中部電力のポイントプランのメリット・デメリット

中部電力のポイントプランは損か、得か。


 中部電力が提供している「ポイントプラン」は本当にお得なのか。全国441社の料金プランを確認している私が、忖度無しに解説します。



中部電力のポイントプランのメリット


 まずはこのプランのメリットを紹介します。


標準メニュー(従量電灯B)より安い


 中部電力では標準メニューとして「従量電灯B」という料金メニューを提供しています。実は従量電灯Bとこのポイントプランの電気料金の単価は同じです。


 ですがポイントプランの場合、その名のとおり電気料金に対して中部電力のポイントが付与されます。200円につき1ポイントなので、還元率は0.5%です。従量電灯Bよりも0.5%分お得になるのがポイントプランの最大のメリットです。


 なお、この他にも以下の特典があります(いずれも会員サイトカテエネへの登録が必要)



中部電力公式サイト

2年契約だが解約違約金は無い


 ポイントプランは契約上は2年契約となっていますが、途中で解約しても特に違約金などは発生しません。ちなみに従量電灯Bでも解約違約金などはありません。


ガスとのセット割引も適用される


 中部電力は東邦ガスのエリアで都市ガスの販売も行っています。電気・ガスをセット契約にすることでセット割引としてガス料金が2%引きになる特典がありますが、従量電灯Bはセット契約の対象ではありません。


 ポイントプランはセット契約の対象プランであるため、ポイントプランを契約した方がセット割引でガス代が更に年1000〜2000円程度お得になります。


中部電力公式サイト

デメリットも


 一方でデメリットもあります。


新電力の料金プランと比べると「高い」


 ポイントプランは従量電灯Bと比較して0.5%のポイント還元分、お得になる料金プランです。一方、電力自由化で参入した新電力各社は中部電力の従量電灯Bと比較して3%以上割安になる料金プランを提供しているところもあります。


 そうした割安な新電力の料金プランと比較すると、中部電力のポイントプランは割高といえます。


結論


 最後にまとめます。


従量電灯Bとの違いをまとめると・・


 中部電力の従量電灯Bとポイントプランの違いをまとめます。



中部電力を使い続けるならお得


 中部電力の従量電灯Bと比較するとメリットが大きいため、中部電力と契約するのであればポイントプランは最良の選択肢と言えます。特にデメリットは無いので、ポイントプランはおすすめです。


中部電力公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A