坊ちゃん電力の口コミ・評判

坊ちゃん電力の概要


親会社 サイサン 電力調達 他社提携発電所、卸市場
供給エリア 東京 関西 中国
四国 九州の各電力エリア
契約条件 地域によっては
30A以上


坊ちゃん電力の特徴

・親会社は、松山市にある太陽光発電システム業者の潟fンカシンキ
・テレビコマーシャルで坊ちゃん電力の知名度をアップ
・地産地消で地域経済の活性化を推進


愛媛の坊っちゃん電力


 愛媛県松山市のソーラーパネルの販売などを手掛ける、潟fンカシンキが設立した新電力です。2019年1月にプロパンガス中堅の「サイサン」に売却されました。


 「愛媛で生まれた電気を愛媛で使う」というキャッチコピーを掲げている通り、電気の地産地消を掲げています。自家発電設備を持つ県内企業から電気を購入したり、卸電力市場などから電気を調達して「四国全域(離島は除く)」の家庭や企業に電気を届けます。2年後には四国でのシェア3.3%、10年後には10%という目標を掲げています。




料金プランの解説


坊っちゃんプラン


 四国電力の「従量電灯」プランにあたります。多くの家庭がこちらのプランになります。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
東京電力エリア
粋な坊っちゃん
20A契約不可 -5.5%
-6201円
-7.4%
-9825円
-8.9%
-13633円
関西電力エリア
まいど坊っちゃん
-1.9%
-838円
-4.3%
-4406円
-4.9%
-5701円
-4.6%
-6178円
中国電力エリア
瀬戸の坊っちゃん
+4.9%
+2280円
-6.0%
-6416円
-7.0%
-8547円
-7.8%
-10827円
四国電力エリア
坊っちゃん
+2.6%
+1231円
-6.7%
-7240円
-8.0%
-9841円
-9.0%
-12623円
九州電力エリア
よかばい坊っちゃん
+9.5%
+4367円
-5.9%
-5910円
-6.7%
-7865円
-7.3%
-9879円

 料金水準はおおむね「上の下」くらいで、トップクラスの安さではないものの十分安いと言える水準です。


 ただし、詳細は記事の最後で解説していますが、契約時に2500円の「契約事務手数料」が掛かる点は見逃せません。試算には含めていないこの金額を考慮すると、お得感は低いです。


 料金シュミレーターでも確認してみてください。


マドンナプラン(オール電化用)


 新電力としては珍しく、オール電化用プランがあります。
 四国電力の「スマートeプラン[タイプL]」と比べて、昼間の料金は安くなっていますが、夜間(23〜翌9時)の単価が26.8%高く設定されています。電気の使い方にもよりますが、四国電力からの乗り換えは慎重に考えた方がよいでしょう。


セット割


 坊っちゃん電力の光回線やガス、太陽光発電やECO ONEなどとのセット割引で1〜3%引きと発表されていますが、詳細が公開されていないため内容は不明です。


解約時の違約金は?


 特に違約金が発生することはありません。


支払い方法は?


 公式サイトでの説明が分かりづらいですが、口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ポイント還元率が高いカードを使うことをおすすめします。


坊っちゃん電力の評価


契約事務手数料という落とし穴


 坊っちゃん電力は契約時に「契約事務手数料」が発生します。金額は2500円なので、実際にお得になる金額はシミュレーション結果よりも2500円少なくなります。


 契約事務手数料を取っている新電力は全国でもほとんど無いので、残念です。


 一般的な話ですが、電気の契約を受け付けて申込みを処理するのに平均して20分程度の作業が必要になるそうです。そうしたコスト(主に人件費)を顧客に「目に見える」形で負担させていると理解しました。


サイサンに売却


 坊っちゃん電力は2016年の電力自由化以来、四国を中心に電力を供給してきましたが、2019年1月になってプロパンガス中堅で「エネワンでんき」を提供しているサイサン(埼玉県)に売却されました。


 坊っちゃん電力を含め中小の新電力は経営が厳しいところが多く、売却が相次いでいます。いまのところサービスなどの変更は公表されていません。




関連記事

四国の電力会社の料金ランキング

四国電力エリアにおすすめの電力会社

関東地方の新電力の料金を一挙に比較できます

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A