コインチェックでんきの口コミ・評判

コインチェックでんきはおすすめ出来ない。


 仮想通貨取引所コインチェックが販売している「コインチェックでんき」は、おすすめ出来る内容ではありません。電力自由化の専門家として新聞や週刊誌の取材をこれまで多数受けてきた私がその理由を解説します。



コインチェックでんきとは


 コインチェックでんきの特徴を解説します。


大手電力より1〜7%安くなる料金体系


 コインチェックでんきは、大手電力と比較して1〜7%安くなる料金体系です。割引率は地域や契約容量によって異なりますが、定率で「安くなる」料金体系をとっています。


 支払う電気料金に対してビットコインを付与する「ビットコイン付与プラン」と、電気料金をビットコインで支払うことで割引になる「ビットコイン決済プラン」を提供しています。


 当サイトの電気料金一括シミュレーションに「Coincheckでんき」として掲載しているので、料金シミュレーションはこちらで確認してください(システムの仕様上、関西・中国・四国は掲載していません)


都市ガスも販売(東京ガスのエリアのみ)


 電気に加えて、ガスの販売も行っています。販売エリアは東京ガスの都市ガス供給エリアのみ。ガスの解説は以下の記事に詳しくまとめています。


コインチェックでんきのメリット


 大手電力や他の新電力と比較して優れている点をまとめます。


ビットコインの利用促進・積立ができる


 コインチェックでんきを検討している人は、おそらくビットコインを含めた仮想通貨を支持していると思います。仮想通貨に対する批判として、しばしば聞かれるのが「支払いに使うことが出来ない」とするものがあります。


 コインチェックでんきを利用して電気代をビットコインで支払うことで、そうした批判を少しでも払拭することに貢献出来ると言えます。


 また、「ビットコイン付与プラン」を利用した場合、毎月一定額のビットコインがCoinheckのウォレットに付与されます。支払う電気料金自体は大手電力標準メニューと同水準なので、実質的な負担無しで、ビットコインの積立を行うことができます。


ビットコイン積立


 例えば世帯あたりの平均の電気代は年間10万円なので、4%還元とした場合は年間4000円分のビットコインが付与されることになります。仮にビットコインがATH(最高値)を更新し続けて値上がりすれば、当初の節約メリット以上の経済的メリットが得られますし、実質タダでもらったビットコインが値下がりしても負担感は小さいのではないでしょうか。


大手電力標準メニューより「お得」


 コインチェックでんきは大手電力の標準メニュー(従量電灯)と比較して、ビットコインによる還元を含めると割安になる料金体系です。また、他の新電力の料金プランでは使用量によっては大手電力より割高となる場合もありますが、コインチェックでんきは定率で割引が行われるため、分かりやすい料金プランと言えます。


コインチェックでんきのデメリット


 デメリットもあります。


新電力としては割高な料金設定


 コインチェックでんきは大手電力と比較して実質1〜7%の節約メリットが期待できる料金体系です。


 一方、電力自由化で参入した新電力の中で最安水準の会社は、3〜15%以上安くなります。多くの条件下で、コインチェックでんきの「削減率」は新電力としては平均的か、やや平均を下回る水準と言えます。


 とはいえ、付与されたビットコインが大幅に値上がりすれば最安水準の新電力に少し追いつく可能性もありますが、それならば最初から最安水準の新電力を契約して、電気料金が安くなった分を仮想通貨に投資した方がリターンは大きくなります。


解約違約金が高額


 コインチェックでんきは契約から1年以内に解約した場合、解約事務手数料として5500円が発生する場合があります。


 多くの新電力にはこのような解約事務手数料や解約違約金がありません。また、解約違約金の額もせいぜい2〜3千円程度としているものが多いので5500円という金額は「高い」と言えます。当サイトでは445社・5157プランの電気料金プランを掲載していますが、5500円という金額は「高い」です。


そもそもコインチェック自体が・・


 私自身、仮想通貨取引を行っておりコインチェック、GMOコイン、bybit、バイナンス、ビットポイントの口座を保有していますが、コインチェックが取引所として優れているとは思いません。日本円は入金したものの、結局一度も取引していない状況です。


 販売所の取り扱い通貨は多数あり、また貸仮想通貨サービスも他社より充実している点は優れていると言えますが、いかんせん取引所取引での取り扱い通貨が少なすぎますし、操作画面の機能・操作性もGMOコインなどと比べて劣っていると言わざるを得ません。日本円を出金する際に手数料を取られる点もよろしくないです。


 ネット上ではコインチェックを推す記事やYoutube動画が多数見受けられますが、実際に口座を開いてみて、他社と比較して、優れているとは感じません。GMOコインやビットポイント、DMM Bitcoinなどと比べて、コインチェックのアフィリエイト報酬が約5倍以上(2021年11月7日時点)と圧倒的に高いため、「押されている」のだと感じます。


 仮想通貨取引所の口座開設は基本的に費用が掛からないので、色々と試してみることをおすすめします。この記事ではコインチェックでんきの解説を目的としているため、特定の取引所の推奨は行いません。





関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A