どこよりも電気の口コミ・評判

どこよりも電気の概要


運営会社 Wiz 電力供給 サミットエナジー
供給エリア 北陸、四国、沖縄除く 契約条件 20A以上

どこよりも電気の特徴


 「どこよりも電気」は光通信系のWizが提供している新電力サービスです。光通信グループではハルエネでんきエフエネでんきといった新電力サービスを提供していますが、どこよりも電気は住友商事系の新電力サミットエナジーが電力供給を行います。


 そんな「どこよりも電気」のメリット・デメリットを分かりやすく解説します。


どこよりも電気公式サイト

料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
プランC
-1.5%
-880円
-7.4%
-9845円
-10.6%
-16300円
-12.9%
-22920円
東北電力エリア
プランC
+12.1%
+6022円
-0.4%
-384円
-4.6%
-5882円
-7.7%
-11487円
東京電力エリア
プランC
+4.4%
+2272円
-3.4%
-3899円
-7.2%
-9534円
-10.0%
-15323円
中部電力エリア
プランC
+2.3%
+1184円
-2.0%
-2259円
-5.2%
-6805円
-7.7%
-11430円
関西電力エリア
プランC
+0.9%
+383円
-8.5%
-8622円
-10.2%
-11925円
-11.7%
-15458円
中国電力エリア
プランC
+6.1%
+2846円
-4.8%
-5146円
-6.5%
-7875円
-7.8%
-10795円
九州電力エリア
プランC
+3.1%
+1425円
-3.3%
-3353円
-7.1%
-8341円
-9.9%
-13429円

 代表的な「プランC」の料金シミュレーションを紹介します。


 このプランは基本料金0円、一段階の従量電灯単価が設定されており、電気料金比較サイトなどで人気を集めるLooopでんきと同じ料金体系です。料金単価はLooopでんきよりも「どこよりも電気」の方が全ての地域で安く、どこよりも電気はLooopでんきより電気代が安いと言えます。


 公式サイト上では「一人暮らしの電気代が安くなる」としていますが、実際には一人暮らしの平均的な使用条件では大手電力よりも割高となるケースが多いため、一人暮らしの人にはおすすめしません。


 3人以上のファミリー世帯では、最安水準と言ってもよい料金水準を実現しています。


どこよりも電気公式サイト

セット割引は?


 Wizが提供している「どこよりもWiFi」や「どこよりもWater」とのセット割引が提供されています。当サイトの試算にはセット割引は含めていません。2サービスセット割引で月100円、3サービスセットで月300円が割り引かれます。


支払い方法は?


 クレジットカード払いとPaidy後払いに対応しています。


 Paidy後払いは口座振替、銀行振込、手数料が掛かりますがコンビニ払いが可能です。


どこよりも電気公式サイト

どこよりも電気の評価


 


ファミリー世帯であれば「安い」


どこよりも電気はファミリー世帯で安い


 どこよりも電気のプランCはファミリー世帯、とりわけ電気の使用量が大きく契約容量も大きくなりがちな戸建住宅でメリットが大きい料金プランです。新電力としては上位、最安水準と言ってもよい料金プランです。


 基本料金0円といえばLooopでんきが2016年からこのような料金体系のプランを提供して人気を集めていますが、そのLooopでんきよりも安いです。


どこよりも電気公式サイト

一人暮らしではメリットが薄い。割高となる場合も


どこよりも電気は一人暮らしにはおすすめできない


 ファミリー世帯では安い「どこよりも電気」ですが、一人暮らし世帯の平均的な使用条件では大手電力の標準メニューと比べて電気代が高くなるケースが少なくありません。


 契約容量が30A以上の場合は大手電力より安くなるケースが多いですが、20A契約や契約容量の定めが無い関西・中国エリアでは大手電力より高くなるでしょう。


 一人暮らしでも戸建てなど広い間取りの家で暮らしている場合は他社と比較しても最安水準と言ってもよい水準となりますが、平均的な使用条件ではメリットは小さいかデメリットとなるので注意してください。


Looopでんきとの比較


 同じく「基本料金0円」「一段階の従量料金単価」の元祖であるLooopでんきと比較します。


どこよりも Looop
北海道 29.4円 29.5円
東北 26.3円 26.4円
関東 26.3円 26.4円
中部 26.3円 26.4円
関西 22.3円 22.4円
中国 24.3円 24.4円
九州 23.3円 23.4円

 全ての地域において、Looopでんきよりも「どこよりも電気」の方が0.1円/kWh安いです。Looopでんきを強く意識した料金設定と言えます。


 料金単価が0.1円安いので、一般家庭では年間数百円程度、Looopでんきより安くなります。


どこよりも電気公式サイト

環境面・エコ


 どこよりも電気の供給元であるサミットエナジーのデータをもとに評価します。


 環境省が公表したCO2排出係数のデータによると、サミットエナジーのCO2排出量は1kWhあたり476g(2019年度実績)と、大手電力・新電力の中でも「平均的」と言える値でした。環境負荷は特に大きくもなく、小さくもないという評価です。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A