると2018年2月に表明) また、太陽光パネルを設置している家庭向けに、電気を「預かる」サービスを実験するなど、技術革新にも積極的です。


 福島への責任をしっかりと果たしながら、業界をリードしてもらいたいです。


公式サイト

「あしたでんき」ならではのメリットも


 他の電力会社には無いメリットがあります。


ブレーカーが落ちにくくなる


 他のほとんどの電力会社では、アンペア数に応じて基本料金が変わる仕組みを取り入れています(関西、中国電力は一律の基本料金) アンペア数を大きくすれば一度に多くの電気を使えるためブレーカーが落ちにくくなりますが、その分毎月の基本料金が高くなるジレンマがあります。


 「あしたでんき」の場合、基本料金が掛からないため契約アンペア数に縛られずに済むという利点があります。30Aでも60Aでも、基本料金は掛かりません。


 実際に「あしたでんき」を契約したわが家では、もともと40Aで契約していましたが、乗り換えを機に最大容量である60Aに変更してもらうことが出来ました。


あしたでんきの契約情報(60Aに変更してくれた)

無料で60Aになりました!

 あしたでんきのサイトにも「切り替え後にアンペア変更が可能です」と書いてあるので、60Aに切り替えてもらうことが公式にOKとなっています。


公式サイト

あしたでんきとLooopでんきの比較


 最後に、サービス内容がよく似ているLooopでんきと比較して終わります。


あしたでんき Looopでんき
料金 Looopより
一律0.5円/kWh安
(月150円程度)
提供地域 東北、東京、中部
関西、中国、九州
離島・沖縄を
除く全国
再エネ比率 非開示 26%(FIT電気含む)
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
運営会社 東電系 Looop
(独立系)

 詳しくは以下の記事もご覧ください。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A